ニホンアシカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニホンアシカ
ニホンアシカ
ニホンアシカ Zalophus japonicus
保全状況評価[1]
EXTINCT
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EX.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 食肉目 Carnivora
亜目 : イヌ型亜目 Caniformia
下目 : クマ下目 Arctoidea
: アシカ科 Otariidae
: アシカ属 Zalophus
: ニホンアシカ Z. japonicus
学名
Zalophus japonicus (Peters, 1866)[1][2]
シノニム

Zalophus californianus japonicus

和名
ニホンアシカ[2][3]
英名
Japanese sea lion[1][2][3][4]

ニホンアシカ (Zalophus japonicus) は、食肉目アシカ科アシカ属に分類される鰭脚類。

概要[編集]

ニホンアシカは、日本沿岸で繁殖する唯一のアシカ科動物で、アザラシトドオットセイのように冬に回遊してくるのではなく、周年生息していた[5]

「ニホンアシカ」の呼称も後から呼ばれたもので、単に「アシカ」[6]や、江戸時代には「みち」や「みちのうお」といった呼称[7]や太平洋側の三陸以北では「トド」と呼ばれたこともあり、韓国においても、ニホンアシカはトドと混同されていたようである(海驢という漢字は「とど」とも読む)[8]。東北地方では、「葦鹿」との表記も存在した[9]

生息地から迷入などの要因によって出現したカリフォルニアアシカをニホンアシカと誤認する可能性が一部で指摘されているものの[10]、現在まで明確化したカリフォルニアアシカの迷入・誤認事例は存在しない[注釈 1](不確定事例については後述参照)。

分布[編集]

北はカムチャツカ半島南部から、南は宮崎県大淀川河口にかけて[2]北海道本州四国九州の沿岸域、伊豆諸島久六島西ノ島竹島などの日本海の島嶼、千島列島南樺太、大韓民国(鬱陵島)などに分布していた[2][3]

繁殖地は恩馳島・久六島・式根島・竹島で確認例があり、犬吠埼藺灘波島大野原島七ツ島でも繁殖していたと推定されている[4]

太平洋側では九州沿岸から北海道、千島、カムチャツカ半島まで、日本海側では朝鮮半島沿岸から南樺太が生息域。日本沿岸や周辺の島々で繁殖、特に青森県久六島、伊豆諸島(新島[11]庄内平野沿岸[12]アシカ島東京湾)、伊豆諸島各地(鵜渡根島周辺、恩馳島神津島伊良湖岬大淀川河口(日向灘)なども生息地であった。三浦半島伊豆半島伊東戸田井田)、御前崎等にも、かつての棲息を思わせるような地名が残っている[13]

縄文時代以降の日本各地の遺跡で骨が発見されていることから、近年までは日本近海広域に分布していたと推定されている[2]

形態[編集]

体長オス平均240センチメートル、メス180センチメートル。体重オス平均494キログラム、メス120キログラム[2][3]。メスは体長180センチメートル、体重120キログラム[2][3]。アシカ属最大種[3]カリフォルニアアシカよりも体長が10 %・体重が約30 %以上は大型[3]。一方で外部形態や体色での判別は困難とされる[14]。上顎の頬歯が1本ずつ多い傾向がある[14]

オスは全身が暗褐色で、頭頂部が隆起し体毛が白化する[2][3]。メスは灰褐色で[3]、背筋は暗灰色[2]

分類[編集]

カリフォルニアアシカの亜種とされていたが、1950年に奥尻島で発掘された頭骨を用いた比較から1985年に大型であることや歯列から独立種とする説が提唱されている[15][注釈 2]。遺跡から発掘された四肢の骨のDNAの分子系統解析からカリフォルニアアシカとは2,200,000年前に分岐したと推定されている[2]

生態[編集]

距岸20キロメートル以内の沿岸域に生息していた[2]。竹島繁殖個体群は繁殖後に回遊もしくは季節移動を行っていたと考えられている[2][3]。同所的に分布するキタオットセイやトドと比較すると大規模な回遊は行わない[4]

ハダカイワシなどの魚類、ホタルイカなどの頭足類を食べていたと考えられている[2][3]

