阪神高速11号池田線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
都市高速道路一般府県道

阪神高速11号標識

阪神高速11号池田線
地図
阪神地域におけるルート図。赤線が阪神高速。
路線延長 21.6 km
開通年 1965年 - 1998年
起点 大阪市西区土佐堀付近
主な
経由都市
尼崎市豊中市池田市伊丹市川西市
終点 池田市(池田木部)
接続する
主な道路
記法
1号環状線
E1名神高速道路
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

阪神高速11号池田線(はんしんこうそく11ごういけだせん、Route 11 Ikeda Line)は、大阪府の、大阪市の環状線分岐(土佐堀付近)から池田市の池田木部出入口へ至る、阪神高速道路路線である。大阪国際空港名神高速道路中国自動車道のアクセスに便利で利用車が多いため、渋滞が多い。しかし近畿自動車道阪和自動車道や、さらには第二京阪道路の全面開通により、多少ではあるが、交通量が減少傾向である。関西国際空港開港までは空港線と呼ばれていた。

路線名[編集]

  • (阪神高速1号環状線と併せて)大阪府道高速大阪池田線
  • 兵庫県道高速大阪池田線

出入口など[編集]

  • 路線名の特記がないものは市道。豊中南出入口-池田出入口については並行する大阪池田線と大阪空港出入口を除く出入口で接続しているため路線名からは除いている。
出入口
番号
施設名 接続路線名 起点から
(km)
備考 所在地
- 中之島分岐 1号環状線 0.0 大阪府 大阪市
11-01 出入橋出口 国道2号曽根崎通)方面 0.5 環状線方面からの出口
11-02 中之島入口 0.6 池田方面への入口
11-03 梅田出入口 九条梅田線 1.0 環状線方面出入口
池田方面からの出口
11-04 福島出入口 なにわ筋
九条梅田線
1.8 池田方面出入口
11-05 塚本出入口 姫島通 3.6 大阪市内方面出入口
11-06 加島出入口 みてじま筋 5.4 大阪市内方面出入口
11-07 豊中南出入口 E1名神高速道路 豊中IC 8.6 豊中市
11-08 大阪市内方面出入口
9.8 池田方面出入口
11-09 豊中北出入口 伊丹方面 12.0 大阪市内方面出入口
- 大阪空港TB 大阪市内方面
11-10 大阪空港出入口 大阪空港方面 13.2 大阪市内方面出入口
11-11 池田出入口 E2A中国道 中国池田IC(広島方面)最寄
中国道 中国豊中IC(京都方面)最寄
14.2 大阪市内方面出入口 池田市
11-12 神田出入口 国道176号 17.6 能勢・亀岡方面出入口
11-13 川西小花出入口 国道176号 18.7 大阪方面出入口 兵庫県 川西市
11-14 池田木部第一出入口 国道423号 亀岡方面 20.8 大阪方面出入口 大阪府 池田市
11-15 池田木部第二出入口 国道173号 能勢方面

歴史[編集]

路線状況[編集]

8月第三土曜日に行われる猪名川花火大会開催時には花火関係による諸事故防止のため木部方面分岐〜池田木部間は通行止めとなる。

車線・最高速度[編集]

区間 車線
上下線=上り線+下り線
最高速度
中之島分岐 - 出入橋 6=3+3 50km/h
出入橋 - 梅田 5=3+2
梅田 - 福島 4=2+2
福島 - 池田 60km/h
池田 - 伊丹トンネル北坑口 50km/h
伊丹トンネル北坑口 - 池田木部 60km/h

道路施設[編集]

伊丹トンネル(池田 - 神田)
  • 大豊橋(神崎川、加島 - 豊中IC)
  • 伊丹トンネル(大阪空港 - 神田) 725m

道路情報ラジオ[編集]

  • 塚本(福島 - 塚本)
  • 豊中(加島 - 豊中)
  • 空港(豊中北 - 池田)
  • 小花(神田 - 木部)

