かすみがうら市水族館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かすみがうら市水族館
霞ヶ浦水族館外観
施設情報
専門分野 淡水魚
事業主体 かすみがうら市
頭数 1250
種数 120
来園者数 29,922人(2011年平成23年)度)
主な飼育動物 霞ヶ浦に生息する淡水魚等
開館 1990年(平成2年)
所在地 300-0214
茨城県かすみがうら市坂910-1
位置 北緯36度04分17.738秒 東経140度22分33.625秒 / 北緯36.07159389度 東経140.37600694度 / 36.07159389; 140.37600694座標: 北緯36度04分17.738秒 東経140度22分33.625秒 / 北緯36.07159389度 東経140.37600694度 / 36.07159389; 140.37600694
アクセス #アクセス参照
公式サイト http://park.geocities.jp/tkytp289/
テンプレートを表示

かすみがうら市水族館(かすみがうらしすいぞくかん)は、茨城県かすみがうら市坂にある市立水族館霞ヶ浦の西浦湖畔に面する歩崎公園敷地内に位置する。

概要[編集]

1990年平成2年)に開館した。霞ヶ浦に生息する淡水魚等の飼育にとどまらず、海水魚爬虫類等を約120種、1250匹の生物を展示している[1]2015年3月17日には白ヘビ(テキサスラットスネークのリューシスティック(白化)個体)の脱皮を公開し、話題となった[2]

2018年平成30年)4月19日にリニューアルオープンする。魚類等を飼育・展示することで自然保護種の保存に対する理解を深め、学術及び教育・文化の発展に寄与することを目的とする。両生類爬虫類甲殻類を展示し、ひと回りすれば霞ヶ浦と霞ヶ浦水系の生態系がすべて分かる展示内容となっている。

施設[編集]

かすみがうら市水族館, 霞ヶ浦の魚
かすみがうら市水族館, 円柱水槽
かすみがうら市水族館, オオウミウマ
  • タッチ水槽
  • パノラマ水槽
  • 円柱水槽
  • 大型水槽
  • 観察水槽など

利用[編集]

開館時間
  • 午前9時から午後17時半まで(入園および入園券の販売は17時まで)
休館日
  • 月曜日
  • 但し月曜日が祝祭日の場合はその翌日
  • 12月29日から翌年の1月1日までの日
入館料
  • 個人:一般…310円|小・中学生…150円
  • 団体:一般…260円|小・中学生…100円
  • 関連施設である資料館との共通券もある。
駐車場
  • 無料駐車場あり

アクセス[編集]

  • 常磐線神立駅よりタクシーで約30分。
  • 常磐線土浦駅より霞ヶ浦広域バスで約50分の後、田伏停留所で下車し徒歩1時間。

脚注[編集]

  1. ^ かすみがうら市水族館指定管理者業務仕様書(pdf)
  2. ^ 突然変異の白ヘビの脱皮の様子を紹介 - かすみがうら市水族館 マイナビニュース

外部リンク[編集]