秩父ミューズパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
秩父ミューズパーク
Chichibu Muse-Park1.JPG
公園南口付近
分類 都市公園(広域公園)
座標 北緯35度59分30秒 東経139度2分57.4秒 / 北緯35.99167度 東経139.049278度 / 35.99167; 139.049278座標: 北緯35度59分30秒 東経139度2分57.4秒 / 北緯35.99167度 東経139.049278度 / 35.99167; 139.049278
面積 271.3ha(埼玉県:117.9ha、秩父市:153.4ha)
運営者 埼玉県及び秩父市
告示 都市計画決定:昭和48年2月27日
公式サイト http://www.muse-park.com/

秩父ミューズパーク(ちちぶミューズパーク)は、埼玉県秩父市および秩父郡小鹿野町にまたがる地域にある、埼玉県営及び秩父市営の公園である。総合保養地域整備法(リゾート法)に基づき埼玉県、秩父市及び西武グループによりリゾート施設が整備された。

概要[編集]

2006年、社会経済情勢の変化により西武グループが開発から撤退し、西武グループの土地及び施設を地元の秩父市に無償譲渡した。2007年1月1日から秩父市の施設となり、この区域は「秩父ミューズパークスポーツの森公園」として整備・運営している[1]

埼玉県が管理する区域についての管理・運営は、指定管理者の秩父開発機構・西武造園グループが行っており[2]、秩父市が管理する区域は、2014年から富士急行の子会社である「フジヤマ・クオリティ」が行っている[3]

CMは地元局のテレ玉NACK5で流れている。

1992年から2004年まで、西武鉄道各駅から西武秩父駅の往復割引乗車券とミューズパーク各施設割引が受けられる周遊券秩父ミューズパークスポーツの森エンジョイきっぷ」が(元加治駅小竹向原駅除く)西武線の各駅で発売されていた。現在は秩父漫遊きっぷに吸収・合併されたものの、ミューズパークでは使用できなくなった(西武グループではなくなったため)。

主な施設[編集]

  • 音楽堂
  • 野外ステージ
  • スカイロード
  • 展望ちびっ子広場
  • 旅立ちの丘
  • ミューズの泉
  • 展望台
  • せせらぎ広場
  • ステンドハウス(休憩施設)
  • パルテノン(休憩施設)
  • 農林産物直売所
  • サイクリングセンター
  • スポーツの森(テニスコート、波のプール・流れるプール、ほか)
  • 癒しの森 花の回廊(花園)

旅立ちの丘[編集]

旅立ちの丘

旅立ちの丘は、全国各地の小・中学校等で歌われている卒業ソング「旅立ちの日に」にちなんだもので、発祥の地である埼玉県秩父地方を一望できるミューズパーク内にある。この旅立ちの丘のメインは、モニュメント(展望台)である。この展望台の通路を進み、先端のステージへ到達すると、「旅立ちの日に」が生まれた場所である秩父市立影森中学校の生徒によるコーラスが流れる。また、モニュメントの手すりは五線譜にデザインされており、ここに「土鈴」や「絵馬風メッセージグッズ」を結び、願いごとをすることができる。

また、モニュメントの隣に「ミューズアロー」が2006年に完成した。このミューズアローは、弓矢の形をした鐘になっており武甲山の山頂を向いている。願をかけるべく山に向かって矢を放つように鐘を鳴らすことができる。

雲海問題[編集]

ファシリティを整備しないまま時期尚早に一部の人間が、雲海をメディアで宣伝したため、人が殺到し、キャパ不足のため来た人が十分見ることができないといった問題が起こっている。具体的には、雲海発生時に展望台が大混雑し、周辺に多くの違法駐車が発生し近隣の住民にも影響が出ている。

アクセス[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]