生息環境として岩礁海蝕洞があり[16]、繁殖活動は繁殖期に限られた繁殖場でのみ行う特性であった[10]

死因として天敵シャチやサメ類、病原としてはフィラリア症皮膚病、腸内寄生虫が挙げられている[4]

婚姻様式は一夫多妻[2][3]。5 - 6月に交尾を行い、竹島では4 - 5月に集合し7 - 8月に離散していた[2]。1回に1頭の幼獣を産むと考えられている[2]

人間との関係[編集]

別名としてアジカ・アシカイオ・ウミオソ・ウミヨウジ・ウミカブロ・クロアシカ・トド・トトノミチ・ミチなどがある[4]小野蘭山の「本草綱目啓蒙」などから日本海側では本種がトドと呼称されていた可能性もある[14]。日本近海では106か所のアシカ(35か所)・トド(71か所)の名のつく地点が存在する、あるいは過去に存在していた[17]。これらはアシカとつく地点は銚子市以南日南市以北の太平洋岸および瀬戸内海、トドとつく地点は北海道岸・大船渡市以北の太平洋岸・島根県までの日本海岸に分かれる[17]。トドとつく地点に関しては種トドの繁殖地と異なる地域(トドの繁殖地は北海道以北)が含まれること、日本海側で本種がトドと呼称されることもあったことから、本種が由来となっている可能性もある[14][17]

1991年の環境庁レッドデータブックでは「絶滅種」と記載された[4]。これに対し2008年現在では1974年の捕獲例など50年以内の生存報告例(環境庁レッドデータブックでは過去50年以上信頼できる生息情報がないものを絶滅と評価する)があることから絶滅種には該当しないとする反論もある[3][17]

絶滅危惧IA類(CR)環境省レッドリスト[2]

Status jenv CR.png
アシカ (右) とオットセイ, 和漢三才図会(1712年頃)

ニホンアシカの骨は縄文時代貝塚から頻繁に出土しており[18][19][20]、最後の生体発見例(後述)がある礼文島においても狩猟が盛んであった[21][22]江戸時代に執筆された和漢三才図会には、肉は食用には適さず、油を煎り取っていただけであると記されている[6]。油脂は身を煮沸して抽出し、そのまま使用する以外にも石鹸などの原料にも用いられた[7]。表皮は皮革製品として、特定の部位は漢方薬として、ひげはパイプ の掃除に使われていた記録がある[23]。20世紀に入ってからは、必要部位を取り除いた後に残った肉と骨は肥料として販売され[24]、昭和初期にはサーカス用途にも捕獲されていた[24]

長谷川雪旦『魚類譜』に描かれたニホンアシカ。実物を見ながら筆写したものと思われる。

江戸時代に書かれた複数の文献においてニホンアシカに関する内容が記述されている[25][26]シーボルト『日本動物誌』には、ニホンアシカのメスの亜成獣が描かれている。「相模灘海魚部」(彦根城博物館所蔵)にも、不正確ではあるがニホンアシカが描かれている。20世紀初頭における生息数は、30,000 - 50,000頭と推定されている[3]

江戸時代までは禁猟であった[3][14]。例として紀伊藩では初代藩主徳川頼宣により禁令が出され、回遊期の狩猟およびアシカ島への上陸・衣奈八幡宮司である上山家を監視役に命じ報告書の提出を義務付けるなどの対策を行っていた[14]。高崎藩では藩主により銚子での捕獲が禁止され、仮に捕獲する場合は年に1回冥加金を取った漁師1人のみを許可していた[14]。明治時代の政治的な混乱により捕獲や駆除が野放しとなった[3]。明治新政府により捕獲が禁止されたり保護策が江戸時代から受け継がれたところもあるものの、徹底はされなかった[14]

