あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
ジャンル ファンタジーラブコメ
アニメ
原作 超平和バスターズ
監督 長井龍雪
脚本 岡田麿里
キャラクターデザイン 田中将賀
音楽 REMEDIOS
アニメーション制作 A-1 Pictures
製作 「あの花」製作委員会
放送局 フジテレビノイタミナほか
放送期間 2011年4月 - 6月
話数 全11話
小説
著者 岡田麿里
イラスト 田中将賀
出版社 メディアファクトリー
掲載誌 ダ・ヴィンチ
レーベル MF文庫ダ・ヴィンチ
連載期間 2011年3月号 - 7月号
刊行期間 2011年7月25日(上)[1] - 2012年8月10日(下)[2]
巻数 全2冊(上・下)
漫画
原作・原案など 超平和バスターズ
作画 泉光
出版社 集英社
掲載誌 ジャンプスクエア
レーベル ジャンプ・コミックス
(JUMP COMICS SQ.)
発表期間 2012年5月号 - 2013年5月号
巻数 全3巻
ゲーム
ゲームジャンル おもいで探索アドベンチャー
対応機種 PlayStation Portable
開発元 ガイズウェア
発売元 5pb.
メディア UMD
プレイ人数 1人
発売日 2012年8月30日
レイティング CEROB(12才以上対象)
テレビドラマ
原作 超平和バスターズ
演出 西浦正記
制作 フジテレビジョン
放送局 フジテレビ
放送期間 2015年9月21日 - 同日
話数 1
宿海仁太
本間芽衣子
松雪集
鶴見知利子
安城鳴子
久川鉄道
村上虹郎
浜辺美波
志尊淳
飯豊まりえ
松井愛莉
高畑裕太
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト アニメライトノベル漫画コンピュータゲーム
ポータル アニメ文学漫画ゲーム
舞台のモデルとなった秩父市街地
旧秩父橋から見た、新秩父橋。本作のキービジュアルのひとつとして登場する[3]

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(あのひみたはなのなまえをぼくたちはまだしらない)は、A-1 Pictures制作の日本テレビアニメ作品。2011年4月から6月までフジテレビノイタミナ枠などで放送された。全11話。略称は「あの花[4]、「あのはな[5]2013年8月31日には劇場版が公開された[6]。2015年6月には実写ドラマ化が発表された[7]

概要[編集]

アニプレックスフジテレビA-1 Picturesが手がける完全オリジナルアニメーション企画「ANOHANA PROJECT」として2010年12月に始動した。監督は長井龍雪、脚本を岡田麿里、キャラクターデザインを田中将賀が務め、2008年に放送されたテレビアニメ版『とらドラ!』を手がけたスタッフ[8][9]が名を連ねている。また、テレビアニメ版と並行して、岡田による小説版が『ダ・ヴィンチ』で連載された。

幼馴染の死という過去を抱えた若者たちの淡い恋や罪の意識、絆や成長といった内容を扱う、ドラマ性を重視した内容が志向されており、物語の展開に従って複雑化していく人間関係なども描かれる[10]。死んだはずの幼馴染であるヒロインが幽霊として主人公の前に現れるというファンタジー的な題材が用いられてはいるが、作中では彼女をアニメ的な幽霊のように描写することは避けられており、生きた人間と変わらず振る舞う姿を描写しながらも、その姿が鏡に映らなかったり、主人公以外の人物たちにその姿が見えていないことを示すことで、彼女が霊的な存在であることを描写している[10]

埼玉県秩父市が舞台設定のモデルとなっており[11][10][12][13][注釈 1]、実在する建物、風景などが多く登場する[注釈 2][11][14]。監督を務めた長井龍雪は舞台について、東京との微妙な距離感や山に囲まれた土地の閉塞感といった雰囲気を舞台に重ねたとしている[10]。放送前は舞台が秩父であることは伏せていた。アニプレックスのプロデューサー斎藤俊輔によれば、理由は「作品を見て評価してほしいという、すごくシンプルな考えからです」と述べている。しかし秩父市や西武鉄道[注釈 3]とは2010年秋から協議を進めており、電車の中吊り広告や沿線のポスター、秩父市の街に立てるフラッグなど一斉に展開できるように準備は整っていた[15]

先述の西武鉄道や秩父鉄道が本作に対して協力的であり、劇中で同社の電車(西武4000系電車)や駅(飯能駅西武秩父駅)などが登場する。また、放送開始後には同駅構内や中吊り広告などで番組宣伝ポスターが掲示されている。2011年9月に開催されたイベント(後述)でも協力として加わったほか、記念乗車券なども発売している(後述)。

渋谷パルコPart.1にあるノイタミナショップや[16]秋葉原UDX内にある東京アニメセンターで作品の中で登場する秘密基地が再現された[17]。なお、作中の小道具の一部は実在する商品を使用している[注釈 4]

監督の長井は、本作の内容があまりアニメらしくないことから、視聴者に受け入れられるのかという不安や葛藤も抱いていたとしているが、放送が始まると丁寧な演出などが話題になったという[10]。2011年6月29日に発売されたBlu-ray第1巻の初動売り上げは約3万1000枚で、Blu-rayメディアにおけるテレビアニメ第1巻の初動売り上げとしては発売当時で史上3番目という記録を残した[18]。2012年8月5日に開催されたファンイベントにおいて、2013年夏に劇場版アニメが公開されることが発表された[19]

平成23年度(第15回)文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品アニメーション部門/長編(劇場公開・テレビアニメ・OVA)に選出[20]2012年、この作品の功績により、長井監督が芸術選奨新人賞メディア芸術部門を受賞した。

あらすじ[編集]

宿海仁太安城鳴子松雪集鶴見知利子久川鉄道の5人は、小学校時代、クラスメートの本間芽衣子とともに互いをあだ名で呼び合い、「超平和バスターズ」という名のグループを結成して秘密基地に集まって遊ぶ間柄だった。しかし突然の芽衣子の死をきっかけに、彼らの間には距離が生まれてしまい、それぞれ芽衣子に対する後悔や未練や負い目を抱えつつも、中学校卒業後の現在では疎遠な関係となっている。

