犬吠埼マリンパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
犬吠埼マリンパーク
Inubosaki Marine Park 2015.jpg
外観(2015年5月5日撮影)
施設情報
正式名称 犬吠埼マリンパーク
専門分野 総合
事業主体 株式会社犬吠埼マリンパーク
管理運営 株式会社犬吠埼マリンパーク
頭数 2,500点[1]
種数 230種[1][2]
最大水槽容量 5t(イワシ水槽)[3]
来園者数 約12万人(2000年代初頭)[4]
主な飼育動物
開館 1954年7月13日[7]
閉鎖 2018年1月31日[8]
所在地 288-0012
千葉県銚子市犬吠埼9575-1
位置 北緯35度42分25.7秒 東経140度51分54.6秒 / 北緯35.707139度 東経140.865167度 / 35.707139; 140.865167座標: 北緯35度42分25.7秒 東経140度51分54.6秒 / 北緯35.707139度 東経140.865167度 / 35.707139; 140.865167
アクセス 銚子電気鉄道線犬吠駅から徒歩約10分[2][9]
テンプレートを表示

犬吠埼マリンパーク(いぬぼうさきマリンパーク[2]英語: Inubosaki Marine Park Aquarium[5])は、千葉県銚子市にあった水族館犬吠埼の上、太平洋を見下ろす高台に位置した[10]イルカの繰り出す高いジャンプにより客席に水しぶきのかかるイルカショーも人気だった[2][6][9][11][11]

博物館法上の「博物館相当施設」である[12]日本動物園水族館協会(JAZA)には加盟していない[12]

2018年1月31日をもって閉館した[8]

建物と館内[編集]

外観はピンク色で[10]内装タイル張りだった[6]。1階は「オーシャンホール」の名で南米アマゾン川淡水魚ゴマフアザラシアフリカワニなどを展示し、銚子漁港で多く水揚げされるイワシの大水槽も備えていた[5]。2階の「ファンタジーコーナー」はエイカニサメなどを、最奥部の「洞窟水槽」ではミズダコや北の海の生物を展示していた[5]。屋上は展望台になっていた[5]

入り口には卵からかえった恐竜の子の像があり、館内展示室へは恐竜の足の間をくぐって入った[10]。『決定版 日本水族館紀行』では、こうした演出を、犬吠埼の崖が白亜紀であり、「白亜紀を体感してもらおうという水族館側の心遣いである」と解説している[10]。ただし、この恐竜はジュラ紀後期に生息したディプロドクスであり[1][2][5]、恐竜が設置された1993年当時、新聞の取材に対し担当者は「最近の恐竜ブームに便乗できれば」とコメントしている[13]。館内の恐竜は、コンピュータ制御で人の通過を感知して首を振ったり、霧状の水を噴射したりすることができた[13]

館内に食事処「海龍亭」があり、太平洋を眺望しながら食事ができた[11]1997年時点ではレストラン「カリビアン」もあった[5]。土産物店では、銚子特産のヒゲタ醤油の「本膳」を使用した「しょうゆロールケーキ」というオリジナル商品を販売していた[14]

歴史[編集]

1954年7月13日開館[7]。当時の名称は「銚子水族館」だった[15]。開設したのは銚子市で、運営は銚子市観光協会が行っていた[4]

1963年に「京成マリンパーク犬吠埼水族館」となる[15]。当時の京成電鉄千葉交通銚子電気鉄道を傘下に収め、ホテルを建設するなど銚子の観光地化に乗り出しており、その一環として水族館を銚子市から譲渡された[16]。この頃、犬吠埼灯台が年間16万人余の観光客を集めていたのに対して、水族館の入館者数は9万人余だった[16]1974年6月に鉄筋3階建ての施設として開館している[17]

