東山スカイタワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東山スカイタワー
Higashiyama Sky Tower
Higashiyama Sky Tower - 01.JPG
情報
用途 展望台、防災行政無線塔[1][2]
設計者 名古屋市建築局営繕部、日本総合建築事務所名古屋支所[1][2]
施工 鹿島建設大成建設徳倉建設[1]
建築主 名古屋市
事業主体 名古屋市
管理運営 サンエイ株式会社(指定管理者[3][2]
構造形式 S造SRC造[1]
敷地面積 95,610 m² [1]
建築面積 1,292 m² [1]
延床面積 2,929 m² [1]
階数 地上7階[1]
高さ 134m[2]
竣工 1989年平成元年)[1][2]
所在地 464-0803
愛知県名古屋市千種区田代町字瓶杁1-8
座標 北緯35度9分24.07秒
東経136度58分43.73秒
備考 平成3年度名古屋市都市景観賞受賞[4]
テンプレートを表示

東山スカイタワー(ひがしやまスカイタワー)は、愛知県名古屋市千種区東山公園の施設の一つである展望タワー。正式名称は東山公園展望塔[5]。高さは、地上134m。ただし、タワーは標高80mの丘の上にあるため、標高では214mになる。建物は鉛筆の形をしている。

概要[編集]

名古屋市制100周年を記念して1989年に建てられた。

展望台としての観光用途の他、防災無線の中継基地として14基のパラボラアンテナと無線機械室を備える他、高所監視カメラを設置するなど、名古屋市の防災上重要な役割を果たしている。

展望室は、地上100m(標高180m)にあり、展望台からは、JRセントラルタワーズ名古屋城名古屋テレビ塔ナゴヤドームなど市内を一望できるほか、天気が良ければ遠くに御嶽山鈴鹿山脈の山々を眺めることができる日もある。また、周りに高い建物がないので夜景が素晴らしいことでも知られ、2004年7月「日本夜景遺産」に選定、2004年8月「夜景100選」に選定された国内有数の夜景スポットでもある。2013年には名古屋市が公募した第1回「まちなみデザイン20選」にも選定された[6][7]

上るのには大人300円、65歳以上の名古屋市在住者で100円が必要である(中学生以下は無料)。東山動植物園との共通観覧券640円を利用することができる。

全国の観光タワーで構成されている「全日本タワー協議会」に加盟している。

2007年9月30日にはイメージキャラクター「のっぴー」が登場した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 東山スカイタワー”. 建築作品データベース. 2016年10月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e 東山スカイタワー (134m)”. 全日本タワー協議会. 2016年10月19日閲覧。
  3. ^ 名古屋市の施設に関する指定管理者制度について
  4. ^ 平成3年度名古屋市都市景観賞表彰作品”. 名古屋市. 2016年10月19日閲覧。
  5. ^ 名古屋市都市公園条例
  6. ^ “【まちなみデザイン20選】東山新池からみた東山公園と東山スカイタワー”. 住宅都市局都市計画部都市景観室 (名古屋市). (2013年3月27日). http://www.city.nagoya.jp/jutakutoshi/page/0000045804.html 2013年5月1日閲覧。 
  7. ^ 2013年4月30日中日新聞朝刊p.15.

外部リンク[編集]