星ヶ丘駅 (愛知県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
星ヶ丘駅
星ヶ丘バスターミナル内にある2番出入口
星ヶ丘バスターミナル内にある2番出入口
ほしがおか
Hoshigaoka
H17 東山公園 (1.1km)
(1.3km) 一社 H19
所在地 名古屋市千種区井上町85-1
駅番号 H18
所属事業者 名古屋市交通局
Nagoya Subway Logo (black).svg 名古屋市営地下鉄
所属路線 Nagoya Subway Logo (Higashiyama Line).svg 東山線
キロ程 16.2km(高畑起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
26,294人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1967年昭和42年)3月30日[1]
テンプレートを表示

星ヶ丘駅(ほしがおかえき)は、愛知県名古屋市千種区井上町にある、名古屋市営地下鉄東山線の駅である。駅番号H18。ホームの駅名票下には「椙山女学園大学前」という副称が付けられている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地下駅。藤が丘寄りには引き上げ線が、高畑寄りには渡り線が設置されている。

エレベーターは地上(バスターミナル)と改札階との間に1基、改札階とホーム高畑寄りとの間に1基の計2基が、エスカレーターは改札階とホーム高畑寄りとの間に1基設置されている。改札口は2ヶ所で、東改札へは階段でのみ連絡している。出入口は6ヶ所で、3・4・5番出入口は東改札から更に東へ進んだ、星ヶ丘交差点付近にある。

当駅は、東山線東部駅務区池下管区駅より東山線運転区へ移管された。[2]

のりば[編集]

ホーム 路線 行先
1 Nagoya Subway Logo (Higashiyama Line).svg 東山線 藤が丘方面
2 名古屋高畑方面

特記事項[編集]

ギャラリー

東改札口外、3番出入口との間にあり、出展、観覧ともに無料で市民に開放されている(地下鉄開業50周年を記念して、2007年11月1日より出展無料化)。利用可能時間は9:00から19:00までである。

三越連絡通路

西改札外にあり、三越星ヶ丘店の地下1階及び地上正面玄関へ連絡している。出入口番号は付けられていない。

駅周辺[編集]

古くからある商店街や三越星ヶ丘店(星ヶ丘三越)に加え、2003年に開業したヤマダ電機の入居する商業ビルや同年3月23日に開業した「星が丘テラス」を中心に繁華街を形成している。また、愛知淑徳大学名古屋市立菊里高等学校椙山女学園大学などが近隣にあるため学生・生徒の利用者も多い。東山植物園も徒歩圏内であるほか、日進市方面への交通の中継地でもあり、バスターミナルも駅上(ターミナルには市バスのみ発着)に設置されている。

周辺の施設[編集]

バス路線[編集]

名古屋市営バス星ヶ丘」バス停(市バスターミナル)

  • 1番のりば
  • 2番のりば
    • 猪・星 猪高車庫 - 星ヶ丘(打越経由)
    • 深夜1  - 星ヶ丘 - 藤が丘(栄行きは3番のりばから発車)
  • 3番のりば
    • 幹星丘1 星ヶ丘 - 梅森荘
    • 幹星丘1 星ヶ丘 - 星ヶ丘(右・左回り極楽経由)
  • 4番のりば
    • 幹星丘2 星ヶ丘 - 地下鉄植田(焼山経由)
    • 幹星丘2 星ヶ丘 - 星ヶ丘(左回り西里町5経由)
    • 星丘12 星ヶ丘 - 地下鉄植田(平成橋経由)
    • 星丘13 星ヶ丘 - 杁中
    • 星丘13 星ヶ丘 - 星ヶ丘(左回り植園町経由)
    • 名東巡回 星ヶ丘 - 猪高車庫(上社・本郷経由)

JR東海バスJRバス関東JRバステック星ヶ丘」バス停 - 市バスターミナルより西の県道上にのりばがある。西行きは降車のみ、東行きは乗車のみ扱う。

名鉄バス星ヶ丘」バス停 - 市バスターミナルより東の県道上にのりばがある。

利用状況[編集]

2014年度の乗車人員は9,355,896人[4]、同年度の1日平均乗車人員は25,633人である。東山線の駅では22駅中5位、名古屋市営地下鉄全駅では87駅中7位[5]。なお、他線と接続がない駅で見ると、 矢場町に次いで2番目(東山線では最多)となる。

近年の年度別乗車人員の推移は下表のとおりである。

年度別乗車人員
年度 乗車人員
1日平均 年度毎[4]
1987年(昭和62年) 25,206 9,225,360
1988年(昭和63年) 23,676 8,641,669
1989年(平成元年) 23,788 8,682,486
1990年(平成02年) 24,211 8,836,864
1991年(平成03年) 23,619 8,644,678
1992年(平成04年) 22,900 8,358,669
1993年(平成05年) 24,919 9,095,457
1994年(平成06年) 23,178 8,460,087
1995年(平成07年) 23,627 8,647,648
1996年(平成08年) 23,374 8,531,472
1997年(平成09年) 22,473 8,202,596
1998年(平成10年) 21,820 7,964,335
1999年(平成11年) 21,418 7,839,108
2000年(平成12年) 20,770 7,581,229
2001年(平成13年) 20,839 7,606,078
2002年(平成14年) 23,007 8,397,622
2003年(平成15年) 24,571 8,992,847
2004年(平成16年) 23,045 8,411,304
2005年(平成17年) 23,939 8,737,600
2006年(平成18年) 24,472 8,932,315
2007年(平成19年) 24,792 9,073,756
2008年(平成20年) 24,877 9,080,168
2009年(平成21年) 24,523 8,950,960
2010年(平成22年) 25,657 9,364,697
2011年(平成23年) 24,227 8,867,104
2012年(平成24年) 24,921 9,096,004
2013年(平成25年) 25,625 9,353,031
2014年(平成26年) 25,633 9,355,896
2015年(平成27年) 26,294

その他[編集]

  • 東山線の終端駅である高畑駅発の最終列車は当駅止まりである。

隣の駅[編集]

Nagoya Subway Logo (black).svg 名古屋市営地下鉄
Nagoya Subway Logo (Higashiyama Line).svg 東山線
東山公園駅 (H17) - 星ヶ丘駅 (H18) - 一社駅 (H19)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新修名古屋市史編集委員会 『新修名古屋市史 第7巻』 名古屋市、1998年3月31日。
  2. ^ http://www.city.nagoya.jp/somu/cmsfiles/contents/0000084/84091/28hongou1163.pdf 名古屋市公報第1163号 
  3. ^ ヤマダ電機HPテックランド星ヶ丘店店舗からのお知らせ
  4. ^ a b 市営地下鉄 各駅乗車人員の推移 - 名古屋市
  5. ^ 『1.1.CCBY(表示)のデータ 駅別乗車人員(平成27年度1日当たり)』”. 名古屋市交通局. 2016年9月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]