当時、東京動物専門学校永世理事長の川原義郎(1926年 - 2012年11月)が開館に協力した事が知られている。

『千葉大百科事典』によると、1980年代には1億年前の化石を展示し、屋外の庭園は海浜植物園になっていたという[7]。当時は魚類を103種3000点余、その他の水族(軟体動物節足動物腔腸動物棘皮動物)を36種約500点飼育していた[17]

1984年に、京成電鉄の撤退を受けて、水族館内にテナントとして出店していた富士食品が6億円で水族館を買収し、土地と建物を所有。富士食品が出資する子会社「犬吠埼マリンパーク」が富士食品からの委託の形で運営することとなった[18]。館内のレストランと土産物店は富士食品の直営とした[18]。富士食品による経営体制となって以降は毎年、銚子市内の幼稚園児や小学生らを無料招待することで社会貢献してきた[4]

(銚子海洋研究所の所長である宮内はマリンパークのイルカの元飼育員であり、マリンパークでイルカウォッチングを企画したことで知られている)

1993年7月20日、全面改修の上、再開館した[13]。この時の改修で恐竜を設置し、6つのゾーンを新設、お土産館を併設した[13]。展示する生物も約350種約6,000点に拡充し、当時約20万人弱という低迷する入館者数の増加を図った[13]

全国各地からイルカトレナーが研修に来る水族館としても知られていた。

2002年2月28日、親会社の富士食品が千葉地方裁判所八日市場支部民事再生法の適用を申請し、倒産した[18]。これに先立つ同年1月に、犬吠埼マリンパークの経営は富士食品から切り離されており、再生手続き開始の翌日には従来通り水族館の営業を続けることを会長が表明した[4]。富士食品は1959年東京都で弁当の仕出し業者として創業し、最盛期にはレストランを東京都や千葉県で多店舗展開してかなりの資産があったとみられるが、それらを閉鎖した後、1998年12月に犬吠埼マリンパーク内に本社を移転した[18]負債総額は約10億円であった[4]。富士食品は犬吠埼マリンパークから賃貸料収入を得て、20年計画で負債を返済することとなった[4]東日本大震災では、震災後の風評被害によって、入場者が大幅に減少した[19]。最盛期の入場者は年間30万人であったが、2011年の東日本大震災を境に来観客数が大幅に落ち込み、近年は4万-5万人で推移していた[19]。2018年1月29日の発表で同月末での閉館が発表され、31日に閉館となった[8]

ろ過装置が故障してろ過能力が半減し応急的に処置してある状態だった。

閉園前の数年間を見ると赤字から黒字経営に転じた。[要出典]マリンパークは閉館時には設備の工事中で立ち入り禁止の箇所があり、何らかの設備(ろ過装置と言われている)を修復していると思われるが詳細は不明である。

2019年1月時点でも、展示動物だったバンドウイルカ1頭、フンボルトペンギン46羽のほか魚類や、両生類、爬虫類などが残っている。

閉園後も飼育スタッフが餌やりなど世話をしつつ、譲渡先を探している模様で、千葉県庁が動物愛護法に基づく立ち入り調査を月1回程度行っている[20]

2019年4月下旬までには新たな売却先との交渉を最終的にまめる事に決定している。

運営会社[編集]

富士食品株式会社と犬吠埼マリンパーク株式会社は同族経営で平林良吉の家族や親族で構成、経営されている。

富士食品株式会社[編集]

  • 代表取締役 平林良吉
  • 取締役 平林弘充
  • 取締役 須見誠
  • 監査役 平林美恵子

犬吠埼マリンパーク株式会社[編集]

  • 代表取締役 平林良吉
  • 代表取締役 平林弘充
  • 取締役 平林美恵子
  • 取締役 須見誠
  • 監査役 平林克友

主な飼育動物と展示[編集]

館内の水槽
フンボルトペンギン

銚子市沖が寒流暖流の衝突する海域であることから、寒流・暖流両方の海水魚を展示するとともに、淡水魚も飼育していた[1]。また爬虫類も飼育され[7]、小さな水族館ではあるものの各種の生物が揃っていた[6]。飼育動物の解説文は職員の手書きで作られていた[9]漢字ルビを振って子供たちが読めるように配慮され、「ヒメツバメウオ ひし形の体」など特徴的な解説がなされていた[21]イルカアザラシペンギンは屋外で展示していた[10]。なお2011年時点の飼育員は4 - 5人[10]


マリンパークに通いつめた水族館マニアが調べて書いた!

