ミズダコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミズダコ
Enteroctopus dolfeini.jpg
カリフォルニア沖のミズダコ
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Cephalopoda
: 頭足綱 Cephalopoda
: 八腕形目 Octopoda
: マダコ科 Octopodidae
: ミズダコ属 Enteroctopus
: ミズダコ E. dofleini
学名
Enteroctopus dofleini
(Wülker, 1910)[1]
和名
ミズダコ
英名
North Pacific Giant Octopus
Enteroctopus dofleini Range.svg
分布

ミズダコミズタコ(水蛸、学名Enteroctopus dofleini)は軟体動物八腕類上目マダコ科に属するタコの一種で、世界最大のタコでもある。別名オオダコ(大蛸)とも言う。

分布[編集]

寒海性のタコで、主に日本東北地方以北の海に広く分布し、北太平洋が主な生息場所になる。カナダをはじめ、北アメリカ沿岸部にも生息している。

特徴[編集]

タコ類最大だけあって体、吸盤ともに非常に大きい。体長は足(腕)を広げると3-5m、体重も10-50kgにもなり、最大記録では体長9.1m、体重272kgに達する[2]。口のカラストンビは人の握り拳大ほどもあり、これで餌であるカニ甲羅を咬み砕くと言われるが、他のタコのような唾液のチラミン毒素の強さについては不明。

体のほとんどが柔軟な筋肉であるため力が強く、巨大な個体に絡まれたら人間でも危険である。潜っていたときに襲われ、溺死した例もある。ただし、近づきすぎたり、刺激しない限りは故意にダイバーを攻撃することはない。陸上では水中と違い、重い体重を支えることはできず、動けなくなってしまう。

カナダ方面では大型化し、体長3.5mにも達する大物も少なくないと言われるが、生息地域が寒い海ということもあり、マダコなどに比べれば、まだまだ生態的に未解明な部分が多い。

生態[編集]

餌は主にケガニタラバガニなどの大型甲殻類や、魚類ホタテガイのような貝に、ウニ等も手当たり次第にその巨体を良いことに捕獲し、貪欲に食べてしまう。本種が最大のタコでいられるのも、寒い海に生息するそれら大型甲殻類などの餌が豊富であり、そのために寒海には住めない他のタコ類との競争も減り、大型化していったと考えられる。

天敵はイルカラッコアザラシトドといった海生哺乳類に、サメ類などの大型魚類などで、襲われると周囲のものに擬態したり、墨を吐いて逃走するが、それらに捕食されるのは小さな個体である場合が多く、巨大な個体なら逆にサメを捕食してしまう事すらあるほどの力を持っていて、充分に育った成体にはあまり敵はいないだろうとも思われる。また水族館では、同じ水槽内にいたアブラツノザメを攻撃し死亡させた例もある[3]

他の多くのタコと同じく、寿命は2-3年とされていて、雄は雌と交尾した後、雌は卵を守り、孵化を見届けた後に一生を終えるが、地域別には4年ほども生きる個体もいるといわれる。

雌雄の違いは雄の方が体も吸盤も大きく、相手を捕らえて抱え込んだり、吸い付く力も強力だとされているが、その吸盤の大きさから配列は大小ともに歪な感じがする。雌は雄に比べて、吸盤の配列や大きさが、比較的均等になっている。

また、他のタコや周囲の状況に擬態したり、迷路を解いたりするなど高い知能を有している[2]

日本での利用[編集]

捕獲、展示されたミズダコの雄

本種は人間によって食用目的に捕獲されている。体が大きい分、水産上重要種と見なされ、蛸壺にて漁獲されている。また、マダコの流通が少ない北海道東北でのタコというと大抵は本種であり、北海道では本種の漁獲高が最も多い。現在、需要が高いが、乱獲による個体数の減少も懸念されている。北海ダコという名称で呼ばれることもある。

利用部位[編集]

北海道・東北では、マダコの代わりに各種タコ料理として利用され、正月料理に使われるタコの多くは、ミズダコである。本来タコは、腕(足)の方が利用価値は高い。しかし、産地では、足より胴(頭)の方が食され利用頻度は高い(足よりも頭の方が安いという事情もある)。その他、口(顎板:通称タコトンビ)が食用とされる。ちなみに、タコ卵巣(たこまんま)を食するものは、ヤナギダコである。

マダコに比べて皮膚だけでなく、肉質も柔らかく、水っぽいのでコクが強いマダコよりおいしくないとも言われる。しかし、それが本種の名前の由来にもなっており、また、そのために食感としてはミズダコの方が歯触りが良いともいわれる。体の大きさから含まれるタウリンの多さでもマダコをしのいでいる。メスの方がオスよりも味が良いという意見もある。 また、吸盤が大きいことからミズダコのほうを好む人もいる。

北海道での料理方法として、刺身(足、頭)寿司、たこ焼き(足、頭)の他には、おでんや塩茹で、たこしゃぶ(しゃぶしゃぶ)、燻製酢蛸塩辛(イカの塩辛とは別物)などがある。

その他[編集]

水族館でも飼育され、展示、公開されている。

出典・脚注[編集]

  1. ^ WoRMS”. 2012年7月6日閲覧。
  2. ^ a b ミズダコ”. ナショナルジオグラフィック. 2010年2月14日閲覧。
  3. ^ ナショナルジオグラフィック日本語公式サイト 動画‐動物‐魚類‐衝撃映像 サメVSタコ Archived 2011年2月25日, at the Wayback Machine.

関連項目[編集]