高校受験に失敗し、引きこもり気味の生活を送っていた仁太。そんな彼の元にある日、死んだはずの芽衣子が現れ、彼女から「お願いを叶えて欲しい」と頼まれる。芽衣子の姿は仁太以外の人間には見えず、当初はこれを幻覚であると思おうとする仁太であったが、その存在を無視することはできず、困惑しつつも芽衣子の願いを探っていくことになる。それをきっかけに、それぞれ別の生活を送っていた6人は再び集まり始める。

登場人物[編集]

超平和バスターズ[編集]

幼馴染六人組で結成した何でも平和目的とするグループで芽衣子の死によって解散していたが、物語を通して再び復帰することとなった。

宿海 仁太(やどみ じんた)| じんたん
- 入野自由(幼少時 - 田村睦心
主人公。秩父市立緑ヶ丘第三中学校卒[注釈 5]。かつては幼馴染達のリーダー的存在だったが、ある日自分が芽衣子に照れ隠しで心にもない言葉を吐いて逃げてしまった後、芽衣子が死んでしまい、自身の心に深い傷を負うことになってしまう。その後、さらに母・塔子の死や高校受験の失敗などもあり、地区内でも底辺のレベルである市立緑ヶ丘高校に入学せざるを得なくなった。学校では、受験に失敗したトラウマもあって自ら周囲に壁を作り、学校からは足が遠のき、半ば引きこもりのような生活を送っていた。
引きこもってからは人混みや不特定多数の人間と交わることを苦手とするようになる。外出する際は、ニット帽や黒縁眼鏡を身に着けて知り合いに出会っても認識されないようにしていた時期もあったが、芽衣子の願いを叶えて成仏させるために行動するうちに引きこもりから脱却した。
しかし仲間の危機を放っておけない性分な点は今でも変わっておらず、鳴子が周囲からあらぬ誤解を受けた際に身を呈して庇ったり、芽衣子を成仏させるためにバイトを掛け持ちするなど無理をしていた。
自分だけに見える芽衣子については、物語の当初は幻想だと自分に言い聞かせてわざと冷たい態度をとっていたが、まもなくその存在を認め、普通に接するようになった。また、物語の比較的早い段階から超平和バスターズの他の4人に打ち明け、共に芽衣子の願いを叶えるための行動をとっていたが、確定的な証拠を示さなかったため、終盤まで信じてもらえず、特に集とは事あるごとに衝突が生じていた。
共に暮らすうちに、芽衣子とずっと一緒に居たいという気持ちにもなっていったが、生まれ変わりによる再会を信じる芽衣子の意思を尊重し、結局は最後に、超平和バスターズのメンバーと一緒に芽衣子を成仏させた。その後は再び学校に通い始めた。
集によると昔は頭が良く運動もできる少年で、自宅の居間には中学校のマラソン大会や市内の硬筆展の賞状などが飾ってある[21]。他、今でも物事の飲み込みが早く要領も良い。利き腕は左。変わった文字デザインのTシャツをよく着用している。
4月16日生まれ、血液型はB型。好きな色は赤。身長165cm[22]、体重55kg。
本間 芽衣子(ほんま めいこ)| めんま
声 - 茅野愛衣
ヒロインロシア人[23]の血を引く母イレーヌから受け継いだ銀髪碧眼と白い肌から、儚げな印象を与えるクォーター[24]の少女。天真爛漫な性格で、超平和バスターズのマスコット的存在であった。幼い頃の夏のある日に川に転落して亡くなり、その出来事が超平和バスターズのメンバーそれぞれに心の傷を与えている。
仁太が高校に進学した年の夏に、霊的な存在として突然成長した姿で仁太の前に現れる。仁太以外の人間の目には映らず、声も聞こえないが、多少の物理的干渉力を持ち、仁太に対しては生きている人間と遜色なく接することができる。容姿は成長して現れたものの、記憶は死亡したときのままであり、仁太たちと比べその言動には幼さが前面に出ている。なぜか秘密基地以外では文字を書くことができず、仁太以外の超平和バスターズのメンバーに芽衣子の存在が明らかになった後は、イレーヌから預かった芽衣子の形見の日記で筆談を行うようになった。
願いがあっての出現のはずが、芽衣子本人は願いの内容を覚えておらず、願いを叶えるために仁太が試行錯誤することになり、超平和バスターズのメンバーが再交流することになった。
最終話で芽衣子の願いが判明したが、それは、気を張って泣くことをやめた仁太を心配した、仁太の母・塔子と交わした約束である、仁太を『泣かせる』というものであった。
約束が果たされ、芽衣子自身の想いであった超平和バスターズのメンバーのわだかまりが解決されていくと、芽衣子は徐々に存在が薄れながら弱っていき、声は聞こえるが仁太の目にも映らなくなってしまう。最後の力で、メンバーのひとりひとりに手紙を書いて思いを届けると、自身の姿が超平和バスターズ全員に見えるようになり、かくれんぼで見つけられたという形をとって、メンバーたちに見送られながら成仏した。
9月18日生まれ、血液型はA型。好きな色は白[25]。身長147cm[22]、体重36kg。
安城 鳴子(あんじょう なるこ)| あなる
声 - 戸松遥
仁太と同じ市立緑ヶ丘高校に在学している。高校進学後、見た目は派手になっているが、子供の頃と同じくゲーム好きでゲームショップでアルバイトしている。男性に免疫がない。
