島泰三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

島 泰三(しま たいぞう、1946年 - )は、日本動物学者類人猿学者。

経歴[編集]

山口県下関市[1]出身。自身の著書では生家は鮮魚商で、店は彦島にあったと記している[2]山口県立下関西高等学校を経て東京大学に進学[3]理学部人類学教室に在籍。学生運動に関わり、1968年の佐世保エンタープライズ寄港阻止闘争に参加している[4]。1969年の東大安田講堂事件に際しては、学部生の「本郷学生隊長」として参加。逮捕されて懲役2年の判決を受ける[3]京都大学理学博士号を取得[3]

霊長類の研究を専門とし、「房総自然博物館」(野生のニホンザル研究のために千葉県内に設けられた施設)2代目館長や雑誌『にほんざる』編集長などを歴任[3]2002年以来、NGO日本アイアイ・ファンド代表としてマダガスカル北西部の「アンジアマンギラーナ監視森林」を保護・観察している。アイアイの保護に関する功績によりマダガスカル国第5等勲位シュヴァリエを受けている[5]

2005年に、参加した学生側の視点から東大紛争を記述した『安田講堂 1968 - 1969』を刊行した。

著書[編集]

  • 『どくとるアイアイと謎の島マダガスカル』八月書館、1997年
  • 『アイアイの謎』どうぶつ社、2002年
  • 『親指はなぜ太いのか 直立二足歩行の起原に迫る』中央公論新社<中公新書>、2003年 
  • 『サルの社会とヒトの社会 子殺しを防ぐ社会構造』大修館書店、2004年
  • 『はだかの起原 不適者は生きのびる』木楽舎、2004年
  • 『安田講堂1968-1969』中央公論新社<中公新書>、2005年
  • 『マダガスカル アイアイのすむ島』草思社、2006年
  • 『人はなぜ立ったのか? アイアイが教えてくれた人類の謎』学習研究社、2007年
  • 『孫の力 誰もしたことのない観察の記録』中央公論新社<中公新書>、2010年
  • 『決定版日本水族館紀行』(写真・阿部雄介)木楽舎、2013年
  • 『なぞのサル アイアイ』(絵・笹原富美代) 福音館書店<たくさんのふしぎ傑作集>、2014年
  • 『ヒト 異端のサルの1億年』中央公論新社<中公新書>、2016年
  • 『魚食の人類史 出アフリカから日本列島へ』NHK出版、2020年

共著[編集]

  • 『戦う動物園 旭山動物園到津の森公園の物語』(小菅正夫岩野俊郎著・編)中央公論新社<中公新書>、2006年
  • 『腰・肩・ひざは「ねじって」治す 魔法のリセット・トレーニング』(山内英雄との共著)中央公論新社<中公新書ラクレ>、2014年
  • 『腰・肩・ひざは「ふたりで」治す 魔法のリセット・整体』(山内英雄との共著) 中央公論新社<中公新書ラクレ>、2015年

脚注[編集]

  1. ^ Amazon BOOK著者紹介情報
  2. ^ 島、2020年、pp.4 - 5
  3. ^ a b c d 島、2005年の著者紹介による
  4. ^ 島、2005年、pp.4 - 12
  5. ^ 島、2020年の著者紹介による

関連項目[編集]

  • アクア説 - 批判的意見を著書に記している。