1879年明治12年)に神奈川県三浦市南下浦町松輪の海岸で捕獲されたメスのニホンアシカを描いた正確な絵図が、『博物館写生』(東京国立博物館蔵)に残されている。少なくとも1900年代までは日本各地に生息していた。しかし、19世紀末から20世紀初頭にかけて、多くの生息地で漁獲や駆除が行われ、明治40年代には銚子以南から伊豆半島の地域でみられなくなり、同時期の1909年(明治42年)の記録では東京湾沿岸からも姿を消し、記録がある相模湾三河湾周辺の篠島伊良湖岬[10]瀬戸内海鳴門海峡[27]などの日本各地に生息していた個体群も20世紀初頭には次々と絶滅に追いやられ、その棲息域は竹島などの一部地域に狭められていった。

竹島周辺のアシカ漁は、1900年代初頭から本格的に行われるようになった。乱獲が懸念されたため、1905年明治38年)2月22日に同島の所属を島根県に決定、同年4月に同県が規則を改定してアシカ漁を許可漁業に変更、行政が許可書獲得者に対し指導して、同年6月には共同で漁を行うための企業「竹島漁猟合資会社」が設立されて組織的な漁が始まり[25][24]、同年8月には当時の島根県知事である松永武吉と数人の県職員が島に渡り、漁民から譲り受けたニホンアシカ3頭を生きたまま連れて帰り、県庁の池で飼育していたがまもなく死亡し剥製(後述の各高校に所蔵されていた内の3頭)にした、と山陰新聞(当時)が同年8月22日に伝えていた[7][28][29]。アシカ漁では平均して年に1,300-2,000頭が獲られた[24]1904年 - 1911年までの約8年間で14,000頭も捕獲された[2][14]。明治大正年間の乱獲によって個体数・捕獲数共に減少していった[16][30][31]

昭和初期には見世物として使用するため興行主(木下サーカス・矢野サーカスなど)から生きたままのニホンアシカを求める依頼が増えたが、その需要に応える量を確保することが難しい状況になっており[24]1935年昭和10年)ごろには年間20-50頭まで落ち込んでしまった。捕獲量が最盛期のおよそ40分の1にまで激減したことや、太平洋戦争勃発の影響で、戦中アシカ漁は停止された[24]

第二次世界大戦以降は1951年に竹島で50 - 60頭が確認されている[1][2]

などが挙げられる。朝鮮戦争中(1950-1953年)には韓国兵射撃訓練の的として使ったとの噂もある[35]

1950年代以降の生息報告は礼文島沖・青森県久六島・島根県西ノ島・竹島・シャコスタン島・カムチャッカ半島南部に限定される[2]。日本国外では1949年に南樺太のモネロン島で捕獲例・1962年にシャコスタン島での目撃例、1967年にカムチャッカ半島での死骸の発見例がある[36]。1970年代以降では1974年礼文島沖で本種の幼獣と思われる鰭脚類の捕獲例(キタオットセイと異なり下毛がなく、トドとは繁殖期が異なりより小型)があるが[2]、捕獲後飼育されていたものの20日後に死亡している[36]1975年に竹島で2頭の目撃例があったのを最後に、本種の生息は報告されていない[2]

WWFによると、繁殖は1972年(昭和47年)まで確認されており[37][注釈 5] 、捕獲された個体が韓国の動物園で子供を出産したという記録が残されている[注釈 6]

最後の目撃事例以降にも、日本沿岸でアシカが数度目撃されており、1981年(昭和56年)と1985年(昭和60年)には岡山県玉野市宇野[38]で、2003年7月に鳥取県岩美町の海岸[注釈 7]で、2016年3月に鹿児島県薩摩川内市沖の下甑島周辺[注釈 8]で目撃情報があったが、いずれも種は不明確であった。

日本の鳥獣保護法は制定された1918年から約84年間は海棲哺乳類は入っていなかった[39]。2002年に鳥獣保護法改正により対象種とされた[2]