幼い頃は黒縁眼鏡とくせ毛が原因で、芽衣子と正反対だった自分にコンプレックスを抱き、芽衣子には愛憎半ばずつといった感情を抱いていた。自分の発言がきっかけで芽衣子が死んでしまったことを悔やんでいる。幼少時代はアナルという単語の意味を知らなかったので平気だったが、現在は幼少時代のあだ名が恥ずかしいため、あだ名で呼ばれると慌てて否定する。
芽衣子が事故死して以来、仁太との関係が薄くなっていたが、幼い頃からずっと仁太に好意を抱いている(仁太と同じ高校に入れて嬉しかったということを集に打ち明けている)。物語の当初は仁太のことを苗字で呼び距離を置いていたが、超平和バスターズが集まるようになり、仁太との距離が縮まったことで昔のあだ名で呼ぶようになる。バイト中に仁太に気持ちを伝えるが受け入れてもらえなかった。それでも仁太のことを想い続けている。
利き腕は右(一部左利き説が流れているが、右利きである)。
星座は山羊座で、血液型はA型。身長164cm[22]
松雪 集(まつゆき あつむ)| ゆきあつ
声 - 櫻井孝宏(幼少時 - 瀬戸麻沙美
仁太の第1志望だった王大付属高校に通っている。学業の成績は学年2位と優秀。校内の一部の女子にはモテる模様。負けず嫌いな性格で、幼い頃から芽衣子に好意を、仁太に対抗心とコンプレックスを抱いていた。現在の仁太に複雑な感情を抱き冷たい態度を取るが、自身も仁太との過去と芽衣子のことが忘れられず、過去に囚われたままの自分を自覚している。
過去に芽衣子に告白するが、うやむやにされ、それが芽衣子の死んだ日の出来事であったために、自分の行為が芽衣子の死に繋がってしまったのではないかという強い罪の意識にも囚われており、仁太への対抗心と芽衣子への執着心が相まって、芽衣子の姿を模した女装をして秘密基地の周辺を歩き仲間達に目撃させる、という常識を外れた行動に出ていた。知利子の機転でバスターズ全員にその姿と心情を晒すことになり、思い込みや囚われから立ち返る切っ掛けとなったため、知利子には感謝の言葉を伝えている。しかし、存在しないはずの芽衣子の存在を語る仁太とはその後も衝突し、芽衣子の存在が明らかになった後は、一人だけ芽衣子のことが見える仁太に嫉妬するようになった。同じ報われない片思いを続けている鳴子には同類意識を感じている。
物語当初は芽衣子以外をあだ名で呼んでいなかったが、最終的には仲間全員を再びあだ名で呼ぶようになり、仁太のこともリーダーとして認め今までの態度を改めた。
なお企画段階には「怪我で挫折を経験した野球少年」という設定もあったが、作中では用いられず没設定となった[26]
身長181cm[22]、体重68kg。好物は八ツ橋
鶴見 知利子(つるみ ちりこ)| つるこ
声 - 早見沙織
大人っぽい性格で、趣味は読書。集と同じ高校に通っている。集に追いつくために学業に励み、学年4位の成績を修めている。他人を気にしないそぶりだが、内心ではかなり気にかけている。仁太には普段とは違う柔軟な性格に変化する。観察力に優れており、他人に流されやすい鳴子の行動や、集が今でも芽衣子のことを引きずっていることに気づいていた。そのため、早い段階で集の異変を察し、仁太に協力を求めた。
集とは一緒に行動することが多いため、学校では集に好意を寄せる女子達との関係はあまりよくない模様。自身も幼い頃から密かに集を想い続けているが、態度に表すことはほとんどなく、集には気づいてもらえなかった。芽衣子には敵わないと思っている上に、集のことをよく理解している鳴子には当初嫉妬心を抱き険悪な仲だったが、最終的には和解した。
幼い頃は眼鏡をしておらず髪も短かったが、第10話では長かった髪を切って昔の髪型に戻している。昔はよくスケッチブックを持ち歩いており、今も絵を描くのが得意。
なお企画段階では「実は腐女子」という設定が付けられていたが、没設定となり作中では用いられなかった[26]
2014年7月に放送された『FNS27時間テレビ』内『さんま・中居の今夜も眠れない』で、明石家さんまが理想とする女性として挙げたことがある[注釈 6]。番組内では、担当声優の早見沙織による新録のヴォイスがオンエアされた。
身長170cm[22]
久川 鉄道(ひさかわ てつどう)| ぽっぽ
声 - 近藤孝行(幼少時 - 豊崎愛生
幼い頃は小柄でクラスでは『みそっかす』だったが、仁太達に仲間に入れてもらった後は、皆の弟分となった。現在は立派に成長して偉丈夫になったが、高校に進学せずアルバイトで稼いだ資金で世界中を放浪しており、日本では超平和バスターズの秘密基地だった家屋で暮らしている。無邪気で人懐こい性格は昔と変わらず、現在の仁太に対しても幼い頃と同じように接する。仁太の行動に対して「じんたんつえー」と感嘆するのが恒例となっているが、物語当初は引きこもりがちだった仁太を後押しし、仲間達が再結集するための行動力を発揮した。第3話からは、産経新聞の配達アルバイトを始めている。
当初から霊が見えるという仁太の言葉を信じ、何かと芽衣子の存在を探ろうとしたり、実際に交流を試みようと行動を起こしたりしていた。
実は芽衣子の事故直後に衰弱する彼女の姿を目撃していたが、恐怖心から芽衣子をおいて逃げ出してしまった。そのことに対して罪の意識を持っており、上述の世界中を旅する生活も逃避から始めたことである。芽衣子が成仏した後は高認試験合格を目指して行動を始めた。
身長185cm[22]。物語内では様々な柄のアロハシャツを着用している。

その他[編集]

