聖台ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
聖台ダム
聖台ダム
所在地 北海道上川郡美瑛町字中宇莫別
位置
河川 石狩川水系宇莫別川
ダム湖 聖台貯水池(ダム湖百選
ダム諸元
ダム型式 アースダム
堤高 29.7 m
堤頂長 485.4 m
堤体積 318,000
湛水面積 51 ha
総貯水容量 3,767,000 m³
有効貯水容量 3,215,000 m³
利用目的 灌漑
事業主体 北海道
着工年/竣工年 1932年/1937年
出典 [1]
テンプレートを表示

聖台ダム(せいだいダム)は北海道上川郡美瑛町字中宇莫別、一級河川石狩川水系宇莫別川に建設された灌漑用のアースダムである。

2008年(平成20年)に土木学会から土木学会選奨土木遺産に指定されている。

概要[編集]

1889年(明治22年)15,000haが皇室御料地として編入、当所は上川離宮計画もあったが。開拓が進むにつれ払い下げられた。

正式には「中心コア型ゾーンタイプアースフィルダム」と呼び。このダムの工事は当時日本で最大級の工事であり、基礎工事など世界的に注目された。 [2]

聖台ダム公園[編集]

ダムによって出現した人造湖聖台ダム公園として2005年(平成17年)財団法人ダム水源地環境整備センターの選定でダム湖百選に選ばれている[3]

春には、初夏にはラベンダー、秋には紅葉、冬にはクロスカントリースキースノーモービル等の古くから地域の憩いの場として行楽客を集めている。

周辺はふらののラベンダーとして環境庁よりかおり風景100選[4]に選定されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]