神戸ポートタワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神戸ポートタワー
ライトアップ+イルミネーション演出 (2010年4月28日撮影)
情報
用途 展望
設計者 伊藤紘一仲威雄日建設計
施工 大林組[1]
延床面積 1,534 m²
階数 12
高さ 108m
着工 1962年昭和37年)8月13日
竣工 1963年(昭和38年)11月20日
開館開所 1963年(昭和38年)11月21日
改築 2010年3月
所在地 650-0042
兵庫県神戸市中央区波止場町5-5
座標 北緯34度40分57.5秒 東経135度11分12.1秒 / 北緯34.682639度 東経135.186694度 / 34.682639; 135.186694 (神戸ポートタワー)座標: 北緯34度40分57.5秒 東経135度11分12.1秒 / 北緯34.682639度 東経135.186694度 / 34.682639; 135.186694 (神戸ポートタワー)
文化財 国の登録有形文化財
指定・登録等日 2014年12月
テンプレートを表示

神戸ポートタワー(こうべポートタワー)は、神戸港中突堤のたもとに建つタワー。2021年9月27日から耐震化など補強工事のため休館となり、2023年度に営業を再開する予定[2]

概要[編集]

世界初のパイプ構造の建造物で、和楽器のを長くしたような外観(双曲面構造)が特徴である[3]。その独特の構造・形状から「鉄塔の美女」とも称され、高層建築物のモデルの一つとなっている[3]。また日本で初めてライトアップされた建造物でもある[3]。当時の神戸市長(第7代)であった原口忠次郎は、元内務省の技術官僚でもあったが、1959年ロッテルダムを訪れた際に、港を一望するユーロマスト[4]に感激し、このタワーの建設を思い立った。その4年後に実現することになる。ちなみに当初タワー全体を銀色にする予定だったが、地上からの高さが60mを越すことから当時の航空法によって黄赤をメインに白にアクセントにした塗装に変更させられている[5]

以降、神戸港のシンボルとして広く知られ、修学旅行などの観光客が港町神戸を学習する際にその多くが立ち寄る拠点ともなっている。中には売店・レストラン・展望台がある。

第15回日本建築学会賞(1963年)、 建築業協会優良建築賞(BCS賞)、 照明学会照明普及会賞、DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築(2003年)の受賞歴がある。2014年12月に国の登録有形文化財に登録された[6]

開場時間[編集]

  • 3月 - 11月 9:00 - 20:30
  • 12月 - 2月 9:00 - 18:30 (ただし、大晦日9:00 - 16:30 元日6:30 - 16:30)

歴史[編集]

1963年(昭和38年)に完成[2]。建設時は港の景色が楽しめるように、中突堤(埠頭)上に建設された。その後、1980年代メリケンパーク造成により東岸が、1990年代中突堤中央ターミナル造成により西岸がそれぞれ埋め立てられ、現在は埠頭上には位置していない。

2009年12月 - 2010年3月の間、神戸市によって建設以来の大規模な改修工事が行われた。総事業費は約3億3,000万円。17年ぶりの鉄塔の塗装の塗り直しをはじめ、LEDの使用による新たなライトアップや展望室のリニューアル(1階床の一部ガラス化および5階天井に光ファイバーを使用した星雲状の星空の演出)、バリアフリー化がなされた。照明の色は白1色から光の三原色(赤・青・緑)にすることにより40種類のイルミネーション演出が可能となった。2010年4月28日19時00分に式典が開催されリニューアルオープンした[7][8]

2013年11月21日、開業50周年式典が行われた。22日まで開業当時の入場料金、大人150円、子供80円で入場できるなどの特典があった[9][10]

2021年9月27日から老朽化対策や耐震性強化などの工事のため休館となり、2023年度に営業を再開する予定[2]

ギャラリー[編集]

交通アクセス[編集]

神戸ポートタワーの位置(日本内)
神戸ポートタワー
神戸ポートタワー

周辺の名所・文化施設[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 神戸ポートタワーの実績”. 大林組. 2019年11月14日閲覧。
  2. ^ a b c ポートタワー27日から休館 名残惜しみ足運ぶ人も」『神戸新聞』、2021年9月21日。2021年11月18日閲覧。
  3. ^ a b c 2021年09月26日〜2023神戸ポートタワーは年リニューアル工事のため0 8月ごろ休業までいたします。 (PDF)”. 神戸ポートタワー. 2021年9月21日閲覧。
  4. ^ Euromast
  5. ^ よくある質問 - ウェイバックマシン(2015年5月18日アーカイブ分)
  6. ^ 神戸ポートタワーの「国登録有形文化財」への登録が決まりました!”. 神戸観光局 (2014年7月18日). 2019年11月14日閲覧。
  7. ^ 神戸ポートタワー、7色に変化…改修工事完了」『読売新聞』、2010年4月24日。[リンク切れ]
  8. ^ 生まれ変わりました ポートタワーが再オープン」『神戸新聞』、2010年4月28日。オリジナルの2010-04-29時点におけるアーカイブ。
  9. ^ 神戸ポートタワー開業50周年記念イベント開催 - ウェイバックマシン(2013年11月24日アーカイブ分)
  10. ^ 港都照らし半世紀 神戸ポートタワーで開業50周年式典」『神戸新聞NEXT』、2013年11月21日。オリジナルの2013-11-21時点におけるアーカイブ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]