  • バンドウイルカ[2][5][11] - 2013年には4頭のイルカを飼育していた[22]。このうちの1頭は2005年6月26日に犬吠埼マリンパークで誕生しており[23]、公募により「マリン」と名付けられた[24]
    • エル(オス)は2013年のショーには出ていた。
    • マリン(オス)
    • ビィ(メス)は2017年に死亡。1993年、壱岐で捕獲された野生個体
    • 最後に一頭になったハニー、そのハニーも体調不良のために2017年12月よりイルカショーは中止された[19]
なお、バンドウイルカのエポに関しては2000年代始め頃に他の水族館に譲渡したと伝えられているとも言われている。私は当時から現在まで全国の水族館巡りマニアであるが何度もマリンパークに通っているためこの事をマリンパーク側に直接質問した事がある。その時には「他に移動したが内訳は答えられない」とのことだった。
  • フンボルトペンギン[1][2][6] - 翼に色付きのリングが付いており、個体別に性格が記された解説板がある[6]。飼育員の解説付きの「ごはんタイム」を実施している[2]。幸せに長生きするように麺類をもじった名前が付けられていた。人気者のカルボはカルボナーラをもじった名前である。犬吠埼ホテルに貸し出されたフンボルトペンギンは犬吠埼ホテルの公募により名前が決まった。(サキは犬吠埼の崎から考えられて応募された名前らしい)
  • ゴマフアザラシ[2][6] - 「ごはんタイム」を実施しており、2頭のアザラシがキスをする姿を見られることがある[2]。実はオス同士。
  • 2001年3月11日生まれのゴウ、1999年4月10生まれのコスケの雄の2頭が飼育されていた。
    • コスケは北海道から引き取ったそうで、ゼニガタアザラシとゴマフアザラシの混血。
    • 今の水族館や動物園は種の保存という目的のために遺伝子を重要視するようだ。しかし、古い小さい水族館はゴマフとゼニガタを分けられず混血アザラシが誕生する可能性もある。このような場合、コスケたちは雑種として扱われる。それでもコスケたちは北海道で幸せに暮らしていたが、事情によりいられなくなり、マリンパークが引き取り、混血であると看板に書き、このことを質問した観客にも伝えていた。
  • 犬吠埼マリンパークに通い続けた水族館マニアが、見たことのある生き物を記載する!

飼育されていたことがある淡水魚(淡水生物)[編集]

  • ピラルク[1][5]
  • アジアアロワナ[25]
  • ブラックコロソマ
  • レッドテールキャット
  • アジアン・レッドテール
  • タイガーシャベルノーズキャットフィッシュ
  • スポッテッドガー
  • ショートノーズガー
  • ロングノーズガー
  • ボドワード
  • オキシドラス
  • カイヤン
  • ヘテロブランクス・クララ
  • プロトプテルスドロイ
  • ナイフフィッシュ
  • カムルチー
  • デンキウナギ
  • エレファントノーズ
  • ブラックゴースト
  • トランスルーセントグラスキャットフィシュ
  • サカサナマズ
  • コリドラスアエウネス
  • オーネイトキャット
  • ダトニオ
  • オスフロネームスグラミー
  • フラミンゴシクリッド
  • フロントーサ
  • テアトラティックターポン
  • テッポウウオ
  • リーフフィッシュ
  • ピラニアナッテリー
  • イエローピラニア
  • アルタムエンゼル
  • レッドロイヤルブルーディスカス
  • ブラインドケーブ・カラシン
  • ブラックファントム
  • レッドミッキーマウスプラティ
  • グッピー
  • プリステラ
  • カージナルテトラ
  • コンゴテトラ
  • ペンギンテトラ
  • ラビドクロミス・カエルレウス
  • メダカ
  • 金魚
  • アオウオカネヒラ
  • マナマズ
  • ホワイトザリガニ

