阪神高速16号大阪港線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
都市高速道路一般府道
Hanshin Expressway Route Number 16.svg
阪神高速16号大阪港線
地図
阪神地域におけるルート図。赤線が阪神高速。
路線延長 7.2 km
開通年 1974年 - 1989年
起点 大阪市中央区西船場JCT
主な
経由都市
大阪市西区
終点 大阪市港区天保山JCT
接続する
主な道路
記法
Hanshin Expressway Route Number 01.svg1号環状線
Hanshin Expressway Route Number 13.svg13号東大阪線
Hanshin Expressway Route Number 03.svg3号神戸線
Hanshin Expressway Route Number 05.svg5号湾岸線
Hanshin Expressway Route Number 04.svg4号湾岸線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

阪神高速16号大阪港線(はんしんこうそく16ごう おおさかこうせん、Route 16 Osaka Port Line)は、大阪府大阪市の、西船場JCTから天保山JCTへ至る、阪神高速道路路線

天保山JCT・南港JCT間は4号湾岸線の一部であるが、南港北入口に16号大阪港線のランプ番号も付与されているなど、16号大阪港線として扱われる事もある。

4号湾岸線・5号湾岸線開通後は、湾岸線と大阪市内を結ぶ唯一の路線として、重要な役割を果たしている。このため、交通量も多く、3号神戸線と合流する阿波座JCTを先頭に非常に長い渋滞が起こりやすく、特に東行きは湾岸線の本線一部までつながり全線渋滞もしばしば見受けられる。またこの渋滞が他の線区に波及することもしばしばある。

路線名[編集]

(阪神高速13号東大阪線と併せて)大阪府道高速大阪東大阪線

接続高速道路[編集]

出入口など[編集]

  • 並行する中央大通(天保山出入口は国道172号)と西長堀出入口、南港北入口を除く出入口で接続している。
出入口番号 施設名 接続路線名 起点から
(km)
備考
13号東大阪線 奈良・大阪市内東船場方面
- 西船場JCT 1号環状線 0.0 天保山・湾岸線・神戸方面への接続
16-01 阿波座出入口 0.5 天保山・神戸方面出入口
- 阿波座JCT 3号神戸線 0.9 環状線・阿波座方面接続
16-02 西長堀出入口 新なにわ筋 1.3 天保山・湾岸線方面出入口
16-03 九条出口 2.0 大阪市内方面からの出口
16-04 本田入口 大阪市内方面への入口
16-05 波除出入口 3.7 泉佐野・神戸方面出入口
- 朝潮橋PA - 大阪市内方面
16-06 天保山出入口 6.9
- 天保山JCT 5号湾岸線 大阪市内方面への接続
16-07 南港北入口
南港JCT

4号湾岸線
大阪市内方面への入口
泉佐野南港方面接続
  • 九条出口は右への分岐になるので注意。

歴史[編集]

  • 1974年2月20日 : 西横堀-本田が開通。
  • 1989年3月14日 : 本田-港晴が開通し全線開通
  • 2020年1月29日 : 西船場JCTの16号大阪港線東行きから1号環状線北行きへ分岐する接続線(信濃橋渡り線)が開通[1]

道路情報ラジオ[編集]

  • 朝潮橋(波除-天保山)

阪神高速の道路情報ラジオの冒頭は「こちらは阪神高速路側○○(局名)です。午前(午後)○○時○○分現在の道路情報をお知らせします。」と放送される。

車線・最高速度[編集]

区間 車線
上下線=上り線+下り線
最高速度
西船場JCT-阿波座 5=2+3 60km/h
阿波座-阿波座JCT 7=3+4
阿波座JCT-朝潮橋PA付近 4=2+2
朝潮橋PA付近-天保山 50km/h
天保山-南港北 60km/h

交通量[編集]

24時間交通量(台) 道路交通センサス

区間 平成17(2005)年度 平成22(2010)年度 平成27(2015)年度
西船場JCT - 阿波座出入口 145,894 96,065 98,266
阿波座出入口 - 阿波座JCT 90,105 126,166 122,429
阿波座JCT - 西長堀出入口 90,105 78,771 75,558
西長堀出入口 - 九条出口/本田入口 90,105 83,598 80,491
九条出口/本田入口 - 波除出入口 90,105 74,753 69,794
波除出入口 - 天保山出入口 90,105 80,113 73,235
天保山出入口 - 天保山JCT 90,105 47,367 47,183

(出典:「平成22年度道路交通センサス」・「平成27年度全国道路・街路交通情勢調査」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

  • ほぼ全線で混雑度が1を超え、平日の昼間を中心に恒常的に渋滞が発生している。特に西船場JCTと阿波座JCT間は、環状線と神戸線を行き来する車で交通量が多い。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 西船場ジャンクション信濃橋渡り線の開通について (PDF)”. 阪神高速道路株式会社 (2019年12月5日). 2019年12月5日閲覧。

外部リンク[編集]