葛西臨海水族園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
葛西臨海水族園
Tokyo Sea Life Park Edogawa-ward Tokyo Japan.JPG
施設情報
専門分野 総合
事業主体 東京都
管理運営 東京動物園協会
2011~2015年度指定管理者
館長 田畑直樹
開館 1989年
所在地 134-0086
東京都江戸川区臨海町6丁目2番3号
位置 北緯35度38分24.3秒東経139度51分43.8秒座標: 北緯35度38分24.3秒 東経139度51分43.8秒
公式サイト http://www.tokyo-zoo.net/zoo/kasai/
テンプレートを表示

葛西臨海水族園(かさいりんかいすいぞくえん)は、東京都が運営する水族館1989年10月10日に開園した。建築家谷口吉生が設計した。園長は田畑直樹(2014年4月から)。東京都建設局が所管していたが、指定管理者制度により公益財団法人東京動物園協会に運営が引き継がれた。

概要[編集]

東京都江戸川区葛西臨海公園内に位置し、公園内には葛西臨海鳥類園も併設されている。ドーナツ型の大型水槽を回遊するマグロ類をはじめ、47の水槽に約650種の生物が飼育されている。

開園から現在に至るまで東日本で最も人気のある水族館で、開園初年度の年間入場者数355万人は、当時の日本記録(神戸市立須磨海浜水族園の240万人:1987年)を大きく超えた。

世界で初めてナーサリーフィッシュ(コモリウオ)の展示に成功している。また、展示生物たちは直接、飼育展示課調査係により現地採集されるものが多く、特に極地の水槽では珍しい生物が見られる。ただし、一般的な生物は業者からの購入に頼っている。

飼育されているフンボルトペンギン

飼育用の海水八丈島沖の海水を船とトラックで輸送している。海水を運ぶ船は専用のものではなく、青ヶ島御蔵島向けの貨物航路の船で、その帰りに空になったスペースを有効活用する形で運ばれている。1ヶ月に使用する海水は約3,000tにもなり、ほとんどがサメの水槽やマグロの水槽など大型水槽に使われる。ただし、海鳥やペンギンの水と濾過槽の逆洗用の水は水族園前の東京湾の水を濾過して使用しており、海水ではなく汽水である。

飼育の担当職員は、環境班と繁殖班に分かれている。環境班はさらに東京の海チームとペンギン・海鳥チームに、繁殖班はマグロ・深海チームと世界の海チームに分かれている。また水族館裏には搬入生物のストックや飼育実験用に繁殖センターと呼ばれる施設があり、職員は展示担当と繁殖センター担当に別れて作業を行なう。獣医師は配置されておらず、恩賜上野動物園獣医師が往診に来ている。教育普及係では東京シーライフボランティアーズに所属するボランティアの活動支援や、研修生の受け入れなどの業務を行なっている。

園で使用する餌はオキアミサクラエビゴカイアジイカ、剥きあさりが基本で、生物の口の大きさに合わせて臨時職員が調餌している。生き餌しか食べない生物(ナーサリーフィッシュ、シードラゴンタツノオトシゴ類など)には、活スジエビや活イサザアミが給餌されている。


  • 1991年2月、来園者数が500万人到達[1]
  • 1992年6月、来園者数が1000万人到達[1]
  • 1996年5月、来園者数が2000万人到達[1]
  • 2002年1月、来園者数が3000万人到達[1][2]
  • 2008年6月、来園者数が4000万人到達[1][3]
  • 2014年に開園25周年を迎え、特別サイトを開設[4]
  • 2015年1月、来園者数5000万人到達[5][6]

展示概要[編集]

1階の大水槽

館内は広く、展示の数も多い。じっくり見て回るには相当な時間が必要である。展示方法はいたってシンプルで、あまり装飾などはされていない。多くの水槽は魚の名前と図が示されている程度であるが、調べものができる図鑑や専門スタッフのいる部屋も用意されている。 イルカ、ラッコ、アシカ、アザラシなどの海獣は展示されていない。 展示は「大洋の航海者」や「ペンギンの生態」が人気であるが、一風変わったオーストラリア近海の魚や珍しい南極・北極の魚なども見所の一つである。他に東京湾や日本近海の魚も多く展示しており、普段食卓に並べられる馴染み深い魚を目にすることができる。その他、一見地味だが珍しい生態を持つ魚もおり、見るべきところは多い。

サービス向上として2011年5月に、水槽横にデジタルフォトフレームパネルによる解説が追加された。

利用案内[編集]

