もぐらんぴあ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 久慈地下水族科学館
および
石油文化ホール
Mogurampia 1.jpg
もぐらんぴあの位置(日本内)
もぐらんぴあ
もぐらんぴあ
久慈地下水族科学館および石油文化ホール
施設情報
正式名称 久慈市国家石油備蓄基地トンネル利用施設
愛称 もぐらんぴあ (moguranpia)
専門分野 水族館
石油備蓄技術
事業主体 久慈市
日本地下石油備蓄株式会社
管理運営 水族館:あくあぷらんつ(指定管理者
開館 1994年平成6年)4月
閉館 2011年(平成23年)3月11日営業休止
所在地 028-7800
日本の旗 日本岩手県久慈市侍浜町字麦生[1]1-43-7
位置 北緯40度13分16.4秒 東経141度48分57秒 / 北緯40.221222度 東経141.81583度 / 40.221222; 141.81583
アクセス
外部リンク http://www.moguranpia.com/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

もぐらんぴあは、岩手県久慈市にある、同市が建設した「久慈地下水族科学館」と日本地下石油備蓄株式会社が建設した「石油文化ホール」による複合施設で、三陸海岸久慈湾北岸にある。東北地方太平洋沖地震東日本大震災)に伴う津波で被災して営業休止となったが、場所を移して「もぐらんぴあ まちなか水族館」として再開した。その後、2016年に元の場所で営業を再開した。

沿革[編集]

久慈地下水族科学館の概要[編集]

久慈地下水族科学館(くじちかすいぞくかがくかん)は、日本で唯一の地下水族館で、約200種類2,000匹程度の魚介類が展示されていた。トンネル水槽では頭上を魚が泳ぎ、地中にあって海中にいるような体験が出来た。2011年3月11日の東日本大震災で被災して以降休業中であったが、市街久慈駅前の空き店舗を利用し「もぐらんぴあ まちなか水族館」として仮営業していた。その後、2016年に再開。

水槽[編集]

以下の展示概要は被災前のものである。

石油文化ホール[編集]

石油文化ホール(せきゆぶんかホール)は発破体験スペースや石油インフォメーションシアターがあった。2011年(平成23年)3月11日の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)での被災以降休業している。 2016年に水族館同様再開。シアターは管理棟2Fに移動した。

もぐらんぴあ まちなか水族館[編集]

もぐらんぴあ まちなか水族館(2015年8月)

2011年(平成23年)5月、国の緊急雇用創出事業を活用して「もぐらんぴあ」を移転・再開することが決定し、市中心部にある空き店舗だった旧中村家具店(久慈市中央2-9)の1階を改装して同年8月5日に「もぐらんぴあ まちなか水族館」として開館した[10]鶴岡市立加茂水族館山形県)からクラゲ4種30点、サンシャイン国際水族館東京都)からは大型水槽、毎年夏に「もぐらんぴあ」でトークショーを行ってきたさかなクンからは自身のコレクションの魚やイラストが贈られるなど、様々な支援を受けた[10]。2013年3月、さかなクンからフグなど約100匹が寄贈された[11]

もぐらんぴあ移転後、まちなか水族館として使用された同施設には「あまちゃんハウス」が移設された。

交通アクセス[編集]

水槽以外の設備[編集]

地下
  • 地下水族館 もぐらんぴあ展示
    • 展示内容については「水槽」の項目を参照。
  • 石油文化ホール
1階
  • 受付
  • 売店
    • オリジナルグッズコーナー
    • 地元の特産品コーナー
2階
  • 石油シアター
  • 展示室
    • 企画展示が行われている。それぞれ周期的に春休み、夏休み、秋、冬休みと行われている。
3階
  • 防災展示室
4階
屋上
  • 屋上展望台

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「麦生」の読みは「むぎょう」。
  2. ^ もぐらんぴあ営業停止のお知らせ Archived 2011年3月22日, at the Wayback Machine.(久慈市)
  3. ^ さかなクンの頭のフグもいるよ 岩手・久慈に水族館開館 - 朝日新聞、2011年8月5日
  4. ^ もぐらんぴあ まちなか水族館”. 岩手県観光ポータルサイト いわての旅. 2016年4月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年3月31日閲覧。
  5. ^ “「4年7カ月、ありがとう」 久慈・まちなか水族館が閉館”. デーリー東北新聞社. Yahoo!ニュース. (2016年4月1日). オリジナルの2016年4月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160428041901/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160401-00010008-dtohoku-l03 2016年4月23日閲覧。 
  6. ^ 【久慈】もぐらんぴあ再建へ 14年度再開、防災機能強化 - 岩手日報、2012年1月24日
  7. ^ “【久慈】入館ぐんぐん20万人 まちなか水族館人気”. 岩手日報. (2014年8月13日). オリジナルの2014年8月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140819083617/http://www.iwate-np.co.jp/hisaichi/y2014/m08/h1408131.html 2014年8月18日閲覧。 
  8. ^ “もぐらんぴあ4月23日再開 久慈、募金目標も達成”. 岩手日報. (2016年1月29日). http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20160129_3 2016年3月11日閲覧。 
  9. ^ “被災水族館が5年ぶり再開  岩手の「もぐらんぴあ」”. 岩手日報. (2016年4月23日). https://www.iwate-np.co.jp/newspack/cgi-bin/newspack_c.cgi?c_lifestyle_l+CO2016042301001286_1 2016年4月23日閲覧。 
  10. ^ a b M9.0東日本大震災デーリー東北 2011年7月15日)
  11. ^ さかなクン 被災地水族館の壁画描きフグなどを100匹寄贈

外部リンク[編集]