島根県立出雲高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
島根県立出雲高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 島根県の旗島根県
理念 久徴の精神
設立年月日 1920年(大正9年)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
設置学科 普通科
理数科
学期 3学期制
高校コード 32112F
所在地 693-0001
島根県出雲市今市町1800
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

島根県立出雲高等学校(しまねけんりつ いずもこうとうがっこう, Shimane Prefectural Izumo High School)は、島根県出雲市今市町にある県立の高等学校。略称「山高[1]」(やまこう)。

概要[編集]

歴史
1920年大正9年)に島根県女子師範学校併設された「島根県立今市高等女学校」を前身とする。2010年平成22年)に創立90周年を迎えた。
設置課程・学科
全日制課程 2学科
学区
普通科は、旧平田市と出雲市外からの入学者が入学定員の5%に制限されている。
通学圏
上記の制約もあり、通学する生徒は、合併前の出雲市内在住が多いが、平田市大社町佐田町湖陵町多伎町斐川町等新出雲市、大田市雲南市などからも通学している。
校訓(基本理念)
「久徴の精神」
「久徴」(きゅうちょう)という言葉は「中庸」第26章前段の「至誠無息 不息則久 則有」(故に至誠は息(や)むこと無し。息まざれば即ち久し、久しければ則ち徴あり)に由来する。
学園の指標
  1. 自主自立の精神に富み、気品高き自治の学園
  2. 誠実、勤勉にして、社会的秩序を重んずる学園
  3. 職員、師弟、校友相睦み合う、友愛協和の学園
校章
校名の「出雲」にちなみ「」の絵を背景にして、「高」の文字(旧字体)を置いている。
校歌
1951年(昭和26年)に制定。作詞は竹友藻風、作曲は長谷川良夫による。歌詞は2番まであり、両番に校名の「出雲」が登場する。
同窓会
「久徴会」(きゅうちょうかい)と称している。
久徴園
校舎の後方にある植物園。平田植物園とも呼ばれ、隣接する出雲科学館の研究施設にもなっている。また島根県の天然記念物であるオオサンショウウオも飼育されている。

沿革[編集]

前史
高等女学校時代
  • 1903年(明治36年)
    • 4月1日 - 簸川郡今市町に「島根県女子師範学校」が設置される。
    • 6月 - 今市町の島根県立第三中学校跡地に移転。
  • 1907年(明治40年)4月1日 - 島根県女子師範学校に「島根県立今市高等女学校」が併設される。
  • 1913年大正2年)
  • 1919年(大正8年)1月 - 西村保吉知事、所属教材植物栽培の区域を総称し「平田植物園」と命名。
  • 1920年(大正9年)3月 - 島根県女子師範学校に「島根県立今市高等女学校」がび併設される(創立年)。 7年ぶりに復活。
  • 1923年(大正12年)4月 - 島根県女子師範学校の移転[5]により併設を解消。今市町の校地がすべて高等女学校に移管される。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施、新制中学校の発足)
    • 高等女学校の生徒募集を停止(1年生不在)。
    • 新制中学校を併設し(名称:島根県立今市高等女学校併設中学校、以下・併設中学校)、高等女学校1・2年修了者を新制中学校2・3年生として収容。
    • 併設中学校は経過措置としてあくまで暫定的に設置されたため、新たな生徒募集は行われず(1年生不在)、在校生が2・3年生のみの中学校であった。
    • 高等女学校3・4年修了者はそのまま高等女学校に在籍し、その4・5年生となる(4年修了時点で卒業することもできた)。
新制高等学校
  • 1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革(六・三・三制の実施、新制高等学校の発足)
    • 高等女学校が廃止され、新制高等学校「島根県立出雲高等学校」(現校名、女子校)が発足。
      • 高等女学校卒業生(5年修了者)を新制高校3年生、高等女学校4年修了者を新制高校2年生、併設中学校卒業生(3年修了者)を新制高校1年生として収容。
      • 併設中学校は新制高校に継承され(名称:島根県立出雲高等学校併設中学校)、在校生が1946年(昭和21年)に入学した3年生のみとなる。
  • 1949年(昭和24年)
    • 3月31日 - 併設中学校を廃止(旧制4・5年から新制3年への修業年限の移行が完了)。
    • 4月1日 - 高校三原則に基づく島根県内公立高校の再編により男女共学を開始。
  • 1951年(昭和26年)11月 - 校歌を制定。
  • 1966年(昭和41年)4月1日 - PTAにより過年度生(卒業生・浪人生)を対象とした補習科(在学期間1年間)が開設される。
  • 1969年(昭和44年)4月1日 - 全日制課程に理数科を新設。
  • 1971年(昭和46年)4月1日 - 定時制課程(普通科家庭コース(2学級))を新設。
  • 1974年(昭和49年)4月1日 - 定時制課程に衛生看護科(1学級)を新設。
  • 1975年(昭和50年)7月 - 定時制課程の校舎が完成。
  • 1994年(平成6年)10月 - 久徴会館(同窓会館)が完成。
  • 2003年(平成15年)5月 - 新校舎建設工事に着手。
  • 2004年(平成16年)
    • 4月1日 - 定時制課程 衛生看護科の募集を停止。
    • 6月 - 3号館の改修が完了。
    • 10月 - 鉄筋コンクリート造3階建ての新4号館が完成。
  • 2005年(平成17年)12月 - 鉄筋コンクリート造4階建ての新1号館・新2号館が完成。
  • 2007年(平成19年)3月31日 - 定時制課程 衛生看護科を廃止。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 島根県立宍道高等学校の新設により、定時制課程 普通科の生徒募集を停止。
  • 2013年(平成25年)
  • 2014年(平成26年)4月 - スーパーグローバルハイスクールに指定される。

