蹴上発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
蹴上発電所
蹴上発電所の位置(京都市内)
蹴上発電所
京都市における蹴上発電所の位置
日本の旗 日本
所在地 京都府京都市左京区
座標 北緯35度00分36.8秒 東経135度47分18.4秒 / 北緯35.010222度 東経135.788444度 / 35.010222; 135.788444 (蹴上発電所)座標: 北緯35度00分36.8秒 東経135度47分18.4秒 / 北緯35.010222度 東経135.788444度 / 35.010222; 135.788444 (蹴上発電所)
現況 運転中
着工 1890年1月 (1890-01)
運転開始 1891年6月 (1891-06)
事業主体 関西電力
発電量
最大出力 4,500 kW
正味年間発電量 16.7百万kWh(2013-2015年3か年平均)
テンプレートを表示

蹴上発電所(けあげはつでんしょ)は、京都府京都市左京区粟田口鳥居町1番地に設置された水路式の水力発電所である[1][2]

歴史[編集]

1890年(明治23年)に通水を開始した琵琶湖疏水第1疏水に関連して、翌1891年(明治24年)6月に第一期蹴上発電所が運転を開始した[3]。営業用としては日本最初の水力発電所である[4]。当発電所の電力は、近接する蹴上インクラインの動力源として用いられ、近隣に配電されたほか、1895年(明治28年)に開通した京都電気鉄道(後の京都市電)でも使われた[3]1912年(明治45年)、第2疏水の完成に伴い第一期蹴上発電所が取り壊され、第二期蹴上発電所が開業した[2]1936年(昭和11年)には、第一期発電所の跡地に第三期発電所が建設された[2]1942年(昭和17年)に京都市から関西配電に現物出資され、2017年現在は関西電力の発電所となっている。

2001年に「琵琶湖疏水の発電施設群」として、夷川発電所墨染発電所とともに土木学会選奨土木遺産に認定されている。

2016年、米国電気電子学会 (IEEE) より『IEEEマイルストーン』に認定された[4][5][6][7]

2018年(平成30年)2月5日、関西電力による蹴上発電所見学会の募集が開始された。同年3月2日以降、毎週金曜日の午前と午後の2回に分けて開催される。1回あたりの定員は20人(予約制)[8]

出典[編集]