宮守川橋梁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮守川橋梁
Miyamorigawa-Kyoryo Bridge Iwate Japan.jpg
基本情報
日本の旗 日本
所在地 岩手県遠野市宮守町下宮守
交差物件 宮守川
建設 1943年(昭和18年)竣工
座標 北緯39度20分49.6秒
東経141度20分58.2秒
座標: 北緯39度20分49.6秒 東経141度20分58.2秒
構造諸元
形式 バランストアーチ橋
材料 鉄筋コンクリート造
全長 107.3m
高さ 17.8m(拱矢〈アーチの高さ〉:3.3m)
最大支間長 20m×5連(径間〈アーチの幅〉)
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

宮守川橋梁(みやもりがわきょうりょう)は、岩手県遠野市宮守町下宮守にある鉄道橋である。

東日本旅客鉄道(JR東日本)釜石線の鉄道用アーチ橋であり、国道283号と宮守川を跨いでいる。別称として、愛称の「めがね橋』がある[1]

概要[編集]

宮守川橋梁は2代存在し、旧橋は1915年(大正4年)に竣工し[1][2]1943年昭和18年)[3][4]に改修[1][3]されて現橋となった。改修以前には釜石線の前身である岩手軽便鉄道でも使用され、石造である旧橋の橋脚も3基現存している。旧橋は宮沢賢治童話銀河鉄道の夜』のモチーフにもなった[1][3]

所在地は、JR釜石線宮守駅 - 柏木平駅間の、宮守駅寄りである。

2002年平成14年)に土木学会選奨土木遺産に選定されている。2009年平成21年)2月6日には近代化産業遺産に認定され[5]、同年4月にはNPO法人地域活性化支援センターによって恋人の聖地に認定された[2][3]

ライトアップ[編集]

ライトアップされた宮守川橋梁

夜間に14基のライトで橋脚がライトアップされるもので、1980年代末に地元の商工会によって開始された[3]。ライトアップは、毎週金・土・日曜日と指定日に実施され、時間は日没後から午後10時までとなっている[6]

交通・周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]