大分マリーンパレス水族館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大分マリーンパレス水族館
Umitamago1.JPG
施設情報
正式名称 大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
愛称 うみたまご
前身 大分生態水族館 マリーンパレス
事業主体 株式会社マリーンパレス
開館 2004年(平成16年)4月1日
所在地 870-0872
大分県大分市高崎山下海岸
位置 北緯33度15分31.6秒 東経131度32分8.0秒 / 北緯33.258778度 東経131.535556度 / 33.258778; 131.535556座標: 北緯33度15分31.6秒 東経131度32分8.0秒 / 北緯33.258778度 東経131.535556度 / 33.258778; 131.535556
テンプレートを表示

大分マリーンパレス水族館(おおいたマリーンパレスすいぞくかん)は、大分県大分市高崎山下海岸にある水族館である。通称は、うみたまご

1964年に大分生態水族館マリーンパレス(おおいたせいたいすいぞくかんマリーンパレス)として開館。2004年4月1日にリニューアル開業して、大分マリーンパレス水族館「うみたまご」となった。民放では、ニュースなどで「うみたまご」というが、NHKでは、「マリーンパレス」と放送している。[要出典]

概要[編集]

2004年4月1日に旧「大分生態水族館マリーンパレス」が、およそ3倍の規模にリニューアル開業したもので、約500種、15,000点[1]を展示する水族館である。別府湾に面した国道10号大分 - 別府間(別大国道)沿いの、別府市との市境から約1.8kmの位置にある。道路を挟んで高崎山自然動物園と隣接しており、歩道橋で行き来が可能である。

セイウチが腹筋をするCMなどで2005年に「第44回福岡広告協会賞」の金賞を受賞。2005年7月号「日経トレンディ」誌上の「動物テーマパークランキング(水族館部門)」で、全国第2位に選定された[2]。2015年の「ゴールデンウイーク観光動向調査」における、県内観光施設入場者数第1位[3]

歴史[編集]

大分生態水族館マリーンパレス[編集]

  • 1964年 - 開業。
  • 1966年 - 世界初、魚の曲芸を実現し、入場者数100万人を突破した。
  • 1971年 - 「株式会社大分生態水族館」から「株式会社マリーンパレス」へ社名変更。
  • 2002年12月1日 - リニューアルのため閉館。
    旧マリーンパレスは、高崎山自然動物園を手がけた元大分市長上田保の立案によるものである。世界初の潮流式回遊水槽[4]を実現するなどした水族館で[5]、開館から7年間、日本国内で入場者数が1番多い水族館であった[6]。また、開業以来研究部を設けて学術研究[7]も行っている。別大国道の拡幅工事にともなって旧館は取り壊され、歩道および道路となった。

大分マリーンパレス水族館「うみたまご」[編集]

  • 2004年4月1日 - リニューアル開業するとともに、名称を大分マリーンパレス水族館「うみたまご」に変更。
  • 2005年10月23日 - リニューアル開業から1年半で、通算入館者数200万人を突破[8]
  • 2009年5月4日 - リニューアル開業以来の通算入館者数が500万人を達成[9]
  • 2015年4月18日 - 新施設「あそびーち」オープン[10]

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ うみたまごにいく 水族館「うみたまご」
  2. ^ バックナンバー(お知らせ 2005年) 水族館「うみたまご」
  3. ^ ゴールデンウィーク観光動向調査結果 (PDF) 大分県企画振興部観光・地域局観光・地域振興課、2015年5月7日
  4. ^ しかし、水圧に耐えうるガラス板を国内では調達できず、イギリスのピルキントンからの特注品であった。後の大分県知事となる平松守彦は、この特注品の輸入に関っている。
  5. ^ 中川郁二『ロマンを追って 元大分市長上田保物語』最終章「思考回路」 (PDF)
  6. ^ マリーンパレスの歴史 1970年代 大分マリーンパレス水族館50周年記念サイト
  7. ^ 主な業績として、シマアジの完全養殖法の確立がある。
  8. ^ バックナンバー イベント 2006年
  9. ^ 大分市「うみたまご」 入館者500万人突破 福岡県・川野さんに記念品
  10. ^ 目輝かせ「触れたよ」 うみたまご「あそびーち」オープン 大分合同新聞、2015年4月18日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]