名岐バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
一般国道

国道22号標識

名岐バイパス
一般国道22号バイパス 
路線延長 24.3km
開通年 1969年   
起点 愛知県名古屋市西区
主な
経由都市
愛知県清須市一宮市
終点 岐阜県羽島郡岐南町
接続する
主な道路
記法
東名阪自動車道清洲東IC
名古屋環状2号Japanese National Route Sign 0302.svg国道302号
名神高速道路一宮IC
Japanese National Route Sign 0155.svg国道155号
東海北陸自動車道一宮木曽川IC
岐大バイパスJapanese National Route Sign 0021.svg国道21号
岐阜東バイパスJapanese National Route Sign 0156.svg国道156号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

名岐バイパス(めいぎバイパス 略称名岐BP)は、愛知県名古屋市から岐阜県羽島郡岐南町を結ぶ国道22号バイパス1969年全線開通。

名古屋高速16号一宮線の全線が名岐バイパスの高架構造で供用されている。

概要[編集]

通過市町村[編集]

交差する道路[編集]

  • 上側が起点側、下側が終点側。左側が上り側、右側が下り側。
  • 交差する道路の、特記がないものは市町道
交差する道路 交差する場所 名古屋から
(熱田神宮)
(km)
名古屋市道名古屋環状線
国道22号 愛知県 名古屋市西区 康生通
名古屋高速(6)清須線 鳥見町出入口
愛知県道202号守山西線 愛知県道106号鳥ヶ地名古屋線
愛知県道162号松河戸西枇杷島線 清須市
愛知県道126号給父西枇杷島線 古城
愛知県道59号名古屋中環状線 12.9
名古屋高速(6)清須線 清須出入口
国道302号名古屋環状2号線 朝日南東・朝日南西
朝日北東・朝日北西
14.3
名古屋高速(6)清須線 清須入口
C2名古屋第二環状自動車道 清須東入口
名古屋高速(6)清須線 清須出口
愛知県道163号一場中小田井線 下之郷
名古屋高速(16)一宮線 春日出入口
愛知県道62号春日井稲沢線 北名古屋市 中之郷南
名古屋高速(16)一宮線 西春出口
名古屋高速(16)一宮線 西春入口 一宮市
愛知県道161号名古屋豊山稲沢線 北名古屋市 五日市場
名古屋高速(16)一宮線 一宮西春出入口 一宮市
愛知県道153号浅井清洲線 伝法寺
愛知県道155号井之口江南線
E1名神高速道路 一宮IC 20.4
愛知県道25号春日井一宮線 三ッ井
愛知県道166号小牧岩倉一宮線 外崎
名古屋高速(16)一宮線 一宮東出入口
愛知県道457号尾張一宮停車場線 浅野
名古屋高速(16)一宮線 一宮中入口
国道155号 富士 23.7
愛知県道171号小折一宮線 朝日
愛知県道64号一宮犬山線 両郷町
国道155号(小牧一宮バイパス・北尾張中央道)
愛知県道151号一宮各務原線 中島通り
愛知県道150号・岐阜県道115号一宮川島線 西島町
E41東海北陸自動車道 一宮木曽川IC 29.1
愛知県道175号江南木曽川線 愛知県道148号萩原三条北方線 大毛西
愛知県道148号萩原三条北方線
愛知県道181号光明寺木曽川停車場線 黒田西石原
愛知県道148号萩原三条北方線 愛知県道182号里小牧北方江南線 北方町北方
岐阜県道175号岐阜岐南線 岐阜県 岐南町 伏屋
国道21号岐大バイパス 岐南インター 34.3
国道156号岐阜東バイパス

歴史[編集]

  • 1958年:事業化。
  • 1959年:ルート決定。
  • 1960年:工事開始。
  • 1963年:名古屋市西区康生通 - 一宮市丹陽町 供用開始。
  • 1964年:一宮市丹陽町 - 浅野 第2・3期供用開始。
  • 1966年:一宮市浅野 - 両郷町 第4期供用開始。
  • 1967年:一宮市両郷町 - 佐千原 第5期供用開始。
  • 1969年:全線供用開始。
  • 1975年:全線6車線化完成。

交通量[編集]

2005年度(平成17年度道路交通センサスより)
平日24時間交通量(台)

  • 西春日井郡春日町(現:清須市春日)下之郷南:72,661
  • 一宮市平島一丁目:59,634
  • 羽島郡笠松町円城寺:60,079

関連項目[編集]

外部リンク[編集]