すさみ町立エビとカニの水族館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すさみ町立エビとカニの水族館
Susami Town Crustacean Aquarium.jpg
施設情報
前身 すさみ海立エビとカニの水族館
専門分野 甲殻類
管理運営 (株)ネイチャーネットワーク
開館 1999年4月
所在地 649-3142
和歌山県西牟婁郡すさみ町江住808-1
位置 北緯33度30分16.4秒
東経135度35分19.7秒
座標: 北緯33度30分16.4秒 東経135度35分19.7秒
テンプレートを表示

すさみ町立エビとカニの水族館(すさみちょうりつエビとカニのすいぞくかん)は、和歌山県西牟婁郡すさみ町江住にある水族館である。道の駅すさみに併設されており、紀伊半島近海に生息しているエビカニなどの甲殻類を中心に約150種1000点を展示している。2011年3月から2015年9月まで「すさみ海立エビとカニの水族館」であった。

沿革[編集]

  • 1997年平成9年): 町内にある見老津駅の待合室に、地域おこしのため地元漁師の協力を得て設置した海洋生物の水槽がルーツ[1]
  • 1999年平成11年)4月 : 南紀熊野体験博に合わせて期間限定で開館。
    • 博覧会終了後、すさみ町立としてネイチャーネットワークに運営を委託する形で再開業した[2]。年中無休、入館料無料だった。
  • 2011年(平成23年)3月 : すさみ町からの運営委託料打ち切りにより、ネイチャーネットワークの自主運営となる[2]。これに伴い、すさみ海立エビとカニの水族館と改名。
  • 2015年9月6日 : 移転に伴い「日本童謡の園」にあった旧館を閉館[3]
  • 2015年9月13日 : 道の駅すさみに移転し、再びすさみ町立として開館[4]

施設[編集]

巡回水族館[編集]

  • 2014年(平成26年)6月から始めた取り組みで、水槽やプールを備え付けた専用トラックに100匹ほど載せて要望がある場所に出向くもの[5][6][7]
  • 市外・県外でも受付している。
  • 学校が平日の授業の一環として行う場合や学校行事の中に組み込まれた場合は30000円と交通費のみ実費負担。

営業[編集]

開館日時
年中無休、9:00~17:00。
入館料金
大人(高校生以上)800円、子供(小中学生)500円、幼児(3歳以上)300円。
町民・障害者・団体割引、年間パスポート、串本海中公園との共通入場券あり[8]
アクセス
公共交通を使う場合は、JR紀勢本線江住駅から徒歩8分[9]

運営主体と立地の推移[編集]

当初はすさみ町の運営で、町の運営委託料の打ち切りに伴い2010年度での閉館がいったんは決まったが、存続要望が多かったことから2011年度の1年限定という条件で自主運営に踏み切った[2]。自主運営転換後は水道料や土地建物賃料などが新たに発生したこともあり、収支は厳しい状況となるも、当初の1年を超えて運営が続けられた[2]。 同じ県下にある田辺市の田辺商工会議所が誘致の意向を示したが、田辺市は早期移転は困難としていた[10]

すさみ町は旧江住中学校体育館に誘致することを検討していた[11]。そして2014年6月にすさみ南ICの出口付近にある旧江住中学校跡地を利用して道の駅を設置し、旧江住中学校体育館に誘致することが決まった[12][13]。道の駅はすさみ南ICの供用開始と紀の国わかやま国体に合わせて2015年9月5日にオープンし、エビとカニの水族館は面積が移転前の2.5倍、甲殻類の飼育数は2倍となり、再び町営施設として9月13日にオープンした[4][14][15]

脚注[編集]

  1. ^ 日本一「お金がない」水族館が奮闘/和歌山 閉鎖危機乗り越え/珍種のエビ・カニで集客『日本経済新聞』夕刊2018年4月27日(社会面)
  2. ^ a b c d 12年度も自主運営へ エビとカニの水族館 - 紀伊民報2012年2月6日
  3. ^ 新館に生物引っ越し エビとカニの水族館”. 紀伊民報 (2015年9月9日). 2015年10月22日閲覧。
  4. ^ a b 「道の駅すさみ」に水族館 13日にオープン”. 紀伊民報 (2015年9月11日). 2015年10月22日閲覧。
  5. ^ 水族館を出前します すさみ「エビとカニの水族館」
  6. ^ 出前します、山間部の学校などへ すさみ「エビとカニの水族館”. 紀伊民報 (2014年5月30日). 2014年9月15日閲覧。
  7. ^ 巡回水族館が人気、希望殺到 すさみのエビとカニの水族館”. 紀伊民報 (2014年7月4日). 2014年9月15日閲覧。
  8. ^ 営業時間と料金すさみ町立エビとカニの水族館(2018年4月27日閲覧)。
  9. ^ アクセスすさみ町立エビとカニの水族館(2018年4月27日閲覧)。
  10. ^ 「地域密着の水族館に」森館長が講演 - 紀伊民報2012年2月13日
  11. ^ 「エビとカニの水族館」を旧江住中体育館に誘致”. 紀伊民報 (2013年2月28日). 2014年9月15日閲覧。
  12. ^ 国体に合わせオープンへ エビとカニの水族館も 「道の駅すさみ」”. 紀伊民報 (2014年6月3日). 2014年9月15日閲覧。
  13. ^ 「エビとカニの水族館」移転 「道の駅」建設 和歌山・すさみ町”. MSN産経ニュース (2014年6月6日). 2014年6月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年9月15日閲覧。
  14. ^ 移転で規模2倍に エビとカニの水族館”. 紀伊民報 (2015年4月3日). 2015年10月22日閲覧。
  15. ^ 旧所在地は海を挟んで西側の「和歌山県西牟婁郡すさみ町江住(日本童謡の園公園内)」

外部リンク[編集]

関連項目[編集]