河川環境楽園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

河川環境楽園(かせんかんきょうらくえん、Water Eco Park)は、岐阜県各務原市川島笠田町にある公園で、複数主体による、国営公園、岐阜県営公園、独立行政法人土木研究所自然共生研究センター、東海北陸自動車道の川島パーキングエリア及びハイウェイオアシスからなる複合型公園で、環境共生テーマパークの総称である。広域的に国営木曽三川公園三派川地区のひとつを構成している。開園は平成11年7月17日。平成17年に「水辺共生体験館」、「岐阜県河川環境研究所」がオープンした。

国営公園エリア[編集]

岐阜県営公園エリア[編集]

大型木製遊具、水路の形態の変化を設けた多自然型の水路、及び飲食ゾーンなどがある。
独立行政法人土木研究所 自然共生研究センター
土木研究所が平成10年に設置した研究施設で新境川北派川)からの水を引き込んだ3つの人工の河川と池(6つ)を利用し、河川及び湖沼の自然環境保全・復元のための基礎的・応用的研究を行っている。所定の申し込みを行えば、施設の見学をすることができる。
国土交通省 水辺共生体験館
河川の環境保全・復元を進めていくために、河川の正しい知識を発信する施設。
岐阜県水産研究所
内水面水産業の振興や良好な水環境の維持・再生を図る調査研究を行う施設。
川島PA及びハイウェイオアシス
東海北陸自動車道川島パーキングエリアから直接入園することができる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]