宿海 篤(やどみ あつし)
声 - 小形満
仁太の父親。家に引きこもる仁太にも気さくな態度で接している。息子を含め可愛いものを見ると「可愛い〜」と茶化す癖があり、仁太にも咎められている。いつも禿げた頭を覆う帽子をかぶっている。引き篭もりがちの仁太を咎めないなど、一見放任主義のように見られがちだが、仁太の生活はかなり正確に把握している。死んだ妻の仏壇に向けて仁太の周りのことなどをよく報告している。作中では敢えて職業不詳の人物として描かれているが、裏設定では考古学に携わる大学職員とされる[27]
宿海 塔子(やどみ とうこ)
声 - 大原さやか
仁太の母親。故人。レーズン入りの蒸しパンを作るのが得意で、よく超平和バスターズのこどもたちに振舞っていた。仁太と同じく左利き。生前、自分が闘病生活に入ってから、幼い仁太が泣くことをはじめ感情を表に出すことを我慢するようになったことを気に病んでおり、芽衣子の申し出を受け入れる形で彼女にあるお願いをする。
本間 イレーヌ(ほんま イレーヌ)
声 - 大浦冬華
芽衣子の母親で、日本人とロシア人との[23]ハーフ。芽衣子の死を現在でも引きずっている。夕食に芽衣子の好物だったカレーを作った日は、欠かさず仏壇に供えるなどしていた。仁太たちに対して表面的には普通に振舞っていたが、内心では自分の娘を置いて彼らだけが成長していく姿を見るのが辛く、理不尽な憎しみの感情を抱いていた。花火作りに関しても、死んだ娘をダシにして遊んでいると曲解し、一度は花火職人に協力を中止させた。後に学の支えにより、芽衣子の死や、その悲しみをきちんと受け止めるようになり、仁太たちとも和解する。
本間 聡志(ほんま さとし)
声 - 水原薫
芽衣子の弟。「さー君」と呼ばれている。姉である芽衣子を亡くし、芽衣子の死を未だに引きずっているイレーヌと、向き合おうとしない父の間に育ち、スレた態度の内側に寂しさを隠している。そんな秘めた思いを、両親に向かって解放したことで、結果的に本間家の家族は打ち解けることができた。なお、劇場版では絵コンテのまま「聡史」となっている。
本間 学(ほんま まなぶ)
声 - 保村真
芽衣子の父親。当初は芽衣子の死から目を逸らしていたが、後に家族と共に過去と向き合いながら前に進むことを決めた。
春菜(はるな)、亜紀(あき)
声 - 水原薫 、牧野由依
鳴子と同じ高校に通うクラスメイト。ぽっちゃり体型で色黒の肌をしているのが春菜、細身でショートカットヘアの髪型をしているのが亜紀。高校の内外で共に良く三人で行動していた。服装や言動が軽薄で、知利子にまとめて「お股が緩そうな友達」と評される。付き合いの悪くなった鳴子に対して「友達やめようかと思った」など不穏な言動を投げかけていたが、最終話では復学した鳴子を気遣う場面が見られた。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「青い栞」(第1話 - 第11話)
作詞・作曲 - 尾崎雄貴 / 編曲・歌 - ガリレオ・ガリレイ
第11話ではエンディングテーマとして使用(クレジット上はオープニングテーマ)。
エンディングテーマ「secret base 〜君がくれたもの〜(10 years after Ver.)」(第1話 - 第10話)
作詞・作曲 - 町田紀彦 / 編曲 - とく Sound Produced by estlabo
歌 - 本間芽衣子(茅野愛衣)、安城鳴子(戸松遥)、鶴見知利子(早見沙織
estlabo は、ハチwowakaとく古川本舗によるプロデューサーユニット。
最終話では挿入歌として使用。
劇中歌「I Left You」(最終話)
作詞・作曲 - REMEDIOS / 編曲 - Kazuhito Fujiki
スペシャルOA版オープニングテーマ「サークルゲーム」(第1話 - 第10話)
作詞 - 尾崎雄貴 / 作曲 - Galileo Galilei / 編曲- Galileo Galilei、POP ETC / 歌 - ガリレオ・ガリレイ

各話リスト[編集]

# タイトル 絵コンテ 演出 作画監督
1 超平和バスターズ 長井龍雪 田中将賀
2 ゆうしゃめんま 篠原俊哉 室井ふみえ 奥田佳子
3 めんまを探そうの会 森田宏幸 吉村愛 荒木弥緒、緒方美枝子
4 白の、リボンのワンピース 今泉賢一 道下康太、岡崎洋美
5 トンネル 田中孝行 中村直人
6 わすれてわすれないで 藤森カズマ 原田孝宏 本村晃一
7 ほんとのお願い 伊藤智彦 山崎秀樹
8 I wonder 吉村愛 荒木弥緒、井口真理子
緒方浩美、斉藤美香
9 みんなとめんま 伊藤智彦 今泉賢一 岡崎洋美、道下康太
山本篤史
10 花火 篠原俊哉 坂崎忠、奥田佳子
最終話 あの夏に咲く花 長井龍雪 田中将賀、中村直人
本村晃一、山崎秀樹
大舘康二、道下康太
奥田佳子

放送局[編集]

スペシャルオンエア版は北海道文化放送以外『ノイタミナ』枠第2部。劇場版主題歌「サークルゲーム」が新オープニングテーマとなり、映像も新作となる。さらに下記の通り、第1話 - 第4話は副音声によるオーディオコメンタリーを実施。