学校生活[編集]

校則は、市内の高校では最も厳しい。式典では無地白ソックス着用義務、携帯電話は原則持ち込み不可(許可証を取得しても、校地内では使用不可)。

各種テストが、3年生はほぼ毎週、1、2年生は月に平均2 - 3回。テストは定期テストの他、毎月数学月例テスト、英語課題テストがあり、長期休暇後は課題テストがある。模擬試験は、校内模試以外に、進研模試、河合塾全統模試代ゼミ模試、駿台模試等各種業者模試がある。

また、修学旅行が存在せず、その時期には模試と2、3年生の秋の遠足、2年生の理数科研修旅行、1年生の関西先端体験研修が行われている。2011年度(平成23年度)まで1年次にはスキー研修が行われていた。

クラス対抗の球技大会を年2回、「久徴祭」(体育祭と文化祭を含めた学園祭)を年1回開催している。

部活動[編集]

運動部
島根県代表として、2016年(平成28年)、第98回全国高等学校野球選手権大会に春夏通じて初出場。1回戦で選抜優勝校の智弁学園(奈良)に1対6で敗退。
文化部
受験準備のため活動期間が2年次12月までの1、2年生のみのバンドであるが、全日本吹奏楽コンクール(吹コン)に中国支部代表として22回出場しており、強豪の1つとして知られている。
2015年(平成27年)14年振りに吹コン全国大会に中国地区代表として出場。その軌跡については「吹部ノート」(オザワ部長 著 ISBN 978-4-584-13690-4)第5章「1・2年生バンド、進学校、短い練習時間……数々のハンデに頭脳で打ち克つ!」にて紹介されている。
2006年(平成18年)3月から4月にかけてアメリカ合衆国の旗アメリカ研修を行い、オーランドでのディズニーオーナーズに参加した。
島根県代表として、日本棋院主催の全国囲碁大会に団体戦で毎年参加、全国優勝の経験もある。全国高等学校総合文化祭の囲碁部門には、毎年団体戦島根県チームに選手を出している。将棋は、毎年島根県教育長杯などに個人戦で入賞。

1.2年生のみでの活動を行っている。 全国大会に複数回出場しているが、銅賞が多い。合唱の指導者が校内にいないため、生徒中心で活動している。

2003年(平成15年)に同好会として創設。翌2004年(平成16年)部に昇格。県内の弦楽部、吹奏楽部、管弦楽部との合同オーケストラや、出雲フィルハーモニー交響楽団ジュニアオーケストラに参加している。

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平地ではなく山に隣接しているため、地元では「山高」と呼ばれることが多い。「山高」の由来については、「出雲」の「出」の字が「山」と「山」から出来ているため、という説もある。
  2. ^ 読みは「ひかわ」。
  3. ^ 中学校令改正による。
  4. ^ 島根県立第一中学校は島根県立松江北高等学校の前身、島根県立第二中学校は島根県立浜田高等学校の前身。
  5. ^ 那賀郡浜田町 (現・浜田市片庭町、浜田合同庁舎付近) に移転した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]