箱崎水族館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

箱崎水族館(はこざきすいぞくかん)は、かつて福岡県福岡市(現:東区)箱崎浜にあった水族館である。

第13回九州沖縄八県連合共進会の付帯施設として建設され、1910年(明治43年)3月24日に開館した、九州発の本格的な水族館である。2階建て、敷地面積2,300m2で、博多湾近海のタイサバタコ等が展示されたほか、ニホンアシカワニサンショウウオ等も飼育されていた[1]夢野久作の『ドグラ・マグラ』に登場する水族館のモデルにもなったとされる[2]

敷地の大部分が国道3号(当時は国道2号)の拡張にかかったため、1935年(昭和10年)に閉館した[2]1931年(昭和6年)廃止とする資料もある[3])。

福岡水族館[編集]

1957年(昭和32年)4月14日には、近隣の筥崎宮参道脇に福岡水族館が開館した。鉄筋2階建て、延べ4,000坪で、28の水槽、3つのプールを備え、海水・淡水魚約100種、熱帯魚約60種が展示されたほか、ペンギンも飼育されていた。この水族館は、1968年(昭和43年)8月に閉館した[4]

閉館前の1964年(昭和39年)4月には、当時飼育されていたコウテイペンギン1羽が長崎水族館へと寄贈された[5]。長崎水族館には同年3月にコウテイペンギン「フジ」(28年5ヶ月飼育されて後に有名となる)が来館しており、福岡水族館のコウテイペンギンは「フジ」に続く2羽目となった[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 県史だより 第26号 福岡県地域史研究所、1985年9月30日
  2. ^ a b 箱崎物語:/1 筥崎宮近くに、かつて水族館があった/福岡 毎日新聞、2013年6月18日
  3. ^ 大学移転に伴う箱崎地区の変容と地域づくりに関する研究I 報告書 (PDF) 財団法人 福岡アジア都市研究所、2009年3月
  4. ^ レファレンスだより 2011年3月号 (PDF) 福岡市総合図書館
  5. ^ a b 白井和夫『ペギーちゃん誕生』昭和堂印刷出版事業部 1976年 pp.24-25