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
本放送
関東広域圏 フジテレビ 2011年4月14日 - 6月23日 木曜 25:15 - 25:45 フジテレビ系列 製作委員会参加
『ノイタミナ』第2部
近畿広域圏 関西テレビ 2011年4月19日 - 6月28日 火曜 26:28 - 26:58 アニメわ〜く!』第2部
中京広域圏 東海テレビ 2011年4月21日 - 6月30日 木曜 26:35 - 27:05
日本全域 BSフジ 2011年5月21日 - 7月30日 土曜 26:00 - 26:30 フジテレビ系列
BS放送
『ノイタミナ』第2部
熊本県 テレビくまもと 2011年7月11日 - 9月19日 月曜 26:00 - 26:30 フジテレビ系列
北海道 北海道文化放送 2011年7月17日 - 10月2日 日曜 25:45 - 26:15
日本全域 フジテレビTWO 2012年5月12日 - 7月21日 土曜 24:00 - 24:30 CS放送 リピート放送あり
スペシャルオンエア版
関東広域圏 フジテレビ 2013年7月11日 - 9月19日 木曜 25:15 - 25:45 フジテレビ系列 字幕放送
静岡県 テレビ静岡 木曜 26:10 - 26:40
中京広域圏 東海テレビ 木曜 26:40 - 27:10
佐賀県 サガテレビ 2013年7月12日 - 9月20日 金曜 25:35 - 26:05
福岡県 テレビ西日本 金曜 26:35 - 27:05
山形県 さくらんぼテレビ 2013年7月13日 - 9月21日 土曜 25:35 - 26:05
秋田県 秋田テレビ 土曜 26:05 - 26:35 字幕放送
鹿児島県 鹿児島テレビ
熊本県 テレビくまもと 土曜 26:35 - 27:05
福島県 福島テレビ 2013年7月15日 - 9月23日 月曜 25:40 - 26:10
広島県 テレビ新広島 月曜 26:00 - 26:30
愛媛県 テレビ愛媛 2013年7月16日 - 9月24日 火曜 25:10 - 25:40
新潟県 新潟総合テレビ 火曜 26:05 - 26:35
宮城県 仙台放送 火曜 26:15 - 26:45
近畿広域圏 関西テレビ 火曜 26:28 - 26:58 字幕放送
岩手県 岩手めんこいテレビ 2013年7月17日 - 9月25日 水曜 26:20 - 26:50
北海道 北海道文化放送 2013年10月20日 - 12月29日 日曜 25:00 - 25:30
オンデマンド
日本全域 dアニメストア[28] 2014年3月21日 - オンデマンド

副音声コメンタリー[編集]

スペシャルオンエア版では、第1話から第4話まで新規録音の副音声コメンタリーを放送した[29]

話数 タイトル 出演者
第1話 「超平和バスターズの同窓会! 男子チーム編」 入野自由(宿海仁太役)、櫻井孝宏(松雪集役)、近藤孝行(久川鉄道役)
第2話 なし 設楽統バナナマンオークラ(放送作家)
第3話 なし 長井龍雪(監督)、三木孝浩(映画監督)、古河晋(CUT副編集長)
第4話 「超平和バスターズの同窓会! 女子チーム編」 茅野愛衣(本間芽衣子役)、戸松遥(安城鳴子役)、早見沙織(鶴見知利子役)

関連商品[編集]

Blu-ray Disc/DVD[編集]

Blu-ray Discは完全生産限定版、DVDは完全生産限定版と通常版が発売。両者とも全6巻。限定版は田中将賀描き下ろし三方背ケース&デジジャケット&ピンナップ 仕様で、特典CD、絵コンテ集、6Pライナーノーツが付属される。副音声として追加されるオーディオコメンタリーは、入野自由、茅野愛衣、戸松遥と各巻ごとのゲストが担当する。なお第1巻は、テレビ未放送のオリジナルエンディングバージョンであり、またイベントチケット優先販売申し込み券が封入。

2013年8月21日にはBlu-ray BOXが発売された。2012年夏にお台場で開催された『あの花夏祭~超平和バスターズのお楽しみ会~』の映像などを新規収録した特典ディスクなどが付属。

巻数 収録話 コメンタリーゲスト 特典CD 規格品番 発売日
BD限定版 DVD限定版 DVD通常版
1 第1話 REMEDIOS オリジナルサウンドトラックVol.1 ANZX-9901 ANZB-9901 ANSB-9901 2011年6月29日
2 第2・3話 近藤孝行 REMEDIOS オリジナルサウンドトラックVol.2 ANZX-9903 ANZB-9903 ANSB-9903 2011年7月27日
3 第4・5話 櫻井孝宏、早見沙織 REMEDIOS オリジナルサウンドトラックVol.3 ANZX-9905 ANZB-9905 ANSB-9905 2011年8月24日
4 第6・7話 櫻井孝宏、早見沙織
近藤孝行
「secret base 〜君がくれたもの〜 (Summernoise Ver.)」
「secret base 〜君がくれたもの〜 (those dizzy days Ver.)」
ANZX-9907 ANZB-9907 ANSB-9907 2011年9月21日
5 第8・9話 「あの花」ラジオ出張版
「あの日聞きたかったセリフをゆきあつはまだ知らない。」
ANZX-9909 ANZB-9909 ANSB-9909 2011年10月26日
6 第10・11話 入野自由、長井龍雪
岡田麿里、田中将賀
「あの花」ラジオ特別編
「あの日作ったあの花の話を僕達はまだしてない。」
ANZX-9911 ANZB-9911 ANSB-9911 2011年11月23日

電子出版物[編集]

iPhone/Android端末向け

  • 『あの花』公式キャラブック 2011年6月2日配信 NRM Publishing 株式会社関広 無料配布
  • 『あの花』公式コンプリートブック 2011年9月14日 NRM Publishing 株式会社関広 『あの花』公式キャラブックを改定した
  • 『あの花』公式ビジュアルブック 2011年9月14日 NRM Publishing 株式会社関広

劇場版[編集]

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
監督 長井龍雪
脚本 岡田麿里
原作 超平和バスターズ
出演者 入野自由
茅野愛衣
音楽 REMEDIOS
主題歌 Galileo Galilei
「サークルゲーム」
制作会社 A-1 Pictures
製作会社 「あの花」製作委員会
配給 アニプレックス
公開 日本の旗 2013年8月31日
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 10.4億円[30]
テンプレートを表示
映画のポスターに描かれた旧秩父橋橋架下遊歩道。

2013年8月31日公開。

キャッチコピーは「前を向けばきっと会える。」。

芽衣子(めんま)が成仏した夏の日のから1年。めんまが超平和バスターズの面々に残した手紙の「お焚き上げ」が企画された。めんまの手紙とともに燃やすめんまへの思いを記した手紙を、超平和バスターズ各人が綴る中、めんまとの思い出がよみがえる。