生息状況の確認が古文献や聞き取り調査に限られること、生息数減少の経緯が不明なことから、生息数減少の原因を究明することはほぼ不可能と考えられている[4]。可能性のある主因として生息環境の変化・捕獲圧が原因と考えられている[4]。毛皮・剥製目的の乱獲、人間の繁殖地侵入による攪乱、エルニーニョ現象による食物の分布や生息数変動による可能も考えられている[4]。 衰退・絶滅の主な原因は、皮と脂を取るために乱獲されたことである[31]。特に竹島においては大規模なアシカ漁による乱獲で個体数が減少したことが主要因とされ、研究者の一人である島根大学医学部(当時)の井上貴央も同様の見解を示している[40]。 1950年代には日本からの大量のビニール製品やソビエト連邦原潜核廃棄物投棄など、著しく日本海が汚染された時期であり、生息環境が悪化していた点も指摘されている[40]。残った数少ない個体も保護政策は実施されず、日本の鳥獣保護法では長期間保護対象外だったことや、竹島を不法占拠してきた大韓民国でも行われなかった(後に保護対象動物には指定されている)[41]。韓国による竹島の軍事要塞化や在日米軍軍事演習実施などの軍事関係も要因として指摘されている[31]

新聞による文献調査から京都市動物園・熊本動物園(現:熊本市動植物園)・神戸市諏訪山動物園(現:神戸市立王子動物園)・堺水族館天王寺動物園・東山動物園(現:東山動植物園)・箱崎水族館阪神パーク阪神水族館に収容されていた可能性がある[25]。最も古い記録は京都市紀念動物園(現:京都市動物園)で1903年の開園時に隠岐産の2頭が収容された記録がある[25]。天王寺動物園ではリャンコウ大王と呼称されたオスの成獣も含め、2005年現在6頭の剥製標本が現存している[17][25]剥製は、長年他の種類のアシカやトドと思われていたり、剥製の存在自体が忘れ去られていたが、1990年代以降に相次いで所蔵されていることや種類がニホンアシカであることが判明している。現存数は全世界で約10〜15体とみられている[7][28]1886年明治19年)2月島根県松江市美保関町で捕獲され、以来島根師範学校から島根大学に保管されていた剥製[42]が、1991年(平成3年)に井上貴央による調査・鑑定でニホンアシカと判明し、それが契機になり、大阪市天王寺動物園の6体のアシカの剥製も竹島で捕獲され、戦前に同園で飼われていたニホンアシカのものであることが判明した。その中には竹島で恐れられたリャンコ大王と呼ばれる巨大な雄の個体の剥製も含まれていた[40]。1993年(平成5年)から1998年(平成10年)にかけて島根県立三瓶自然館や井上貴央などの調査・鑑定で、島根県出雲高校大社高校松江北高校でもニホンアシカの剥製(1905年竹島産)が所蔵されていることが確認された[7][28]。2006年(平成18年)11月3日 - 5日に大阪市天王寺動物園で行われた「絶滅の危機にある動物展」で、保存されている剥製が初めて一般公開された。また、当時の生態を伝える10点ほどの写真があるほか、1992年(平成4年)には米子市の民家で、1940年(昭和15年)に竹島で撮影された貴重な映像(8ミリフィルム)が発見され[43]、ニホンアシカの生き生きとした姿が収められていた。また、戦後まもない1948年のニュース映画に大阪淀川に迷入したアシカの映像が残されている[44]


ニホンアシカに関する事象[編集]

地名[編集]

由来する事例として下記が挙げられる。

  • 犬吠埼 - 「犬」はアシカのことである。銚子
  • 海鹿島駅 - 千葉県
  • 海獺島
  • 海獺島 - 神奈川県、浦賀水道中(東京湾)に在る小島で、古来よりアシカの休息地であったと思われる。
  • 鴨川松島 - 千葉県、海獺島がある。昭和中期ごろまで、地元民は雨期に活発になるアシカの鳴き声を卜占に利用したとされる[45]
  • 摺手岩 - 千島列島、海獺島を含む岩礁
  • 海鹿岩 - 和歌山県、由良町白崎海岸沖にある岩礁で、相当数が捕獲された記録が残る[46]
  • 海驢岩 - 伊良湖岬近辺
  • 海驢立鼻 - 式根島南西部
  • 海馬島および 小トド - 青森県深浦町沖にある小島群。近くに黒島が存在する。

供養碑[編集]

日本各地に広く生息していたにもかかわらず、鯨墓が沢山存在するのに対して、ニホンアシカの供養碑は僅か二ヶ所しか存在しない[8]

[編集]

