栃木県なかがわ水遊園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
栃木県なかがわ水遊園
Nakagawa Aquatic Park.
20090421栃木県なかがわ水遊園.jpg
施設情報
専門分野 淡水魚
事業主体 栃木県
管理運営 財団法人栃木県農業振興公社
開館 2001年平成13年)7月15日
所在地 324-0404
栃木県大田原市佐良土2686
位置 北緯36度47分20.9秒 東経140度7分43.3秒 / 北緯36.789139度 東経140.128694度 / 36.789139; 140.128694座標: 北緯36度47分20.9秒 東経140度7分43.3秒 / 北緯36.789139度 東経140.128694度 / 36.789139; 140.128694
公式サイト http://tnap.jp/
テンプレートを表示

北緯36度47分20.9秒
東経140度7分43.3秒

栃木県なかがわ水遊園(とちぎけんなかがわすいゆうえん)は、栃木県大田原市佐良土(さらど:旧湯津上村)の那珂川の畔にある栃木県水産試験場に併設された淡水魚水族館及び関連する公園である。

概要[編集]

2001年平成13年)7月15日に開館[1]関東地方を代表するが遡上する清流、那珂川と箒川の畔に在り、様々な淡水魚類を展示している「おもしろ魚館」の他に公園、展望台、お魚ふれあいステーション他の施設が整備されている。目玉はアマゾン熱帯魚を展示する巨大水槽とドーム型のトンネルである。巨大な古代魚ピラルクーや淡水のエイなど海水魚に負けない大きな熱帯魚が水槽の中を泳ぎまわる。その他にも那珂川の上流域から下流域を模して展示する流域毎の淡水魚の展示、日本の各種淡水魚、熱帯海水魚、触れる水槽、日本の希少魚の展示コーナーなどもある。

おもしろ魚館[編集]

アマゾンの熱帯魚展示ゾーン
ピラルクーなどの大型熱帯魚も回遊している。
淡水魚展示ゾーン
那珂川の上流から下流域にいたる淡水魚が流域ごとのジオラマ水槽に展示される。
海水魚展示ゾーン
外光が取り入れられる最上部の水槽に色鮮やかな熱帯魚が群れて泳ぐ。
超希少種のミツバヤツメや、絶滅危惧種のミヤコタナゴ、イトウ等の展示有り。

公園[編集]

水の広場、なかがわ展望台、お魚ふれあいステーション、水の広場、芝生広場等の施設が整備されている。

交通[編集]

ギャラリー[編集]

その他[編集]

2010年6月に水色のアマガエルや金色のドジョウを寄贈された。2011年11月に金色のナマズを寄贈され展示[2]。2016年6月8日から白色のナマズ(体長約50cm、推定年齢約20年)を展示[3]

脚注[編集]

  1. ^ なかがわ水遊園”. 博物館の図鑑. 2015年7月30日閲覧。
  2. ^ 下野新聞SOON、2011年11月10日。
  3. ^ 読売新聞栃木版 2016年6月9日 29面掲載。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]