阪神高速の道路情報ラジオの冒頭は「こちらは阪神高速路側○○(局名)です。午前(午後)○○時○○分現在の道路情報をお知らせします。」と放送される。

所管警察[編集]

交通量[編集]

24時間交通量(台) 道路交通センサス

区間 平成17(2005)年度 平成22(2010)年度 平成27(2015)年度
中之島分岐 - 出入橋出口 108,103 100,971 93,187
出入橋出口 - 中之島入口 108,103 100,971 93,187
中之島入口 - 梅田出入口 108,103 88,379 74,297
梅田出入口 - 福島出入口 102,187 87,268 81,559
福島出入口 - 塚本出入口 102,187 98,239 92,631
塚本出入口 - 加島出入口 102,187 86,918 84,178
加島出入口 - 豊中南出入口 102,187 80,337 75,039
豊中南出入口 - 名神豊中IC 102,187 56,260 51,407
名神豊中IC - 豊中北出入口 70,323 62,534 60,250
豊中北出入口 - 大阪空港出入口 70,323 55,108 52,580
大阪空港出入口 - 池田分岐 70,323 47,557 45,632
池田分岐 - 池田出入口 70,323 32,894 32,883
池田分岐 - 神田出入口 16,715 15,004 13,493
神田出入口 - 川西小花出入口 16,715 18,505 16,962
川西小花出入口 - 池田木部出入口 16,715 12,548 11,825

(出典:「平成22年度道路交通センサス」・「平成27年度全国道路・街路交通情勢調査」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

渋滞[編集]

土曜日曜祝日を除いて、南行きの塚本出入口、北行きの福島出入口を先頭にした渋滞がほぼ毎日起こる。特に福島の渋滞は(土曜朝時も含む)、環状線を介して15号堺線14号松原線13号東大阪線12号守口線にまで波及することが多い。

塚本出入口を先頭にした渋滞に対しては、最近[いつ?]、対策が講じられ始めているのに対し、福島出入口を先頭にした渋滞に対しては、対策が後手に回っている。

構造[編集]

大阪駅方面へ下りる梅田の出口付近では、TKPゲートタワービルの中を道路が貫通する。

大阪市北区堂島付近では梅田入堀川(堂島堀割川)の水路を利用して建設されている。なお、出口の名前にもなっている出入橋とは梅田入堀川に架かっていた橋である。

また、同区中之島では旧朝日新聞ビルの中を通っていた。同ビルは2013年より建替え工事に入っており、高速道路よりも上の部分はすでに解体されているが、高速道路の橋脚となる部分については解体されずそのまま使われることになっている[2]

梅田出口付近では、16階建て高層ビルであるTKPゲートタワービルの5〜7階部分の開口部が長さ27mのトンネルになっており、ビルの中央を道路が貫通する。ビルへの環境対策として、振動については道路部分とビル部分は直接接触しないようにつくられており、さらに騒音公害を抑止するため道路部分の周囲を防音壁で囲った構造としている[3]。梅田出口がこのような構造になったいきさつは、当初梅田には入口だけで出口がなかったことから、阪神高速道路公団(現・阪神高速道路株式会社)は交通渋滞緩和を目的に、このビルの位置に出口を通す計画をしていたため、1983年(昭和58年)にこの用地の会社が9階建ビルへの建て替えを希望したが建築申請の許可が下りなかった[3]。このため、移転をしたくない会社と公団との話し合いによる交渉が続けられるうちに、1989年(平成元年)に都市空間を有効活用するための法的な立体道路制度が創設され、この制度に基づいてビルの中を道路が貫通するという構想が生まれて、1992年(平成4年)に完成したものである[3]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

接続する高速道路[編集]

沿線[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • ロム・インターナショナル編著 『道路地図 びっくり!博学知識』 河出書房新社〈KAWADE夢文庫〉、2005年2月1日、12-13頁。ISBN 4-309-49566-4

外部リンク[編集]