  • 海驢の番
海驢(アシカ)はたくさんの個体が群れて眠り、そのうちの一頭が寝ずの番をしている事から、不寝番や交替で眠る様子を指した言葉である。
  • 海驢は蛸の群れについてくる。
海驢はタコやイカが好物なので、漁師らが獲物を見つける目安にするということ。下北半島地方の諺。
  • ミチの寝流れ ミチとは海驢の事で、アシカが海流に身を任せて遊泳することを指す[47]。ミチという表記は日本書紀にも登場し、オトタチバナ妃が身投げの際にこれのなめし革を使用したとされる。

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Lowry, L. 2015. Zalophus japonicus. The IUCN Red List of Threatened Species 2015: e.T41667A45230455. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2015-2.RLTS.T41667A45230455.en. Downloaded on 04 June 2016.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 中川元 「ニホンアシカ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生動物-1 哺乳類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、株式会社ぎょうせい2014年、30-31頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 伊藤徹魯 「ニホンアシカ」『日本の哺乳類【改訂2版】』阿部永監修 東海大学出版会、2008年、99頁。
  4. ^ a b c d e f g h i 小西健志 「ニホンアシカ」 『海域自然環境保全基礎調査 海褄動物調査報告書』、環境庁自然保護局、1998年、120-122頁
  5. ^ アザラシ目 アシカ科 絶滅危惧IA類(CR) 環境省 自然環境局 生物多様性センター[リンク切れ]
  6. ^ a b 寺島良安 「獣類(アシカ・オットセイ)」『和漢三才図会』38巻、1712年頃、72頁。2010年3月28日閲覧。「其肉亦不甘美 唯熬油為燈油」
  7. ^ a b c d e f g 杉原通信「郷土の歴史から学ぶ竹島問題」第11回 ニホンアシカと竹島 島根県公式サイト 2008年10月3日[リンク切れ]
  8. ^ a b 『生きていた!生きている? 境界線上の動物たち』157-159頁
  9. ^ 『延喜式』
  10. ^ a b c アシカ Zalophus japonicus (Peters) (PDF) あいちの環境(愛知県環境部)
  11. ^ 武田幸有 『新島炉ばなし』 新島観光協会、1974年、増補改訂版。ASIN B000J9GLI2
  12. ^ 山形の絶滅種・絶滅危惧種データベース - ニホンアシカ. 山形県立博物館. 2014年6月11日閲覧
  13. ^ 「悲劇の海獣」ニホンアシカの絶滅. 原久庵. 2014年6月11日閲覧[出典無効]
  14. ^ a b c d e f g h i 中村一恵 「ニホンアシカは幻か」『動物たちの地球 哺乳類II 3 アザラシ・アシカ・オットセイほか』第9巻 51号、朝日新聞社1992年、91-92頁。
  15. ^ 伊藤徹魯 「ニホンアシカ Zalophus californianus japonicus の頭骨の新資料について」『哺乳動物学雑誌』第10巻 3号、日本哺乳類学会、1985年、135-148頁
  16. ^ a b レッドデータブックとっとり(動物) (PDF) 鳥取県公式サイト
  17. ^ a b c d e 伊藤徹魯、井上貴央、中村一恵 「自由集会報告(日本哺乳類学会1994年度大会自由集会の報告), 1994年度ニホンアシカ研究会の研究交流会」『哺乳類科学』第34巻 2号、日本哺乳類学会、1994年、164-168頁。
  18. ^ 国立歴史民俗博物館 (2000年). “企画展示 北の島の縄文人―海を越えた文化交流―” (英語). 国立歴史民俗博物館. 2010年3月28日閲覧。[リンク切れ]
  19. ^ 青森県教育庁 文化財保護課 三内丸山遺跡対策室. “三内丸山遺跡-縄文時代の大規模集落-食料 (PDF)”. 青森県. pp. p. 4.. 2010年3月28日閲覧。
  20. ^ 新美倫子 (1990年12月28日). “縄文時代の北海道における海獣狩猟”. 東京大学文学部考古学研究室研究紀要 9. 東京大学文学部. pp. pp.137-171. 2010年3月28日閲覧。 “ISSN 02873850”
  21. ^ 船舶遺跡縄文人の海獣狩猟の様子−日本人はるかな旅展 国立科学博物館[リンク切れ]
  22. ^ 桑原岳仁 (2002年). “オホーツクの動物 - ヒグマと海獣”. 東京大学コレクション XIII「OKHOTSK」北の異界 古代オホーツクと氷民文化. 東京大学総合研究博物館. pp. 第一章 オホーツク人の海と陸. 2010年4月7日閲覧。
  23. ^ Aurioles, D. & Trillmich, F. (IUCN SSC Pinniped Specialist Group) (2008年). Zalophus japonicus. 2008 IUCN Red List of Threatened Species. IUCN 2008. 2010年3月26日閲覧。[リンク切れ]
