さいたま水族館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さいたま水族館
Saitama Aquarium Entrance 1.JPG
施設情報
専門分野 淡水魚
管理運営 公益財団法人埼玉県公園緑地協会
開館 1983年(昭和58年)10月
所在地 348-0011
埼玉県羽生市三田ヶ谷751-1
位置 北緯36度10分23.3秒 東経139度35分52.3秒 / 北緯36.173139度 東経139.597861度 / 36.173139; 139.597861座標: 北緯36度10分23.3秒 東経139度35分52.3秒 / 北緯36.173139度 東経139.597861度 / 36.173139; 139.597861
テンプレートを表示

さいたま水族館(さいたますいぞくかん)は、埼玉県羽生市にある淡水魚水族館である。

概要[編集]

1983年(昭和58年)開館。埼玉県内に生息する87種類の魚のうち、約70種類を展示している。館内は、県内及び東京都内を流れている荒川の約200kmを、上流から河口部まで下るようなスタイルで展示している。

また、天然記念物に指定されているミヤコタナゴや県内一部地域でのみ生息しているムサシトミヨのほか、世界の代表的な熱帯魚も展示してる。

館内の庭池では、ソウギョアオウオコイニシキゴイなどがいて、餌を与えることが可能となっている。

イメージキャラクターはムートくん[1]。2012年11月にデビューした[2]

公園[編集]

水族館に隣接して羽生水郷公園があり、園内には菖蒲田、修景池などを取り入れた施設を中心に整備されている。また、ムジナモ自生地の宝蔵寺沼がある。

事故・不祥事[編集]

  • 2014年2月と4月に庭池でチョウザメ、アオウオ、アメリカナマズ等の魚が大量に死んでいるのが発覚した[3][4]
  • 2014年5月には窓ガラス14枚と便器2基が壊される事件が発生した[5]
  • 2014年4月の大量死について、羽生警察署は6月16日に元職員の男性を器物損壊と威力業務妨害容疑で逮捕した[6]。逮捕直後の取り調べに対し、容疑を否認していたが[6]、8月4日に器物損壊容疑でさいたま地検熊谷支部に追送検された際には、両件について認めている[7]。また、7月4日には威力業務妨害罪などで起訴されている[8]。そして、9月2日に初公判が開かれたのち[9]、12月2日に懲役3年、執行猶予4年が言い渡された[10]

交通[編集]

埼玉県道366号三田ヶ谷礼羽線沿いにある。

入館料[編集]

大人/310円 (特別展開催中 410円)、小人(小・中学生) /100円[11]

※6歳未満(未就学児)、65歳以上、障害者手帳提示者は無料[11]

開館時間[編集]

  • 9:30 - 17:00(12月1日 - 翌年2月28日は16:30まで)[11]

※休館日は4月から11月 毎月第一週月曜日(休日の場合は翌週、春・夏休み期間は無休)

     12月から2月 毎週月・火曜日、および12月29日 - 1月1日[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “総合情報学部藤本研究室がさいたま水族館(埼玉県羽生市)公式スマートフォンアプリ「がんばれムートくん」を開発しました”. 総合情報学部新着情報 (東洋大学). (2014年7月31日). http://www.toyo.ac.jp/site/isa/53379.html 2014年12月4日閲覧。 
  2. ^ さいたま水族館マスコットキャラクター「ムートくん」デビュー!”. さいたま水族館 (2012年11月3日). 2014年12月4日閲覧。
  3. ^ “羽生のさいたま水族館で庭池の魚500匹死ぬ 残留塩素を検出”. 埼玉新聞 (埼玉新聞社). (2014年2月24日). http://www.saitama-np.co.jp/news/2014/02/24/11.html 2014年4月27日閲覧。 
  4. ^ “さいたま水族館でまた魚大量死”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年4月27日). オリジナル2014年4月27日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20140427185442/http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20140427-1291970.html 2014年4月27日閲覧。 
  5. ^ “さいたま水族館で窓ガラスや便器が大量に壊される”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2014年5月27日). http://www.hochi.co.jp/topics/20140527-OHT1T50000.html 2014年5月31日閲覧。 
  6. ^ a b 川畑さおり; 夫彰子 (2014年6月16日). “さいたま水族館:元職員がチョウザメなど441匹死なす”. 毎日新聞 (毎日新聞社). オリジナル2014年7月4日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20140704005534/http://mainichi.jp/select/news/20140617k0000m040130000c.html 2014年6月23日閲覧。 
  7. ^ “さいたま水族館魚大量死、窓ガラスも割る 容疑の元職員追送検”. 埼玉新聞 (埼玉新聞社). (2014年8月5日). http://www.saitama-np.co.jp/news/2014/08/06/01.html 2014年8月14日閲覧。 
  8. ^ “「水族館に恨み」魚大量死の元契約職員を器物損壊容疑で追送検 埼玉”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2014年8月6日). http://sankei.jp.msn.com/region/news/140806/stm14080603500004-n1.htm 2014年8月14日閲覧。 
  9. ^ “さいたま水族館魚大量死 元職員初公判、起訴内容認める”. 埼玉新聞 (埼玉新聞社). (2014年9月3日). http://www.saitama-np.co.jp/news/2014/09/03/07.html 2014年12月4日閲覧。 
  10. ^ “さいたま水族館魚大量死、執行猶予の判決/さいたま地裁熊谷支部”. 埼玉新聞 (埼玉新聞社). (2014年12月2日). http://www.saitama-np.co.jp/news/2014/12/03/01.html 2014年12月4日閲覧。 
  11. ^ a b c d e f 施設案内・アクセス・休館日”. さいたま水族館. 2014年4月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]