館山湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上空から見た館山湾。手前に見えている岬が洲崎。

館山湾(たてやまわん)は、千葉県にある。別名、鏡ヶ浦(かがみがうら)。日本百景に選定されている。

地理[編集]

千葉県館山市南房総市の海岸線に面し、概ね洲崎(館山市)と大房岬(南房総市)を結んだ線より東側の海域を指す。広義には東京湾に含まれるが太平洋の一部ともいえる。

流れ込む川は蟹田川、汐入川、平久里川など。

沿岸の港には館山港船形漁港などがある。

房総半島南部は、相模トラフ震源とする大地震により隆起することが知られており、館山湾沿岸でも発達した海岸段丘が認められる。

南端には沖の島や鷹の島があり、海水浴、歴史見学などでよく利用される。関東大震災による隆起で本土と砂州で陸繋がりになった。それまでは正真正銘の島であった。

自然[編集]

北、東、南を陸に囲まれているため、春から秋にかけては鏡ヶ浦の別名のとおり波静かな湾であるが、冬季は西風が吹き荒れることがしばしばある。

房総半島近辺を黒潮が通過するため、海水温は比較的高い。

生物[編集]

比較的高い海水温の影響により、沖の島付近には小規模ながら造礁サンゴが分布している。ジンベイザメマンボウマンタウミガメなど大型の海洋生物が確認される事もあり、かつては少なくともセミクジラコククジラなどの沿岸性のヒゲクジラ類やマッコウクジラツチクジラ浮島 (千葉県)を参照)が子育てや休息に訪れて、ニホンアシカウバザメなども見られた(2011年2月には定置網で一匹のウバザメが捕獲された)。また、ミナミハンドウイルカの群れが一時期定着した。非常に貴重な動物も現れる可能性があり、2000年には波左間沿岸でセミクジラが[1]、2001年には、国内で二例目となるキタゾウアザラシが観察された[2]

その他[編集]

南岸の館山市富士見地区には海上自衛隊館山航空基地が位置している。

大型船の避泊地としてしばしば利用されるが、西風による走錨事故も時折発生している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://svrsh2.kahaku.go.jp/drift/FMPro?-db=rec2000web.fp5&-format=%2fdrift%2fresults.htm&-lay=hp&-sortfield=date8&-sortorder=descend&sp%5fid=006&-format=/drift/detail.htm&-skip=9&-max=1&-find. retrieved on 14-05-2014
  2. ^ http://www9.ocn.ne.jp/~dorsals/honyu/azarasi.htm. retrieved on 14-05-2014

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度0分35秒 東経139度50分45秒 / 北緯35.00972度 東経139.84583度 / 35.00972; 139.84583