  24. ^ a b c d e f 杉原通信「郷土の歴史から学ぶ竹島問題」第20回 竹島漁猟合資会社について 島根県公式サイト 2009年8月13日[リンク切れ]
  25. ^ a b c d e 伊藤徹魯、井上貴央、中村一恵「自由集会報告(日本哺乳類学会1995年度大会自由集会の報告), 1995年度ニホンアシカ談話会」『哺乳類科学』第35巻 2号、日本哺乳類学会、1995年、176-179頁。
  26. ^ 磯野直秀; 慶應義塾大学 (2007年4月27日). “珍禽異獣奇魚の古記録 (PDF)”. 慶應義塾大学日吉紀要. 自然科学 No.37(2005.). 慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会. pp. p.33- 59. 2010年4月7日閲覧。
  27. ^ 人魚伝説 歴史探検隊江戸中期の鳴門に記録”. ふるさと歴史探検隊. 徳島新聞 (2010年1月18日). 2010年4月7日閲覧。[リンク切れ]
  28. ^ a b c 中国新聞メディアクラブ (2006年2月23日). “ニホンアシカ、100年ぶり再会 竹島の日PR” (日本語). 週刊中国新聞経済メールマガジン. 中国新聞. pp. 地域ニュース【2月17日(金) - 2月23日(木)】. 2010年4月7日閲覧。
  29. ^ a b 竹島資料室開設記念展示「明治以降の竹島渡航」 - 開催期間:平成19年4月19日(木)〜5月18日(金) 島根県公式サイト[リンク切れ]
  30. ^ 『生きていた!生きている? 境界線上の動物たち』149頁
  31. ^ a b c 『世界絶滅危機動物図鑑 (第1集)』学習研究社、1997年、10-11頁。ISBN 9784055002233
  32. ^ 常習的に侵犯する日本人を決死阻止した独島義勇守備隊 中央日報 2012年8月19日
  33. ^ 안성규 (2012年8月19日). “53년 결성된 민간 무장 조직 …무력으로 일본인의 상습 침범 결사 저지” ((朝鮮語)). 中央日報. http://sunday.joins.com/article/view.asp?aid=27210 2014年2月20日閲覧。 
  34. ^ (朝鮮語) 독도에 바다사자 복원한다, 国民日報大韓民国海洋警察庁によるミラー), 2006-02-02. "50년대 독도의용수비대가 활약할 당시만 해도 20∼30마리씩 떼를 지어 독도 연안에서 서식하는장면이 목격됐다. 독도의용수비대원이던 이규현씨(82·울릉군 울릉읍 도동리)는 "당시 독도에서 강치(바다사자) 무리를 간간이 볼 수 있었고, 울릉도 주민들은 이를 가재, 강치로 부르기도 했다"고 말했다."
  35. ^ Rosamond Purcell and the staff of Naturlis (1999). Swift as a Shadow: extinct and endangered animals. Mariner Books. pp. 64 "EXTINCT JAPANESE SEA LION". ISBN 0395892287. "The breeding colony of Japanese sea lion (...) was found on the small rocky island of Takeshima, which was occupied by Korea after World War II. There are rumors that during the war Korean soldiers used these animals for target practice." 
  36. ^ a b 伊藤徹魯 「ニホンアシカ雑感」『哺乳類科学』第19巻 3号、日本哺乳類学会、1979年、27-39頁。
  37. ^ 『生きていた!生きている? 境界線上の動物たち』148頁
  38. ^ 1980年代に玉野市で発見されたニホンアシカについて資料はないか。 レファレンス協同データベース(国立国会図書館) 2010年2月13日
  39. ^ ジュゴン保護対象に/鳥獣保護法改正案 琉球新報 2002年4月12日
  40. ^ a b c 『生きていた!生きている? 境界線上の動物たち』152-154頁
  41. ^ 『幻のニホンアシカ、保護へ』読売新聞 2002年12月14日(参考資料
  42. ^ Ⅱ.島根大学の主なコレクション collection (PDF) 島根大学
  43. ^ 保存番組リスト (Excelファイル)”. 鳥取市視聴覚ライブラリー. 鳥取市. pp. Sheet1. 2010年4月7日閲覧。 “整理番号312「ふるさとこの一年」(製作局:NKT、85分、1992-12-30)ふるさとの出来事をつづる映像の’92年版。ニホンアシカのフィルム発見”
  44. ^ 日本ニュース 戦後編大117号 チャプター (6) 淀川にアシカ現る <時の話題>”. NHK 戦後証言アーカイブス (1948年). 2015年1月28日閲覧。
  45. ^ 角川書店『日本地名大辞典』
  46. ^ 日本歴史地名大系『和歌山県の地名』
  47. ^ 谷川健一,『列島縦断地名逍遥』, 265項