本作品は当初テレビシリーズの総集編として企画立案されたが[31]、単純な再編集版を嫌ったスタッフ一同により、後日談+テレビシリーズで描かれなかった過去のエピソードが加えられることとなった。

全国64スクリーンで公開され、2013年8月31日、9月1日の初日2日間で興収1億9,817万7,700円 動員16万1225人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で 初登場第3位となった。また、ぴあ初日満足度ランキングでは第1位となっている。さらにスクリーンアベレージ(1スクリーンあたりの興行収入)は309万6527円で、同時期公開中の作品の中ではトップの成績となっている[32]。その後もデートムービーとして定着するなど、20代から40代を中心に幅広い年齢層に広がりを見せ、延べ上映館数も公開当初の約2倍となる全国122スクリーン(11月22日現在)まで拡大。公開55日目の10月25日には、深夜アニメ映画としては『映画けいおん!』に次いで2作品目となる興行収入10億円を突破し、ロングランヒットとなっている[33]

スタッフ(劇場版)[編集]

主題歌(劇場版)[編集]

主題歌「サークルゲーム
作詞・作曲 - Galileo Galilei / 編曲- Galileo Galilei、POP ETC / 歌 - ガリレオ・ガリレイ
2013年7月からのスペシャルオンエア版ではオープニングテーマとして使用。
劇中歌「secret base 〜君がくれたもの〜(10 years after Ver.)
作詞・作曲 - 町田紀彦 / 編曲 - とく / 歌 - 本間芽衣子(茅野愛衣)、安城鳴子(戸松遥)、鶴見知利子(早見沙織
劇中歌「I Left You」
作詞・作曲・歌 - REMEDIOS / 編曲 - Kazuhito Fujiki
劇中曲「会いたくて 会いたくて
作詞 - 西野カナ、GIORGIO 13 / 作曲 - GIORGIO CANCEMI

実写ドラマ[編集]

アニメと同じくフジテレビ系列にて2015年9月21日21:00 - 23:18に単発のスペシャルドラマとして実写ドラマ化が発表された[7][35]。“ANOHANA PROJECT ”からは独立した作品として作られており、「あの花」製作委員会(超平和バスターズ)は「原作」という形でのみ関わっている。

キャスト(ドラマ)[編集]

スタッフ(ドラマ)[編集]

WEBラジオ[編集]

あの日聞いたラジオの名前を僕たちはまだ知らない。[編集]

2011年4月15日から2012年8月6日までアニメ公式サイトにて配信。タイトルは『あの日聞いたラジオの名前を僕たちはまだ知らない。』。(通称:あの花ラジオ)隔週木曜26時ごろ更新(第12回までは、関東広域圏でのアニメ放送直後である毎週木曜26時頃更新されていた。また、地域による放送日時の違いから生じるネタバレ防止のためにオープニングが3パターン存在していた。)。パーソナリティは茅野愛衣(本間芽衣子〈めんま〉役)。

2013年4月16日から2014年8月6日まで「劇場版 あの日聞いたラジオの名前を僕たちはまだ知らない。」を記念して配信。月1回更新。

  • 通称:「劇場版 あの花」 パーソナリティは茅野愛衣(本間芽衣子〈めんま〉役)。
  • バックナンバーは前回のみ

コーナー[編集]

メールコーナー
ふつおたのコーナー。
こんしゅうのめんま
めんまが言いそうな台詞を募集。
かわいいのコーナー
第7回の放送から始まったコーナー
愛衣・おぼえていますか
世間のさまざまな物事について茅野に「おぼえていますか?」と問いかけるコーナー。コーナー名の由来は楽曲「愛・おぼえていますか」の「愛」をパーソナリティの名前に置き換えたもの。
ニックネームのコーナー
リスナーが昔つけられた変なニックネームを紹介。

ゲスト[編集]

  • 第13回 - 入野自由(宿海仁太〈じんたん〉役)
  • 第14回 - 近藤孝行(久川鉄道〈ぽっぽ〉役)
  • 第15回 - 早見沙織(鶴見知利子〈つるこ〉役)
  • 第16回 - 櫻井孝宏(松雪集〈ゆきあつ〉役)
  • 第17回 - 戸松遥(安城鳴子〈あなる〉役)
  • 第20回 - 近藤孝行
  • 第21回 - 早見沙織
  • 第22回 - 戸松遥
  • 第23回 - 櫻井孝宏
  • 第24回 - 入野自由

劇場版 あの花 から

  • 第3回 - 近藤孝行
  • 第4回 - 早見沙織
  • 第5回 - 戸松遥
  • 特別回 - 2013年8月24日に行われた「あの花夏祭 in ちちぶ」のキャストトークショー 出演:茅野愛衣、早見沙織、近藤孝行
  • 第6回 - 櫻井孝宏
  • 第7回 - 田村睦心(仁太(幼少)役)
  • 第8回 - 瀬戸麻沙美(集(幼少)役
  • 第9回 - 豊崎愛生(鉄道(幼少)役)
  • 第12回 - 入野自由
  • 第13回 - 最終回:「秩父訪問スペシャル編」、番組スタッフと友に

楽屋裏ラジオ「ひみつきち」[編集]

ラジオ本編とは別に、『楽屋裏ラジオ「ひみつきち」』が配信されている(ラジオ本編配信ページの、花びらのマークをクリックすると『楽屋裏ラジオ「ひみつきち」』配信ページにジャンプできる)。

  • パーソナリティ: ツイ(アニプレックス宣伝担当)
  • ゲスト: 茅野愛衣(本間芽衣子〈めんま〉役)
  • 配信期間:(『あの日聞いたラジオの名前を僕たちはまだ知らない。』と同じ)

あの花 neets ノイタミナラジオ[編集]