飼育されていたことがある海水魚(海洋生物)[編集]

  • マイワシ[1]
  • マサバ
  • イサキ
  • クロダイ
  • スズキ
  • ギンガメアジ
  • ツバメウオ
  • ツノダシ
  • チョウチョウオ
  • トゲチョウチョウオ
  • ミゾレチョウチョウオ
  • イロブダイ
  • ブチブダイ
  • ヒブダイ
  • バラフエダイ
  • ニザダイ[6]
  • コロダイ
  • アヤコショウダイ
  • ヨスジフエダイ
  • ナンヨウハギ
  • モンガラカワハギ
  • サザナミトサカハギ
  • ナミダクロハギ
  • ソウシハギ
  • アミメフエダイ
  • チホゼリ
  • メガネモチノウオ
  • スギ
  • クエ
  • ヤイトハタ
  • タマカイツ
  • ドチザメ[6]
  • ネコザメ[6]
  • コバンザメ
  • シロボシテンジク
  • アカエイ[6]
  • アオウミガメ[6]
  • アカウミガメ[6]
  • タカアシガニ[1]
  • ウツボ[6]
  • ミゾレウツボ
  • ミノカサゴ
  • オニダルマオコゼ
  • カエルアンコウ
  • チンアナゴ
  • ニシキアナゴ
  • ハタタテハゼ
  • キイロサンゴハゼ
  • ヤマブキハゼ
  • カニハゼ
  • スポッテッドマンダリン
  • スミレナガハナダイ
  • タカサゴ
  • カクレクマノミ
  • デバスズメダイ
  • ミスジリュウキュウスズメダイ
  • ミツボシクロスズメダイ
  • オジサン
  • アカヒメジ
  • ハリセンボン
  • ネズミフグ
  • へコアユ
  • メニイリングド・パイプフィッシュ
  • サカサクラゲ
  • ミズダコ
  • ヒトデ
  • ウメボシイソギンチャク
  • カブトガニ
  • イバラタツ

飼育されていたことがある爬虫類・両生類[編集]

  • アフリカツメガエル
  • ウーパールーパー[6]
  • イベリアトゲイモリリューシ(水中イモリ)
  • ヒョウモントカゲモドキ
  • タイガーサラマンダー
  • メガネカイマン[5]
  • グリーンイグアナ[5]
  • マングローブオオトカゲ
  • インドシナウォータードラゴン
  • スッポンモドキ
  • アカミミガメ
  • クサガメ
  • ワニガメ
  • フロリダカミツキガメ

飼育、保護された事のあるその他の生物[編集]

  • 元野良猫(保護)マリンパークの敷地内に住み着いた?又は捨てられた猫?を館内で飼育していた。
  • シナガチョウ(詳細不明)
  • 2001年2月11日、10時頃、茨城県鹿島郡波崎町で地域住民、サーファー、大洗水族館職員、鹿嶋警察署らが小型の鯨で大人で2.7&nbspm程になるカズハゴンドウ53頭が座礁したということで救助活動を行った。座礁時にはかなり衰弱して瀕死の状態だったようで、15時までに波崎町が死亡個体を埋却。大洗水族館が生存個体3頭(雌)を保護するが輸送中1頭死亡、2001年2月16日および2001年2月19日に各1頭死亡。犬吠埼マリンパークも1頭保護するが2001年2月28日死亡。東大、千葉大、水工研らが調査し最低20頭の漂着と14頭以上の死亡を確認。大洗水族館、国立科博で死亡個体を剖検。「情報出典:「日本沿岸のストランディングレコード(1901 - 2012)」

