蓼科アミューズメント水族館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
蓼科アミューズメント水族館
蓼科アミューズメント水族館2.JPG
施設情報
正式名称 蓼科アミューズメント水族館
専門分野 淡水域生物
事業主体 株式会社蓼科水族館[1]
管理運営 株式会社蓼科水族館
開館 1993年
所在地 391-0301
長野県茅野市北山4035-2409[2][3]
位置 北緯36度03分59.66秒 東経138度18分09.95秒 / 北緯36.0665722度 東経138.3027639度 / 36.0665722; 138.3027639座標: 北緯36度03分59.66秒 東経138度18分09.95秒 / 北緯36.0665722度 東経138.3027639度 / 36.0665722; 138.3027639
アクセス 茅野駅からバスで60分[2]
諏訪ICから車で25km[2]
公式サイト http://www.tateshina-aquarium.jp/
テンプレートを表示

蓼科アミューズメント水族館(たてしなアミューズメントすいぞくかん)は、長野県茅野市にある日本一標高の高い水族館

概要[編集]

1993年に開業。標高1750mの蓼科高原に位置し、世界最高所の水族館。内陸県である長野県にあるため、世界各国の淡水魚が数千匹飼育されている。2010年2月24日に運営会社の蓼科観光開発株式会社の経営破綻により閉鎖をしていたが、新運営会社であるアクアシアたてしな株式会社によって2012年7月に再オープンとなったが、2014年6月26日より、新運営会社である株式会社蓼科水族館によって経営されている。

閉園後から現在までの経緯[編集]

  • 2010年2月24日に運営会社である「蓼科観光開発」が運営する多くの施設で観光客の減少などの経営不振を受け、水族館単体では成立していたものの閉園した。その後、水族館の建物や土地は競売に出され、後に「株式会社たてしな」に購入された。水族館で飼育されたフンボルトペンギンなどの動物の一部は競売前に他の施設に譲与されたが、ほとんどの動物は閉園後も飼育されていた。しかし、100万円以上の光熱費・10万円以上の動物の餌代の維持費がかかった。
  • その後、2012年6月に株式会社たてしなの経営者の知人が設立した「アクアシアたてしな株式会社」が水族館部分の経営を再開し、2012年7月14日に再開園した。[4] [5]
  • 2014年3月末に経営者が経営を放棄し、従業員によって運営は継続された。2014年6月26日に、それまでの従業員によって設立された「蓼科水族館」によって経営を継承された。

歴史[編集]

  • 1993年平成5年) - 開園する。
  • 2010年(平成22年)2月24日 - 運営会社の蓼科観光開発株式会社の経営破綻により閉園する。
  • 2012年(平成24年)7月14日 - 新運営会社であるアクアシアたてしな株式会社が経営を継承することにより、再開園する。[4]
  • 2014年(平成26年)6月26日 - 株式会社蓼科水族館により経営が継承される。

特徴[編集]

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 蓼科アミューズメント水族館」より(2014年4月17日閲覧)。
  2. ^ a b c d e 蓼科アミューズメント水族館「アクセス」より(2014年4月17日閲覧)。
  3. ^ 座標はジオロケーター 日本語版にて「蓼科アミューズメント水族館」をキーワードに検索して得た(2014年4月17日閲覧)。
  4. ^ a b 蓼科の水族館14日再開 2年5カ月ぶり、ピラルクー健在”. 信越観光ナビ. 2014年8月17日閲覧。
  5. ^ 蓼科アミューズメント水族館:譲渡先決まらず!”. 京都政経調査会. 2014年8月17日閲覧。
  6. ^ ドッグラン”. 蓼科アミューズメント水族館. 2014年8月17日閲覧。

外部リンク[編集]