和歌山マリーナシティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
和歌山マリーナシティ
Porto Europe - Entrance2.jpg
ポルトヨーロッパ
施設情報
事業主体 和歌山マリーナシティ株式会社
来園者数 入島者数は約285万人(2006年度)
開園 1994年(平成6年)
所在地 641-0014
和歌山県和歌山市毛見1527
公式サイト www.marinacity.com
テンプレートを表示
黒潮市場
紀ノ国フルーツ村
紀州黒潮温泉
わかやま館
和歌山マリーナ

和歌山マリーナシティ(わかやまマリーナシティ、Wakayama Marina City)は、和歌山県和歌山市毛見沖の和歌山湾にある人工島。1994年(平成6年)に開催された世界リゾート博に合わせ、松下興産(当時)によって作られた。

概要[編集]

開発総面積は65ha(陸地49ha・水面16ha)であり、1989年(平成元年)に着工され、1994年(平成6年)に完成した。

人工島には、テーマパークの「ポルトヨーロッパ」「和歌山マリーナシティホテル」(旧ロイヤルパインズホテル)などの施設があるほか、リゾートマンションも建設されている。また、島内のヨット倶楽部は、「マリーナシティ海の駅」として国土交通省より海の駅の登録を受けている。2006年(平成18年)度の入島者数は約285万人。

島の造成にあたって、埋立用の土砂は旧下津町(現在は海南市下津町)丸田の土砂採集場から採取された。バブル景気の頃にはこの旧下津町の土砂採集場跡地もリゾート開発される計画であったが、実際には太陽光発電所と蚊取り線香の工場が立地している[1]

2015年以降、全国高等学校総合体育大会ヨット競技大会がこの年の近畿ブロック開催を機にここで固定開催されている。

主な施設[編集]

  • ポルトヨーロッパ地中海をイメージしたテーマパーク)
    • ドルフィンパーク - バンドウイルカなどのふれあい体験施設[2]
  • 和歌山マリーナシティホテル(旧ロイヤルパインズホテル)
  • 黒潮市場マグロの解体ショーなどが行われる)
  • 紀ノ国フルーツ村
  • ソルカサ・デル・マール
  • 紀州黒潮温泉
  • 釣り公園
  • 海洋釣り堀
  • 大波堤
  • わかやま館(和歌山県産品販売・ドームシアター・貸会議室)
  • 和歌山マリーナ(公共マリーナ)
  • ヨット倶楽部(民間マリーナ)
  • リゾートマンション 多数

事業主[編集]

和歌山マリーナシティ株式会社 [3]

  • 所在地:和歌山県和歌山市毛見1527番地
  • 設立:1999年(平成11年)11月1日
  • 資本金:1億3,675万円
  • 主な事業所
    • 和歌山マリーナシティ

エピソード[編集]

1994年(平成6年)のオープン告知のテレビCMには、漫才師人生幸朗の生前の映像を使用。人生幸朗の声の吹き替えは、人生幸朗の物真似で有名な大平サブローが担当した。

交通手段[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度09分14.00秒 東経135度10分38.17秒 / 北緯34.1538889度 東経135.1772694度 / 34.1538889; 135.1772694 (和歌山マリーナシティ)