イルカショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
島根県立しまね海洋館におけるシロイルカのバブルリングパフォーマンス
バンドウイルカのショー(城崎マリンワールド

イルカショーとは、主に水族館動物園で行われるイルカのショー形式展示法のこと。

イルカショーは特に水族館において人気が高く、イルカショーを目玉とするところもある。一般には観客席に囲まれたプールでトレーナーが手で合図を出し、イルカが様々な得意技を披露する。現在ではイルカショーという呼び名を用いずにイルカパフォーマンスなどの呼び名を使う施設も多く、その多彩なアクション(演技)をもってイルカの高い知能や運動能力を説明する、科学的な啓蒙を伴う場合もある。

演技[編集]

イルカショーにおける代表的な得意技にジャンプがあり、水中で速度をつけて水面から飛び上がり、ハイジャンプ、ハードルジャンプ、バックスピン、スピンジャンプ、テールキック、ランディングなどを披露する。また飛び上がって空中にぶら下げたボールを嘴でつついたり、尾で叩いたりといったレパートリーもある。

トレーナーを背に乗せて水中を泳いでみせるのもよく見かけるパフォーマンスである。2頭のイルカに片足ずつ乗せる場合もある。水中からプールサイドに乗り上がってみせることもある。その他、小技としては口で旗をくわえて振るとか、胸びれや尾ひれを水面から出して振ってみせる、等もあり、これらは最後の挨拶によく使われる。イルカのアクションを楽しむ以外に、プールサイドから手を伸ばしてイルカに触れるサービス(イルカタッチ)を行っているところもある。

イルカは頭が良く、アクションもそれに大きく支えられており、前述のようにショーの中でイルカの知能を解説する場合もある。また、好奇心が旺盛で、訓練(トレーニング)の際にも餌と笛で馴致(じゅんち)し、基本的にイルカ自身が楽しんでパフォーマンスを行なう様にしており、イルカがやる気を失うと稀にショーを放棄する事もある[要出典]。その反面、ある個体の身につけた演技を同じチームの他の個体が奪ってやって見せた例もある[要出典]

水族館におけるショー[編集]

イルカを飼育している水族館は、多くがイルカショーを行う。マイルカ科のシャチやオキゴンドウなどのクジラを飼っているところでは同様のアクションをさせ、イルカショーの中のプログラムとしたり、独立した別のショーと行なう場合もある。水族館によっては他にアシカなどの海洋性哺乳類やペンギンなどのショーを見せるところもある。なお、アシカショーも同じ舞台で行う例もあるが、どちらかといえば陸上でのショーが多いため、イルカショーの次の準備の間のプログラムに組み込まれて行われる事もある[要出典]

ショー演出[編集]

基本的にはイルカのトレーナーが行う。イルカショーに対して特に力を入れている施設はイルカショーの演出に演出家を起用する施設もある。また、みさき公園(大阪府岬町)では日本で唯一イルカショーに特化した演出家:吉田将義によるショーが日本で初めて実施されている[1][2]

主にアクションを披露する種[編集]

マイルカ科

イッカク科

問題[編集]

健康[編集]

監禁飼育でストレスが大きいという指摘がある[3]。動物調教師のリチャード・オバリー氏は、狭い囲いに監禁するのは視覚に頼る生き物を鏡に囲まれた空間で生活させるようなもので気が狂ってしまうと指摘している[3]。ただし、野生のイルカと飼育下のイルカを実際に比較した研究では、野生のイルカの半数以上が何らかの病気に罹患しており、飼育下のイルカの方が遥かに健康的であるとされている。研究では360頭以上の野生のイルカが検査されたが、野生のイルカからは「新興感染症や腫瘍、抗生物質耐性菌、驚くほど高いレベルの汚染物質」が検出され「臨床的に正常」とされるイルカは半数にも達せず、厳格に管理された飼育下のイルカの方が健康であるとされた[4]

イルカの調達[編集]

イルカの調達が難しくなっている。和歌山県でのイルカの追い込み漁は、日本の水族館での有力なイルカの入手先であり、また捕獲されたイルカは海外16か国にも輸出されてきた[5]。しかし、2009年に追い込み漁をセンセーショナルに取り扱った映画が公開されてからは、環境保護団体からの圧力が強まっている。世界動物園水族館協会は、2015年に日本動物園水族館協会に除名・改善勧告を行った[5]。日本動物園水族館協会を資格停止にしたうえで、1か月以内にイルカの入手方法について改善がない場合は除名するとした[6]。これに従い、2015年5月20日日本動物園水族館協会は、追い込み漁で捕獲されたイルカの購入をやめることを決定した[5]。日本動物園水族館協会は動物園の加盟者の方が多く、世界動物園水族館協会から除名された場合、動物の輸入が困難になるために、世界動物園水族館協会への遺留票が多数を占めた[6]。アメリカでは原則として野生動物の捕獲を禁止しており、水族館にいるイルカの7割は施設内繁殖となっている[5]。しかし小規模の水族館には、繁殖用の設備がなく費用面の問題より新たに設備を整えるのも困難である[5]。韓国済州島では「偶然網にかかった」と偽り、イルカの追い込み漁を行っていたことが問題視され、水族館のイルカを自然に返す試みが実施された。ロシアでも大量のシロイルカシャチが輸出目的で捕獲され劣悪な環境下で管理されていることが露見し、問題となった[7]

イルカ展示自体の取りやめ[編集]

オーストラリアやニュージーランドでは、イルカショーやイルカの展示を取りやめる動きが出ている[5]。その理由は「イルカを閉じ込めるべきではない」という思想によるものとされる[5]。水族館で飼育されているイルカを自然に戻すプログラムも世界各地で開始されている[8]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]