豊島園 庭の湯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Hot springs 001.svg 豊島園 庭の湯
Toshimaen Niwa-no-yu.JPG
温泉情報
所在地 東京都練馬区向山三丁目25-1
座標 北緯35度44分38.7秒 東経139度38分52.7秒 / 北緯35.744083度 東経139.647972度 / 35.744083; 139.647972座標: 北緯35度44分38.7秒 東経139度38分52.7秒 / 北緯35.744083度 東経139.647972度 / 35.744083; 139.647972
交通 空路 - 東京国際空港
鉄道 - 西武鉄道豊島線東京都交通局大江戸線豊島園駅
バス - 西武バス国際興業バス:バス停「豊島園」
車 - 関越自動車道練馬IC東京外環自動車道大泉IC首都高速道路5号池袋線北池袋出入口
泉質 ナトリウム-塩化物強塩泉
泉温(摂氏 33.8 ℃
湧出量 110 L/分
pH 7.5
液性の分類 弱アルカリ性
宿泊施設数 0
外部リンク http://www.niwanoyu.jp/
テンプレートを表示

豊島園 庭の湯(としまえん にわのゆ)は、西武グループ株式会社豊島園が運営する温泉施設。

概要[編集]

都営地下鉄大江戸線のための地中測定の際に、豊島園地下に、天然温泉があることが確認され、都内でも珍しい、天然温泉を使用している温泉施設としまえんに隣接し、2階建ての和風の施設内に数多くの温泉スパサウナなどを完備した温泉施設として2003年6月28日に開業した。

日本を代表する造園家小形研三によって造られた静閑な1,200 日本庭園が望め、大人が楽しめる寛ぎ空間を提供している。温泉に浸かりながら庭園の緑や草花を楽しむことが出来るようになっている。

所有者は西武鉄道で、株式会社豊島園へ業務委託をしている[1]

施設内[編集]

1階[編集]

温泉を中心にエステスパなど、日ごろの疲れを癒すために各種サービスが行われているフロア。

バーデゾーン[編集]

リラックスをしながら健康な体になれる以下のような施設が計6か所あるエリア。バーデゾーンのみ混浴施設。ここでは水着の着用が義務付けられている。

バーデプール
ネックシャワー・フローティング・ボディーマッサージ・ホットタブ・アクアストレッチング・歩行浴など楽しみながら健康増進に役立つプール施設。
スチームサウナ
室内をアロマを含んだ水蒸気で温め、体にやさしく発汗を促してくれる施設。
死海プール
イスラエルから取り寄せた死海の塩を使用しており、水に入りながら浮遊感を体感出来ながら体の老廃物を体内水分と共に体外へ排出する効果を試すことが出来る施設。2010年6月28日で終了し、2010年7月1日からはホットタブとなる。
屋外天然温泉ジャグジー
日本庭園を間近にしながら天然温泉のジャグジーを楽しむことが出来る施設。
屋外軟水ジャグジー
肌に優しい軟水を使用した施設[2]
フィンランドサウナ
乾式タイプのサウナ。アロマ水をかけ香りのある高温の熱気で体内の老廃物や汗を流しだすアウフグースを実施している[2]

浴室・露天ゾーン[編集]

地下1,445 mから湧き出るナトリウム-塩化物強塩温泉を楽しむことが出来る施設。

天然温泉浴
地下1,445 mから汲み上げた天然温泉。当館を代表するお風呂でもある。
天然温泉寝浴
中温の温泉水を使用した寝風呂。足、腰あたりから水流が吹き出し、マッサージも受けられる。
天然温泉ミクロバイブラ浴
白い超ミクロ気泡が全身を包み込み、ソフトな泡刺激を受けながら楽しむことが出来る。
虎目石軟水浴
肌に優しい軟水を使用したお風呂。水のゆらめきで黄金に輝く虎目石を一面に貼りめぐらせた浴槽で天然石のパワーを感じられる。
天然温泉露天岩風呂
四季折々の草花を眺めながら天然温泉を楽しむことが出来る露天風呂
露天信楽焼風呂
信楽焼で焼いた一人用の壺の中に天然温泉を流しこんである露天風呂。[3]

