のとじま臨海公園水族館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯37度08分57秒 東経136度58分56秒 / 北緯37.14917度 東経136.98222度 / 37.14917; 136.98222

のとじま臨海公園水族館
NOTOJIMA AQUARIUM
Notojima Suizokukan.jpg
施設情報
正式名称 のとじま臨海公園水族館
愛称 のとじま水族館
専門分野 総合
管理運営 一般財団法人石川県県民ふれあい公社
開館 1982年7月3日
所在地 926-0216
石川県七尾市能登島曲町15部40
テンプレートを表示

のとじま臨海公園水族館(のとじまりんかいこうえんすいぞくかん)は、石川県七尾市能登島北岸にある水族館である。愛称ならびに通称のとじま水族館で、公式のウェブサイトや施設案内などではこの名称が使用される。

概要[編集]

石川県唯一の水族館であり、のとじま臨海公園の中核施設である。500種、約40,000匹の能登半島近海の魚介類を中心に展示している。

カマイルカフンボルトペンギンが泳ぐトンネル水槽(長さ22m、水量1,600トン)は当水族館の見所であり、国内最大級である。「海の自然生態館」ではジャイアントケルプの大水槽(高さ7m、幅12m)をはじめ、ゴマフアザラシコツメカワウソの水槽も設置されている。

2009年平成21年)8月、パノラマ大水槽の整備が開始。水槽は八角柱型で最長対角距離20m、水深6m、水量1,600トンであり、日本海側最大規模である。[1] 2010年(平成22年)8月20日にはパノラマ大水槽にて「ジンベエザメ館 青の世界」がオープンし、国内の水族館では4番目となるジンベエザメの飼育・展示が開始された[2]2013年の冬には、水槽の前に「こたつ」を設置し、ゆっくりと鑑賞する様に工夫した[3]

2018年に開館以来の大規模なリニューアルを実施[4]。回遊水槽をリニューアルし、日本海側の水族館では初めてプロジェクションマッピングを採用した[5]。また、この回遊水槽には「のと海遊回廊」の名称が付けられている[4][6]

2018年にはトリップアドバイザーによる「日本の水族館ランキング」において第10位にランキングされている[7]

施設内容[編集]

ジンベエザメ館 青の世界
ジンベエザメ館 青の世界
ジンベエザメ館 青の世界
くらげ
イワシ
屋外ショープール

施設の詳細は、公式サイトのみどころ・館内マップを参照。券売所は今まで本館にあったが、2010年(平成22年)8月20日にパノラマ大水槽の場所に移転した。

水槽[編集]

パノラマ大水槽
本館
イルカたちの楽園[8]
  • トンネル水槽(カマイルカ、フンボルトペンギンなど)
  • 海ののぞき窓
海の自然生態館

その他の施設[編集]

歴史[編集]

交通アクセス[編集]

  • 路線バス

脚注[編集]

  1. ^ ジンベエザメ、冷めぬ興奮 のとじま水族館で展示開始[リンク切れ] - 北國新聞
  2. ^ 「すごい迫力」ジンベエザメ遊泳に歓声 のとじま水族館 - 朝日新聞
  3. ^ “こたつに入ってジンベイ観賞 七尾市ののとじま水族館、3台設置”. 北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ(北國新聞). (2014年12月4日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000000096 2019年7月27日閲覧。 
  4. ^ a b “【石川】魚と映像 海中散歩 のとじま水族館 新水槽が完成”. 中日旅行ナビぶらっ人(中日新聞). (2018年4月26日). https://tabi.chunichi.co.jp/odekake/180426odekake_1.html 2019年7月27日閲覧。 
  5. ^ “のとじま水族館 回遊水槽がリニューアル”. 北陸朝日放送YouTube公式チャンネル. (2018年4月25日). https://www.youtube.com/watch?v=5vWwrSUEg9I 2019年7月27日閲覧。 
  6. ^ “のとじま水族館改修 回遊水槽、映像と一体演出 GWの目玉に”. 日本経済新聞. (2018年1月11日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25578960R10C18A1LB0000/ 2019年7月27日閲覧。 
  7. ^ “トリップアドバイザー「旅好きが選ぶ!日本の動物園・水族館ランキング2018」、1位はアドベンチャーワールド”. 観光経済新聞. (2018年9月30日). https://www.kankokeizai.com/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%80%8C%E6%97%85%E5%A5%BD%E3%81%8D%E3%81%8C%E9%81%B8%E3%81%B6%EF%BC%81%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%8B%95/ 2019年7月27日閲覧。 
  8. ^ 森見登美彦の小説『恋文の技術』では主人公の守田がイルカに心を癒される場面がある。
  9. ^ “国内のラッコ8頭に 輸入規制、雄の「草食化」進む”. 産経ニュース. (2019年5月27日). https://www.sankei.com/life/news/190527/lif1905270018-n1.html 2019年7月27日閲覧。 
  10. ^ “イルカの人工尾びれを当社ゴム技術により製作 - 尾びれを失った のとじま水族館のカマイルカに装着 -” (プレスリリース), ブリヂストン, (2010年5月19日), https://www.bridgestone.co.jp/corporate/news/2010051901.html 2019年7月27日閲覧。 
  11. ^ “リュウグウノツカイ泳ぐ 水族館で"貴重な姿"”. テレ朝news. (2015年12月22日). https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000064931.html 2019年7月27日閲覧。 
  12. ^ “生きたまま初展示 のとじま水族館で深海魚「リュウグウノツカイ」”. 北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ(北國新聞). (2015年12月22日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000005379 2019年7月27日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]