開園時間[編集]

休園日[編集]

  • 毎週水曜日(祝日、都民の日(10月1日)にあたるときは開園し、翌日に休園)
  • 年末年始:12月29日から1月1日まで

入場料[編集]

  • 一般:700円
  • 中学生:250円
  • 65歳以上:350円
    • 20名以上の団体は2割引
    • 小学生以下、都内在住・在学の中学生は無料
    • 障害者手帳を所持する人は無料

年間パスポート[編集]

  • 一般:2800円
  • 65歳以上:1400円

無料開放日[編集]

交通[編集]

レストラン[編集]

「シーウィンド」:屋内250席、テラス200席

その他施設[編集]

建築概要[編集]

  • 竣工― 1989年
  • 設計― 谷口吉生
  • 規模― 地上3階
  • 構造― SRC造、RC造、S造
  • 建築面積― 11,129 m2 (本館8,947.3 m2 + ゲート832.5 m2 + 園地5棟1,349.3 m2
  • 延床面積― 14,772 m2 (本館12,727.7 m2 + ゲート832.5 m2 + 園地5棟1,212.1 m2
  • 総水量― 3,160 t
  • 受賞― BCS賞公共建築賞

出来事[編集]

世界初[編集]

2013年2月12日、ジャノメコオリウオオセレイテッド アイスフィッシュコオリウオ科ノトテニア亜目・Chionodraco rastrospinosus)が世界で初めて飼育下で産卵した。卵は直径4.5ミリ程度で約500個あった。卵が孵化する時期は不明で「ほかの南極に住む魚と同じ程度であれば、半年後」と水族館は推測した[10]。ジャノメコオリウオの生体展示も世界初である[11]

ペンギンの脱走[編集]

2012年3月3日、当水族館で飼育していたフンボルトペンギン1羽が東京湾に脱出したことが発覚した[12]。同年5月24日に行徳橋のたもとで発見され、無事に保護され[13]、6月7日から再び一般公開された[14][15]。後に来園者から愛称を募集し、6433通の中から選び、「さざなみ」に決まった[16]

マグロ・カツオ類の大量死[編集]

2014年12月1日時点では回遊魚の大型水槽にクロマグロ63匹、スマ67匹、ハガツオ35匹が飼育されていたが、同月上旬からそれらの個体が相次いで死ぬ事態が発生し、2015年1月18日にスマが、同年1月26日にハガツオが全滅し、クロマグロも1月26日時点で3匹を残すのみとなった[17][18]。その後、2月25日には1匹が[19]、更に3月24日にも1匹が死亡し、残り1匹となった[20]。原因については特定されていないが、病理検査の結果クロマグロとスマの脾臓の細胞からウイルスが発見されている[21]

また、2015年5月22日に追加投入されたスママグロ29匹のうち12匹が、同年5月28日までに亡くなった。12匹は全て水槽に衝突し、頭部や背骨に骨折を負っていた。その後の調査によりこの15年5月のスマの死については投入後の環境に慣れなかったためと判断された。[22]

引き続き調査が行われたものの原因の究明には至らず、各専門家との協議の結果、原因となったと思われる複数の要素に対策を施した[23]。具体的には、

  • 照明消灯の取りやめ
  • 水槽清掃時のダイバーの削減
  • 大水槽アクリルへのテープ貼り付け

等の対策を行った。これらはその後段階的に様子を見つつ撤廃され、2016年5月現在では2014年以前に近い態勢に戻っているが、以前のような大量死の傾向は見られない。

その後、2016年4月に葛西臨海水族園は最終的な調査結果を公表し、大量死は単一の要因によるものではなく、直接的間接的な複数の要因が重層的・複合的に作用したという見解を示した[24]

2016年8月に最後に残っていたクロマグロが死亡しているのが確認され、その後の調査で水槽の壁にぶつかり、死亡したことが分かった。

フィクション[編集]