サウナゾーン[編集]

各種サウナを体験することが出来る施設。

フィンランドサウナ
乾式タイプのサウナ。アウフグースを実施している。
テルマリウムサウナ
温められた床、壁、椅子から穏やかに熱が伝えられ快適な発汗が出来る。古代ローマ時代の風呂の蒸気浴が楽しむことが出来る。

美肌所/ボディクリーン[編集]

肌にやさしいアカスリを体験できる施設。従来のアカスリとは異なり、血行促進と美肌効果を融合させたアカスリを体験することができる。

2階[編集]

入浴後にくつろぎを楽しめる施設がそろっているフロア。

リラクゼーションエリア[編集]

1階で様々な風呂を楽しんだあと、目の前に広がる日本庭園を見ながら過ごすことが出来るエリア。

オープンリラクゼーションエリア
日本庭園を見下ろしながらくつろぐことが出来るエリア。一部の席にはテレビモニターが付いており、国内の番組を視聴することも出来る。
クローズドリラクゼーションルーム
静かな音楽が流れており、ディスプレイされた天然石・炭などのマイナスイオン効果を堪能出来る。
ウェルネスコーナー
最新式の高機能マッサージチェアを気軽に楽しむことが出来る。

ほぐし処/ボディケア[編集]

ボディケア
全身を走る十四経路骨格筋肉の歪みやずれを加圧して、リラクゼーション効果を高め自然治癒力を引き出すことが出来る。
リフレクソロジー
足裏のツボ「反射区ゾーン」をくまなく刺激する足裏健康法が楽しむことが出来る。足の疲れ、むくみ、だるさを解消することが出来る。

テワラン/タイ古式療法[編集]

2500 年もの長い間タイで行われている手技療法を楽しむことが出来る。下肢を重点とする療法であり、体全体をゆっくりとほぐすとともに、普段ほぐしきれない筋肉や関節の歪みを調整してくれる。

お食事処「緑水亭」[編集]

四季折々の食材をふんだんに使用した和食を楽しむことが出来るレストラン。

物販コーナー[編集]

各種入浴剤や健康茶など、「ヘルシー & リラクゼーション」をテーマとした商品を販売している。

和室棟[編集]

広々とした和室の休憩所。待ち合わせや談話などで使用することが出来るほか、事前予約をすれば貸室や会食(平日限定)の場としても利用ができる[4]

営業時間[編集]

  • 午前10時から午後11時まで営業を行っている。(ただし、最終入場は夜10時まで)
  • 年中無休で営業を行っているが、メンテナンスを行うために休館日を設けている。
  • ゆっくりとくついろいでもらうために、入場制限を掛ける場合がある。

入館に対しての注意事項[編集]

  • 中学生未満のお子様は入場は禁止している(保護者同伴でも入場出来ない)[5]
  • 入れ墨タトゥーをしている方、ご自分で入退館手続きが行えない方、入浴・トイレ利用等が確実に行えない方の入場は禁止している。
  • 利用客安全の為、暴力団関係者の入場を禁止している。
  • 館内にて他の利用者に対して迷惑行為や公序良俗反する行為また、他の利用客に不快感を与える言動または行為をした場合はいかなる理由があったとしても強制退館させられる。

入場料[編集]

入場料のほかにマッサージなどを行う場合には別料金が必要となる。

一般
入館料:2,250円
ナイトスパ(午後6時以降の利用):1,260円
全日回数券(11回分):22,650円
レンタル水着:420円
平日会員
入会金(入会時のみ):525円
平日入館料:1,725円
平日回数券(11回分):17,400円

アクセス[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 株式会社西武ホールディングス第6期有価証券報告書 (PDF)”. 西武ホールディングス (2011年6月23日). 2011年8月3日閲覧。
  2. ^ a b 2004年7月30日に追加された施設
  3. ^ それまでは温泉ではなかったが、2009年11月に温泉水が導入された。
  4. ^ 2004年11月27日に追加された施設。
  5. ^ 2003年6月28日のオープン時から4歳未満の利用は禁止されていたが、2003年12月1日より保護者同伴であっても中学生未満の入場が禁止となった

外部リンク[編集]