名古屋観光ホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名古屋観光ホテル
Nagoya Kanko Hotel
名古屋観光ホテル
名古屋観光ホテル
ホテル概要
正式名称 名古屋観光ホテル
設計 日本設計事務所(現・日本設計[1]
施工 大林組清水建設[1]
運営 株式会社名古屋観光ホテル
階数 地下4 - 18階
レストラン数 7軒
部屋数 375室
シングル数 183室
ダブル数 46室
ツイン数 146室
スイート数 7室
敷地面積 7,231[1]
建築面積 5,266[1]
延床面積 47,422[1]
駐車場 250台
最頂部 69.5m
開業 1936年昭和11年)12月16日[2]
最寄駅 地下鉄伏見駅
最寄IC 名古屋高速都心環状線錦橋出口
所在地 〒460-8608
愛知県名古屋市中区錦一丁目19番30号
位置 北緯35度10分7.86秒 東経136度53分43.7秒 / 北緯35.1688500度 東経136.895472度 / 35.1688500; 136.895472座標: 北緯35度10分7.86秒 東経136度53分43.7秒 / 北緯35.1688500度 東経136.895472度 / 35.1688500; 136.895472
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示
株式会社名古屋観光ホテル
Nagoya Kanko Hotel Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
460-8608
愛知県名古屋市中区錦一丁目19番30号[2]
設立 1982年昭和57年)6月(注)
業種 サービス業
法人番号 9180001038955
事業内容 ホテル運営
代表者 森本 審(代表取締役社長)[2]
資本金 80百万円[2]
売上高 連結:60億71百万円
単独:57億93百万円
(2008年3月期)
純利益 ▲9340万2000円(2019年03月31日時点)[3]
総資産 44億4952万9000円(2019年03月31日時点)[3]
従業員数 連結:229名 単独:206名
(2008年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 興和(株) 100%
(2017年3月31日現在)
主要子会社 (株)名観エンタープライス 100%
(株)呉竹 100%
外部リンク http://www.nagoyakankohotel.co.jp
特記事項: 1982年(昭和57年)10月に(旧)株式会社名古屋観光ホテルを当社が吸収合併し、旧会社は消滅した。旧会社の設立日は1934年(昭和9年)9月14日である。
テンプレートを表示

名古屋観光ホテル(なごやかんこうホテル)は、松坂屋を中核に伊藤銀行(現・三菱UFJ銀行)等を抱える伊藤財閥当主の伊藤次郎佐衛門が中心となって設立した名古屋では最古のシティホテルである。株式会社名古屋観光ホテルNagoya Kanko Hotel Co., Ltd.)が運営する。

概要[編集]

名古屋の古くからの都心である広小路伏見交差点に近い一等地にあり、皇族等の宿泊先にも選ばれる名古屋では屈指の名門ホテル。 かつては名古屋城西隣に毎日新聞グループが開設したホテルナゴヤキャッスルと共に名古屋の最高級ホテルとして地元政財界の強い支持を受け長く君臨していた。しかし、1980年代以降の名古屋東急ホテルヒルトン名古屋などの外部資本の高級ホテル進出を受けて近年低迷が続き、興和が90%以上の株式を買収して傘下におさめ、客室の改装など再建を推し進めていた。2012年3月1日には、興和の全面支援を受けるため完全子会化された。

沿革[編集]

  • 1936年12月16日 - 名古屋観光ホテル開業(帝国ホテルから約30人の従業員派遣)。
  • 1945年9月26日 - 名古屋観光ホテルが米軍により接収。
  • 1946年12月22日 - 常盤ホテル開業。
  • 1947年6月20日 - 常盤ホテル営業休止。
  • 1947年8月15日 - 貿易庁 ホテルトキワ開業
  • 1950年3月29日 - ナゴヤハーバーロッジ開業
  • 1950年4月1日 - ホテルトキワが民間移行で名古屋観光ホテルへ復帰
  • 1956年11月30日 - ホテルトキワ、ナゴヤハーバーロッジ閉鎖
  • 1970年9月30日 - 改築の為、営業休止
  • 1973年7月1日 - 新館(客室505室)フルオープン
  • 1999年7月13日 - 興和TOBで68.7%の持株とし、子会社化
  • 2012年3月1日 - 興和の完全子会社となる

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e BCS賞受賞作品”. 日本建設業連合会. 2017年11月29日閲覧。
  2. ^ a b c d 会社情報”. 株式会社 名古屋観光ホテル. 2017年11月29日閲覧。
  3. ^ a b 株式会社名古屋観光ホテル 第37期決算公告

関連項目[編集]

  • 西部警察 PART-II(『決戦・地獄の要塞・名古屋編』のロケで名古屋観光ホテルが使用されている)
  • 愛知国際放送(RADIO-i)120proof(iJ むらなが吟)など2000年7月より数年間、毎週金曜日に当ホテル内ジャルダンにて定期公開生放送が行われていた。

外部リンク[編集]