「劇場版 あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」と「TVシリーズ再放送」を応援の為、配信:2013年7月11日から2013年9月20日 音泉にて、別枠のノイタミナwebラジオと同日配信、毎週金曜日更新。

パーソナリティ
  • 吉田尚記(『ノイタミナラジオ』パーソナリティ、ニッポン放送アナウンサー)
  • 茅野愛衣
アシスタント
  • 西部慎也(無職)
  • まーざん(ニート)
配信日
  • 2013年7月11日 - 2013年9月19日
毎週木曜日25:45更新

復刻版 あの日聞いたラジオの名前を僕たちはまだ知らない。[編集]

劇場映画「心が叫びたがっているんだ。」上映記念として、「劇場版 あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」サイト内ラジオにて配信。(2015年7月11日 - )パーソナリティー:めんま(本間芽衣子)役、茅野愛衣にて配信中。

  • 通称:「復刻版 あの花ラジオ」、
  • 劇場映画「心が叫びたがってるんだ。」上映記念番組として復活。
  • 「ここさけ」公開記念!(表番組) 、「ここだけ♪」(裏番組)

コーナー[編集]

おてがみのコーナー
みんなが叫びたがってるんだ。
ニックネームのコーナー

メディア展開[編集]

小説[編集]

テレビアニメの脚本を手がけた岡田麿里により小説化。『ダ・ヴィンチ』(メディアファクトリー)にて2011年3月号から7月号まで連載された。
その後、MF文庫ダ・ヴィンチより上・下2巻にまとめられ、2011年7月[1]に上巻が、2012年8月には下巻が刊行された。文章の一部はノイタミナ公式サイトでも公開中。

岡田によれば、テレビアニメ版は企画当初、スラップスティックで性的な要素を含んだ作風が想定されていたが、長井や田中の意見を取り入れる過程で友情の話に絞り込むことになった[39]。一方の小説版は、テレビアニメ版よりも岡田が当初想定していた作風に近いものになっているという[40]。小説版では、テレビアニメ版では明言されなかった登場人物の心情や、小説独自のエピソードなども描かれている[1][2]

既刊一覧[編集]

岡田麿里(著)、メディアファクトリー〈MF文庫ダ・ヴィンチ〉、全2冊(上・下)。

  • 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(上)』、2011年7月25日発売[1]ISBN 978-4-8401-3957-1
  • 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(下)』、2012年8月10日発売[2]ISBN 978-4-8401-4689-0

漫画版[編集]

泉光による漫画化作品が『ジャンプスクエア』(集英社)2012年5月号から2013年5月号まで連載された。話数カウントは「第○話」。原作アニメ本編をほぼ忠実に描いている。

単行本[編集]

ゲーム[編集]

2012年8月30日5pb.より、PlayStation Portable用ソフトとして発売。アニメ本編を基本としつつゲームオリジナルストーリーへの分岐、独自エンディングなどが実装されている。

デジタルコンテンツ[編集]

各社でフィーチャーフォンスマートフォン向けのケータイアレンジ・着ボイス・マチキャラ・デコメ・デコフレーム・スキンサービス・めざましなど配信された。2012年8月10日に2Reality.より、オリジナル声優ボイスを取り入れた位置連動機能搭載AR(拡張現実アプリあの花ARプロジェクト」がiPhone向けに発売。

タイアップ[編集]

記念硬券・乗車券[編集]

2011年9月23日に、西武秩父駅限定で1冊1500円の記念きっぷを5000セット限定販売した[41]

2011年10月に、龍勢まつり記念乗車券として第二弾を5000セット販売した。販売駅は池袋・所沢・西武秩父。西武秩父駅が10月7日に先行発売し、10月8日に池袋駅所沢駅で発売[42]

2011年12月10日に秩父鉄道にて、「ANOHANA X’mas Train」の運転を記念して、羽生熊谷寄居大野原秩父御花畑の6駅にてポストカード付き入場券を販売したが、全ての駅にて当日完売した。また、12月25日に秩父鉄道がクリスマス☆ミニイベント限定記念入場券を秩父駅にて販売した[43]

2012年1月21日から羽生・寄居・秩父の3駅でポストカード付き記念乗車券を各駅10,000枚全3種で発売した。同じ埼玉県(久喜市(旧鷲宮町)、春日部市等)を舞台にする『らき☆すた』及びその沿線を舞台に持つ東武鉄道との共同コラボ企画として行われ、秩父鉄道・東武鉄道双方の記念乗車券6枚を購入すると両作品のイラストが入ったクリアファイルが貰えるようになっていた[44]

2012年4月14日から大野原・秩父・御花畑の3駅でポストカード付きSL&急行「あの花×芝桜」号運転時刻と記念入場券が発売された[45]

2013年7月20日より秩父鉄道にてうちわ型劇場版公開記念入場券を羽生、熊谷、寄居、大野原、秩父、御花畑駅窓口並びに ウェブショップにて発売した[46]。また、8月25日・31日のSLパレオエクスプレスは劇場版公開記念列車として運行した他8月25日の運行の際は記念乗車証明証をあの花コスプレイヤーが配布した[47]

2015年3月14日からSL「あの花×SLパレオエクスプレス記念乗車券」を発売した他、3月22日のSLパレオエクスプレスは「あの花×SLパレオエクスプレス記念乗車券」発売記念号として運行しあの花コスプレイヤーによる記念乗車証明証が配布された。

ラッピングトレイン・ラッピングバス[編集]

西武鉄道では、劇場版公開を控えた2013年7月1日より6000系6057Fを、本作のラッピングトレインとしている[48]。秩父札所巡礼と「あの花」聖地巡礼客を狙った「ちちぶ巡礼バス」が2014年2月22日から11月24日まで運行された[49]。これに合わせてレトロバス1台と中型路線バスに1台「あの花」ラッピングが施された[49]

西武鉄道にて、2014年3月31日より当分の間4000系4005編成を、本作のラッピングトレインとしている[50]

その他[編集]

