すみだ水族館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京スカイツリータウン > すみだ水族館
すみだ水族館
SUMIDA AQUARIUM
Tokyo Soramachi 2012.JPG
施設情報
管理運営 オリックス不動産[1]
面積 約3万6900平方メートル[1]
頭数 約1万匹(開館時)[1]
種数 約400種(開館時)[1]
開館 2012年5月22日
所在地

131-0045
東京都墨田区押上一丁目1番2号

東京スカイツリータウンソラマチ5F・6F
位置 北緯35度42分35.6秒 東経139度48分35.5秒 / 北緯35.709889度 東経139.809861度 / 35.709889; 139.809861座標: 北緯35度42分35.6秒 東経139度48分35.5秒 / 北緯35.709889度 東経139.809861度 / 35.709889; 139.809861
公式サイト すみだ水族館
テンプレートを表示

北緯35度42分35.6秒
東経139度48分35.5秒

すみだ水族館(すみだすいぞくかん)は、東京都墨田区押上東京スカイツリータウンソラマチ5Fと6Fにある水族館2012年5月22日に開業した[2]

沿革[ソースを編集]

  • 2012年5月22日 - 開業
  • 2012年11月23日~11月30日 - ミナミアメリカオットセイ「六三四(ムサシ)」バースデーイベント開催
  • 2015年9月9日~12月27日 - 「蜷川実花×すみだ水族館 クラゲ万華鏡トンネル」開催
  • 2016年1月31日 - 【すみだ水族館×日比谷花壇】すみだ愛妻の日 開催

主な飼育生物[ソースを編集]

自然水景[ソースを編集]

水草水槽のレイアウトを手掛けたのは、株式会社アクアデザインアマノの天野尚

クラゲ[ソースを編集]

クラゲゾーン(クラゲ展示水槽)ではミズクラゲタコクラゲなどをLED照明とともに展示。続く「ラボ」では、クラゲが成体になるまでの各段階を解説。2015年1月に常設化した「クラゲ万華鏡トンネル」(全長50メートルのスロープの、壁と天井に約5000枚の鏡)ではクラゲをテーマとした映像、照明、音楽、アロマで空間演出を行っている。

チンアナゴ[ソースを編集]

スカイツリーの高さ634mと同じ数の634匹のチンアナゴ(Spotted garden eel)とニシキアナゴ(Splendid garden eel)を導入。2014年10月10日からはホワイトスポッテッドガーデンイール(White spotted garden eel)も加わった。11月11日の「チンアナゴの日」(日本記念日協会認定)を記念し、「ゆらゆらチンアナゴまつり」を開催。2014年にはチンアナゴ水槽の前で「ハッピーチンアナゴウェディング」も行われた。また、毎月11日も「すみだチンアナゴの日」としてイベントを開催している。

ペンギン[ソースを編集]

水量約350トンの国内最大規模の屋内開放型のプール水槽で、二層吹き抜け空間を使った展示を行っている。 すみだ水族館のマゼランペンギンには全て名前があり、2本の識別リングの色で見分けられる。ここで生まれたペンギンには「元気な東京」をイメージさせる名前が公募の中から選ばれ、ひらがなで命名される。

  • 父カリン、母カクテル
  • 2013年5月28日、31日 - まつり(雌)、はなび(雄)
  • 2014年4月30日 - はっぴ(雄)
  • 2015年5月13日 - たいこ(雌)
  • 父ローズ、母わらび
  • 2016年6月16日 - ふうりん(雌)

ペンギンたちのエピソードは、すみだ水族館公認ガイドブック 「飼育員だけが知っているペンギンたちの秘密」(中田啓子、2014年2月5日、文踊社、ISBN 978-4904076385)および公認フォトストーリー「恋するペンギン」(高橋環、2015年7月15日、文踊社、ISBN 978-4904076507)に詳しい。

オットセイ[ソースを編集]

屋内開放型のプール水槽(ペンギンの隣)で飼育されるミナミアメリカオットセイは、オットセイトンネルをくぐると泳ぐ様子を見上げられるように設計されている。「オットセイタイム」では、展示水槽周囲のスロープを飼育員とともに歩き、すぐ目の前で見ることもできる。開館前年生まれの「六三四」1歳の誕生日を祝うパーティーが2012年11月28日に行われたが、翌年以降はアイドルの座を赤ちゃんペンギンに奪われるかたちとなった。

東京大水槽[ソースを編集]

水深6メートルの大型水槽は世界自然遺産小笠原の海を再現している[3]長岡技術科学大学大成建設が開発した海水浄化システムにより、総水量700トンの大半を人工海水のみで運用し、海水の入れ替えは計算上は1%以下となるという[4][5]

江戸リウム[ソースを編集]

2016年7月より、長さ約100メートルの日本最大の金魚展示ゾーンを設置。お江戸の夏祭りをイメージし、山口県柳井市金魚ちょうちんや、京都市先斗町の千鳥提灯などが飾られた。同年10月からは、「色」をテーマにした金魚の新展示に変更となった。

付帯施設[ソースを編集]

  • すみだステージ - 館内のイベント会場。壁面のスクリーンを利用したワークショップ等を開催。
  • アクアアカデミー - 館内のワークショップ開催会場。絵本や図鑑の閲覧スペース。
  • ペンギンカフェ - 館内の軽食販売コーナー。アルコール販売有。オリジナルメニュー、期間限定メニューが豊富。
  • ショップ - オリジナル商品、水族館をテーマにしたお土産品の販売。館外のため、入館料金不要。

利用案内[ソースを編集]

  • 休館日:無し(施設点検などの臨時休業を除く)
  • 営業時間:9時-21時
  • 入館料金(一般)
    • 大人:2,050円
    • 高校生:1,500円
    • 小・中学生:1,000円
    • 幼児(3歳以上):600円
    • 障がい者手帳提示者と同伴者1名は半額。20名以上の団体料金、学校行事としての学校団体料金設定あり。
    • 学校団体料金適用は事前予約が必要、引率教員無料、0歳児から有料。
  • 年間パスポート
    • 入館料金の2倍の金額で販売されている(当日券からの変更可)。
    • 東武動物公園入場無料(2015年7月1日〜8月31日)。
    • 江戸ワンダーランド 日光江戸村入場料割引優待(2015年7月1日〜8月31日)。
    • 福井県立恐竜博物館入場料10%割引優待(2015年4月1日〜2018年3月31日)[6]
    • その他、イベント参加権、期間限定でペンギンカフェのドリンク優待、ソラマチ内飲食店優待、等。

交通[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

脚注・出典[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「すみだ水族館」お披露目 東京スカイツリータウン2012/5/10 12:00:日本経済新聞
  2. ^ すみだ水族館. “営業時間・料金”. 2012年5月22日閲覧。
  3. ^ ツリーの足元に小笠原の海…すみだ水族館 : 動画2012年5月10日公開: YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  4. ^ (地域発・企業発)水を得た内陸水族館 人工海水で入れ替え問題克服 1月9日付朝刊4ページ 1経済NIE教育に新聞を:朝日新聞社インフォメーション
  5. ^ 人工海水だけで水族館2012年9月23日, 中日新聞:ジュニア中日(CHUNICHI Web)
  6. ^ 「福井県立恐竜博物館」×「京都水族館」「すみだ水族館」年間パスポート会員の「入場料相互割引制度」を開始 - 京都水族館(2015年3月25日)

外部リンク[ソースを編集]