土木学会選奨土木遺産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

土木学会選奨土木遺産(どぼくがっかいせんしょうどぼくいさん)は、社団法人土木学会が、日本国内の歴史的建造物のうち土木構造物について、これの保存に資することを目的として構造物群を「土木遺産」に認定して顕彰する制度、及びこれにより顕彰された土木構造物群のこと。2000年より認定を開始している。2019年1月時点で394件が選ばれている[1]

基本的に日本国内の土木構造物を選定対象としているが、2009年以降は、日本統治時代に建設された台湾の土木構造物についても認定が行われている。

認定遺産一覧[編集]

自治体名称は認定が行われた当時のもの。その後の市町村合併実施などにより変更されている場合がある。

2000年認定[編集]

2001年認定[編集]

夷川発電所、京都市左京区

2002年認定[編集]

2003年認定[編集]

東西用水酒津樋門(岡山県倉敷市)

2004年認定[編集]

2005年認定[編集]

箱根の函嶺洞門
旧大浜埼船舶通航潮流信号所

2006年認定[編集]

利根運河

2007年認定[編集]

2008年認定[編集]

2009年認定[編集]

2010年認定[編集]

2011年度認定[編集]

2012年度認定[編集]

2013年度認定[編集]

2014年度認定[編集]

2015年度認定[編集]

2016年度認定[編集]

2017年度認定[編集]

2018年度認定[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「土木遺産 頑張ってます/首都圏に111件/明治、大正、昭和…生活支え次の時代へ」東京新聞』朝刊2019年1月17日(30面)2019年1月20日閲覧。
  2. ^ “本年度の土木遺産 函館の水道施設群”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2001年11月15日)
  3. ^ 梅田駅は『梅田駅天井改修、並びにそれに伴う広告媒体提案について』(大阪市交通局)による。他の2駅は竣工年が昭和8年であることによる。
  4. ^ 関東の土木遺産 - 神奈川県営水道施設群、土木学会関東支部事務局。
  5. ^ 平成28年度 土木学会選奨土木遺産 認定 磐越西線鉄道施設群福島県立博物館
  6. ^ 関東の土木遺産 - わたらせ渓谷鐵道関連施設群 、土木学会関東支部事務局。
  7. ^ “選奨土木遺産に上電関連施設群 県内14件目|文化・イベント|上毛新聞ニュース” (日本語). 上毛新聞. (2018年9月29日). https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/culture/82525 2018年11月2日閲覧。 
  8. ^ 北國新聞社 (2018年9月29日). “辰巳用水が土木遺産に 県内4件目の認定 - 石川県のニュース | 北國新聞社” (日本語). www.hokkoku.co.jp. 2018年11月2日閲覧。
  9. ^ 土木学会/18年度選奨土木遺産選定/阪神大震災被災構造物群など24件”. 日刊建設工業新聞 (2018年10月1日). 2018年11月2日閲覧。
  10. ^ 道明寺線の橋梁に「土木学会選奨土木遺産」認定証が授与されました”. 近畿日本鉄道株式会社 (2019年 5 月10日). 2019年6月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]