  • 1993年公開のアニメ映画機動警察パトレイバー2 the Movie』に登場人物の警官と幕僚が、オープンから間もない(公開当時)葛西臨海水族園で密会するシーンがあり、特徴的な丸いドームや照明の暗い展示スペースなどが描かれている。
  • 2015年公開の実写版映画『THE NEXT GENERATION -パトレイバー-』長編(首都決戦)において、隊長役である後藤田(演:筧利夫)と、外事課の警部役・高畑(演:高島礼子)が、大型水槽前で会話をするシーンがある。撮影時期は、大量死が取りざたされていないころとみられ、大量の魚たちの在りし日の姿を見ることができる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 葛西臨海水族園の歴史 葛西臨海水族園公式サイト”. 東京ズーネット. 2017年11月25日閲覧。
  2. ^ 入園者 3,000万人達成記念イベント開催──2/1”. 東京ズーネット. 2017年11月25日閲覧。
  3. ^ 入園者累計4,000万人達成!”. 東京ズーネット. 2017年11月25日閲覧。
  4. ^ 葛西臨海水族園25周年スペシャルサイト”. 東京ズーネット. 2017年11月25日閲覧。
  5. ^ この度、1月25日に葛西臨海水族園は来園者数5000万人を突破致しました! これを記念して、ご来園頂いた方にささやかながらオリジナルポストカードを差し上げています。これからも、葛西臨海水族園をどうぞ宜しくお願い致します。 配布場所:館内「案内カウンター」にて 期間:~3月8日まで”. 葛西臨海水族園公式Twitter (2015年1月26日). 2017年11月25日閲覧。
  6. ^ \葛西臨海水族園、来園者数5,000万人突破/ ご来園の方に記念のオリジナルポストカードを差し上げています。ウメイロモドキかフンボルトペンギン。2015年3月8日まで(※画像はポストカードとは異なります)”. 東京ズーネット公式Twitter (2015年1月27日). 2017年11月25日閲覧。
  7. ^ 8/11-8/16「Night of Wonder──夜の不思議の水族園」(2017年)”. 東京ズーネット. 2017年11月25日閲覧。
  8. ^ 葛西臨海水族園/施設詳細”. 全国バリアフリー旅行情報. 2017年11月25日閲覧。
  9. ^ 東京都葛西臨海水族園 【東京都】”. 全国バリアフリーマップのピクニック. 2017年11月25日閲覧。
  10. ^ オセレイテッド・アイスフィッシュ:葛西臨海水族園で産卵 飼育個体で世界初/東京 2013年01月20日 毎日jp(毎日新聞)世界初 南極の魚の産卵を確認 NHK首都圏のニュース 2013年02月14日 11時29分 NHKオンライン どちらも2013-2-14閲覧
  11. ^ 世界初、透明な血液を持つ南極の魚まもなく公開!2011/08/22 東京ズーネット 2013-2-14閲覧
  12. ^ 脱出したフンボルトペンギンの捜索を続けています - 東京ズーネット、2012年3月26日
  13. ^ “水族館から逃げたペンギン発見”. NHK. (2012年5月24日). オリジナル2012年5月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20120526221159/www3.nhk.or.jp/news/html/20120524/k10015360411000.html 2012年5月24日閲覧。 
  14. ^ “脱走ペンギン、7日から一般公開”. (2012年6月6日). http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20120606-OHT1T00129.htm?from=related 2012年6月8日閲覧。 
  15. ^ “脱走ペンギンに名前!?”. (2012年6月8日). http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20120608-OHT1T00014.htm?from=related 2012年6月8日閲覧。 
  16. ^ “脱走のペンギン愛称「さざなみ」に 葛西臨海水族園”. 日本経済新聞. (2012年7月11日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1100X_R10C12A7CC0000/ 2017年11月25日閲覧。 
  17. ^ スマに続きハガツオ全滅、クロマグロ3匹だけに 読売新聞 2015年1月26日
  18. ^ 葛西臨海水族園のハガツオが全滅 クロマグロは3匹に 日本経済新聞 2015年1月26日
  19. ^ 葛西のマグロまた1匹死ぬ 残るは2匹 日刊スポーツ 2015年2月26日
  20. ^ 葛西臨海水族園のマグロ、ついに1匹に 旭新聞 2015年3月24日
  21. ^ 葛西臨海水族園:死んだマグロ脾臓からウイルス 毎日新聞 2015年1月20日
  22. ^ クロマグロ等の展示について──ハガツオとスマが仲間入りしました 東京ズーネット(葛西臨海水族園)
  23. ^ その後のマグロたち[2]
  24. ^ マグロ類の死亡原因の調査結果と展示について 東京ズーネット(葛西臨海水族園) 2016年4月7日

参考文献[編集]

  1. 東京都葛西臨海水族園 『TOKYO SEA LIFE PARK 東京都葛西臨海水族園』(園内で無料配布している園内説明パンフレット)、2006年4月。

外部リンク[編集]