ツインアーチ138

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ツインアーチ138
Twin Arch 138
ツインアーチ138(近影)
情報
用途 展望台
設計者 住宅・都市整備公団、伊藤建築設計事務所
施工 清水建設
建築主 建設省、住宅・都市整備公団、一宮市
管理運営 財団法人公園緑地管理財団(指定管理者
構造形式 S造
建築面積 1,319 m²
延床面積 1,385 m²
階数 地上2階、塔屋1階
高さ 138m[1](展望室は高さ100m)
竣工 1995年平成7年)3月
開館開所 1995年(平成7年)4月29日[1]
所在地 491-0135
愛知県一宮市光明寺字浦崎21-3
座標 北緯35度21分27.69秒
東経136度48分32.64秒
テンプレートを表示

ツインアーチ138(ツインアーチいちさんはち)とは、高さ138メートルの展望タワーである。展望タワーの名前と高さは、「一宮の三八市」にちなみ138メートルとしたものである。一宮(いちのみや、いち→1、み→3、や→8)の語呂合わせは二次的なものである。

概要[編集]

国営木曽三川公園三派川地区の一角、愛知県一宮市木曽川沿いにある138タワーパーク(正式名称は、「国営木曽三川公園三派川地区センター」)内にある。

アーチタワーとしてはアメリカゲートウェイ・アーチ(高さ189m、ミズーリ州セントルイス)に次ぐ高さであり、姉妹タワーとなっている。なお建設の際には、頭部を地上で作った後にジャッキアップして下部を順次継ぎ足していくリフトアップ工法(別名:タケノコ工法)が使用された。

138タワーパーク内の主な施設[編集]

  • ツインアーチ138:138タワーパークのメイン施設。

 営業時間:平日9:30~17:00、土日祝日と8・12月は9:30~21:00、クリスマス期間は22:00まで開館。  地上100mの展望台からは、昼は木曽川の流れや鈴鹿山脈から中央アルプス等の山並み、夜は名古屋市内や岐阜市内の夜景が一望できる。 

  • 管理事務所:国営木曽三川公園三派川地区センターの管理センター。
  • もくもくパラダイス:2006年4月にオープンした自然体験施設。
  • ふわふわドーム:138タワーパークで人気No.1の遊具。トランポリンのようになっており跳ねて遊ぶ遊具。雨天の場合は中止となる。
  • 風紋の広場:木曽川河川敷にある広場。木曽川が増水すると使用できなくなる時もある。
  • レストハウス:管理事務所横にある無料休憩所。レストハウス内にはファーストフード店がある。

その他[編集]

  • 過去には138タワーパーク敷地内に水族館を建設する計画もあったが、近くに小規模ながら野鳥園があり、さらには河川環境楽園に世界淡水魚園アクア・トトぎふが開業することとなり、計画は中断となった。
  • 毎年、夏休みの時期になると、「風紋の広場」に巨大なグラフが設置され、タワーで観測された前日の最高気温と天気(1時間ごとに観測し、1日の中でもっとも長かった気候)を表す。天気は赤・青・黄の3色の布を使い、赤が晴れ、青が雨、黄色が曇りを表している。過去に、日本テレビ系列で放送されていた謎を解け!まさかのミステリーでミステリーとして取り上げられたことがある。
  • 公園西側を通る県道150号一宮川島線国道22号交点から138タワーパーク付近までは「タワー通り」との愛称が付けられている。
ライトアップの様子
ツインアーチ138から木曽川を眺める
  • 夜間(日没 - 21:00頃)、タワーはライトアップされる。ライトアップは明日の天気予報によって変化する。なお2006年まではクリスマスイベント期間中は天気予報のライトアップは行われていなかったが、2007年は行われた。
    • 快晴=しろ(とうめい)
    • 晴=オレンジ・ピンク
    • 曇=グリーン・レモンイエロー
    • 雨=パープル・ブルー
    • 雪=不明

イベント[編集]

138タワーパークでは、毎年、以下のイベントが行われている。

  • さくらまつり(3月下旬 - 4月上旬)
  • スプリングフェスタ(4月中旬 - 5月中旬)
  • いちのみやリバーサイドフェスティバル(5月3日 - 5月5日)
  • ローズフェスタ(5月中旬 - 6月中旬)
  • サマーフェスタ(夏休み期間、7月下旬 - 8月末)
  • オータムフェスタ(10月上旬 - 11月上旬)
  • ツインアーチのメリークリスマス(11月下旬 - 12月25日)
  • 新春フェスタ(1月1日 - 1月中旬)
  • 138タワーパーク凧あげまつり(2月中旬)
  • 138タワーパークのスウィートバレンタイン&ホワイトデー(2月上旬 - 3月中旬)

所在地[編集]

愛知県一宮市光明寺字浦崎21番地3

交通アクセス[編集]

自動車[編集]

駐車場:900台(無料)

※ゴールデンウィーク期間中は木曽川南派川河川敷や隣接する大野極楽寺公園に約2000台の駐車場が開設される

公共交通機関[編集]

  • 名鉄一宮駅バスターミナルより名鉄バス光明寺線「138タワーパーク」行きで終点「138タワーパーク」バス停下車すぐ。または「山郷西」行きで「光明寺」バス停下車 徒歩10分。
  • 名鉄一宮駅バスターミナルより名鉄バス「川島」行きで「笹野」バス停下車、徒歩20分。
  • i-バス木曽川・北方コース「山郷西」バス停下車、徒歩20分。
  • 各務原市ふれあいバス「渡西口」バス停下車 徒歩10分。
    • かつて138タワーパークから河川環境楽園の間には、毎年夏休みの土日のみ無料シャトルバスが運行されていた。2004年は「大野極楽寺公園 - 138タワーパーク - 河川環境楽園」として運行。2005年は「138タワーパーク - 河川環境楽園」として運行された。2006年は運行されていない。この原因として、無料シャトルバス自体があまり知られていなかった事(PR不足)、2006年に木曽川(南派川)にかかる渡橋に歩行者用の橋が完成し、歩行者が安全に渡れるようになり、「138タワーパーク - 河川環境楽園」間を歩いて移動が可能となった事がある。「138タワーパーク - 河川環境楽園」間は約1kmで、徒歩15分程である。

周辺[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 渡河部修志(2015年4月15日). “138タワーパーク:20周年でフェスタ 来月6日まで多彩な催し 一宮”. 毎日新聞 (毎日新聞社)

外部リンク[編集]