注釈[編集]

  1. ^ 英語圏には目撃例の一部は「逃げられたカリフォルニアアシカの可能性がある」といった内容の文献が存在するが、対応する「アシカの逃亡」という事態は明確になっておらず、具体性を欠いたものである点には留意したい。
    • Rosamond Purcell and the staff of Naturlis (1999). Swift as a Shadow: extinct and endangered animals. Mariner Books. pp. 64 "EXTINCT JAPANESE SEA LION". ISBN 0395892287. "Sea lions in Japanese waters in the 1960s were probably California sea lions that had escaped from zoo." (英語)
  2. ^ 多田実 『生きていた!生きている? 境界線上の動物たち』 小学館、1998年、146頁。ISBN 9784093664011 伊藤徹魯によるとプロポーションの比率や臼歯の数などが異なるとされる。
  3. ^ 当時、島根県竹島研究顧問の杉原隆は山陰中央新報の取材において、この証言から韓国漁民らによる捕獲が絶滅の原因ではないかと推測した発言を行っていた(李ライン翌年竹島にニホンアシカ多数生息ウェブ魚拓山陰中央新報 2007年5月10日)。ただし、この発言以前の1998年『生きていた!生きている? 境界線上の動物たち』154頁においても駐留中の韓国人が非常用食料にしていた点は記述されており、絶滅の要因は同書籍において他にも指摘されている。
  4. ^ アシカを含む鰭脚目の特色として1種類の個体数が飛び抜けて多い事が挙げられ、1種類で十数万頭というのが普通である(和田一雄 『海のけもの達の物語 -オットセイ・トド・アザラシ・ラッコ-』 成山堂書店、2004年、11頁。ISBN 978-4425981311)。この時点で絶滅の危機にあったといえる。
  5. ^ 『フィールドベスト図鑑12 日本の哺乳類』 学習研究社、2002年、51頁。ISBN 9784054013742
  6. ^ 『生きていた!生きている? 境界線上の動物たち』 148-159頁。ただし、島根大学医学部(当時)の井上貴央によると、繁殖記録に該当する記録を韓国では確認できなかったという。
  7. ^ 鳥取県岩美町でアシカ?目視[リンク切れ] - 海棲哺乳類情報データベース
    岩美・羽尾海岸に珍客 アシカ(インターネット・アーカイブ) - 日本海新聞 2003年7月21日
    この事例では写真が撮影され、当初ニホンアシカとされていたものの、一応カルフォルニアアシカへ変更されている。ただし、決め手に欠けるため、海棲哺乳類情報データベースの分類では種不明のカテゴリーにも入っている。
  8. ^ 鹿児島県薩摩川内市で種不明アシカ出現- 海棲哺乳類情報データベース こちらはかごしま水族館がアシカだと断定している。

関連項目[編集]