イルカショー[編集]

イルカショー

イルカショーはマリンパーク最大の呼び物であった[1]。使用されていたプールが小型で[6]、プールと客席が近く、水面高く設定されており、イルカがジャンプすると水しぶきが客席の前列に降り注いだ[2][6][9][11]。その迫力に圧倒され、終演後も立ち上がらない観客もいた[1]

ショーは平日4回、休日5回開催されていたが、天候不順時は中止されていた[11]。2017年12月よりイルカの頭数減少と体調不良(単なる風邪)のため、イルカショーは中止されていた[19]

営業時間とアクセス(閉館前)[編集]

交通[編集]

犬吠埼灯台から西へ約200m[17]

鉄道
自家用車

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 東京地図出版(2010):102ページ
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q ぴあ株式会社(2013):71ページ
  3. ^ “水族館―水と魚のファンタジー”. 日経新聞: 首都圏情報8ページ. (1989年1月21日) 
  4. ^ a b c d e f "犬吠埼マリンパーク「従来通り」営業継続 銚子市も支援検討"朝日新聞2002年3月2日付朝刊、千葉版35ページ
  5. ^ a b c d e f g h i j k l アベスプランニング 編(1997):32ページ
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 中村・中村(2007):110ページ
  7. ^ a b c d 千葉日報社 編(1982):62ページ
  8. ^ a b c “千葉の水族館「犬吠埼マリンパーク」閉館へ”. 日経新聞. (2018年1月29日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26279630Z20C18A1L71000/ 2018-01-30日閲覧。 
  9. ^ a b c d e 辰巳出版(2012):102ページ
  10. ^ a b c d e f 島・阿部(2013):134ページ
  11. ^ a b c d e f g h i j k 東京地図出版(2010):103ページ
  12. ^ a b 平成25年度第1回動植物園等公的機能推進方策のあり方検討会 議事次第”. 環境省 (2013年10月24日). 2015年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月6日閲覧。
  13. ^ a b c d e 「水族館にコンピューター制御の恐竜出現 犬吠埼マリンパーク」朝日新聞1993年7月21日付朝刊、千葉版
  14. ^ H26推奨品ページ-犬吠埼マリンパーク”. 銚子商工会議所 (2014年). 2015年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月6日閲覧。
  15. ^ a b 杉田 編(2014):カラー口絵「日本の水族館(1882〜2012年)」
  16. ^ a b 青野・尾留川 編(1967):217ページ
  17. ^ a b c 人文社観光と旅編集部 編(1983):121ページ
  18. ^ a b c d 「犬吠埼マリンパーク親会社の富士食品が倒産 民事再生を申請」朝日新聞2002年3月1日付朝刊、千葉版35ページ
  19. ^ a b c d 突然の幕引きに惜しむ声 犬吠埼マリンパークあす閉館 千葉 産経新聞 2018年1月30日 7:55配信
  20. ^ 「水族館イルカ行き場なし/銚子、1月閉館 ペンギン46羽も」『読売新聞』夕刊2018年8月28日(社会面)2018年9月3日閲覧
  21. ^ 島・阿部(2013):135ページ
  22. ^ 杉坂ゆかり・辺見栄 (2013年7月). “日本の施設で飼育されているイルカたち―水族館はイルカの飼育に適しているか?―”. ヘルプアニマルズ. 2015年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月6日閲覧。
  23. ^ 「思いがけぬ誕生 犬吠埼マリンパークでイルカ出産」朝日新聞2005年7月13日付朝刊、千葉版35ページ
  24. ^ 「名はマリン、見に来てね 銚子の水族館にイルカの赤ちゃん」朝日新聞2006年1月12日付朝刊、千葉版29ページ
  25. ^ "「珍魚アジアアロワナ」元日から公開 銚子の犬吠崎マリンパーク"朝日新聞1991年12月26日付朝刊、千葉版


参考文献[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]