2015年8月には、ソニーのポータブルオーディオ「ウォークマン」のNW-A16に、2015年9月19日公開予定の本作スタッフが携わった映画「心が叫びたがってるんだ。」と本作がコラボレーションした『「ここさけ」×「あの花」コラボレーションモデル』をソニーストアで限定発売[51]。オリジナル背面デザインと壁紙、「あの花」のOPとED音源のハイレゾ収録、そしてめんまのオリジナルハイレゾボイスが収録されており、パッケージもオリジナル仕様となっている。

イベント[編集]

2011年9月25日に、秩父市および秩父郡小鹿野町にまたがる秩父ミューズパーク野外ステージにて、主要声優陣およびアーティストによるイベント「ANOHANA FES.」が開催された[52]。BD/DVD第1巻に優先販売申込券が同梱。本イベントのチケットで西武秩父駅から会場までのシャトルバスに乗車できた。このイベントの模様は、単独商品としてBD/DVDが発売されたほか、先述のBlu-ray Disc BOXにも収録されている。

また、2011年、2012年、2013年、2014年の龍勢祭りでも、「超平和バスターズ」名義の龍勢が実施された。2011年・2014年は茅野愛衣、2012年は早見沙織、2013年は茅野愛衣・近藤孝行がゲストとして来場[53]

2011年11月16日から12月15日までネクソンオンラインゲームマビノギ』にてタイアップイベントが開催された[54]

2012年7月14日から9月2日までお台場アクアシティにて「あの花夏祭」が開催され、同年8月5日には、お台場合衆国内のMY BEAT スタジアムにて主要声優陣およびアーティストによるイベント「あの花夏祭 超平和バスターズのお楽しみ会」が開催された[55]

2013年8月17日には、西武ドームで開催の埼玉西武ライオンズ東北楽天ゴールデンイーグルス戦にて、「劇場版 あの花 〜超平和ライオンズデー〜」と題し、茅野愛衣による始球式やメイン女性声優3名による場内アナウンスを行い[56]、試合終了後には外野グラウンドで声優陣によるトークショーが開催された。

2013年8月24日には、秩父市内にて「あの花夏祭 in ちちぶ」が開催され、声優陣によるトークショーおよびアーティストによるライブ等が行われた。また、事前抽選による当選者限定で、全国公開に先駆けて劇場版の上映会が行われた[57]

2014年8月31日には、道の駅ちちぶをメイン会場に、「あの花夏祭 in ちちぶ Final」が開催され、声優陣によるトークショーおよびライブ、劇場版リバイバル上映などが行われた[58][59]

なお、この「〜Final」イベントをもって“ANOHANA PROJECT”は完結したと公式に宣言された。同時に本作品のメインスタッフによる『あの花。』では無い劇場版オリジナル新作アニメ制作を発表[60]。2014年12月3日、秩父夜祭花火大会にて題名『心が叫びたがってるんだ。』を発表。同時に2015年公開と“ANOHANA PROJECT”サイトで告知された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 脚本を担当した岡田麿里は地元・秩父市出身である。
  2. ^ 作中で舞台が秩父市であることを明示するシーンは、例えば以下がある。
    オープニングに登場する寺の案内板の文字(「秩父17番定林寺」。作中でも何度も登場)、第1話にてあなるが所持していた高校の封筒の文字(「秩父市立緑ヶ丘高等学校」)、第4話でじんたんが腰を下ろしている神社入り口の石柱の文字(「秩父神社」)、および同神社の周囲に取り付けられている看板の文字(「秩父商工会議所 200m先」)、第10話であなるがファストフード店の窓から眺めた信号横の地名標識(「秩父駅入口」)など。また、作中でじんたんが道路工事のアルバイトをした場所は「ヒツジヤマ」(セリフで登場しただけなのでカタカナ表記)と呼ばれていたが、実際に秩父市内には羊山公園という公園がある。
  3. ^ 舞台となる秩父に向かう路線(池袋線西武秩父線)を持つ
  4. ^ 主にサントリーカルビー赤城乳業などの商品
  5. ^ 秩父市内にみどりが丘という地名はあるものの、実在しない架空の中学校である。
  6. ^ さんまは泉光によるコミカライズ版を読んでおり、アニメーション版は未見だった。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 商品詳細 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。上”. メディアファクトリー. 2011年7月28日閲覧。
  2. ^ a b c 商品詳細 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。下”. メディアファクトリー. 2011年8月18日閲覧。
  3. ^ 『オトナアニメ』vol.21、61,75頁。
  4. ^ 『「あの花」製作委員会』など、公式に「あの花」という略称が利用されている。
  5. ^ もともと「あのはな」の予定でタイトルがデザインされていた。「あの花」の長井龍雪監督らに「あのはな」の裏話を聞いてきた.ZAPAnet総合情報局(2011年11月21日)2011年11月24日閲覧 。
  6. ^ 劇場版「あの花」8月31日公開初日決定 最新キービジュアルもお披露目”. 映画.com (2013年3月25日). 2015年6月18日閲覧。
  7. ^ a b 次世代を担う大注目の俳優たちが集結し、奇跡のファンタジーが待望のドラマ化!!『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』”. フジテレビ (2015年6月17日). 2015年6月17日閲覧。
  8. ^ オトナアニメ』vol.20、洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2011年5月9日、144頁。ISBN 978-4-86248-711-7
  9. ^ 「変化する物語」、『月刊ニュータイプ』第27巻第6号、角川書店、2011年3月、 178頁、 雑誌07009-03。
  10. ^ a b c d e “切ない“青春ファンタジー”アニメが話題 ノイタミナ新作、丁寧な演出にネットで絶賛”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2011年5月29日). オリジナル2013年5月1日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/nqQmC 2011年5月29日閲覧。 
  11. ^ a b “「あの花」放映開始 秩父が舞台モデルのアニメ”. 埼玉新聞 (埼玉新聞社). (2011年4月17日) 
  12. ^ “アニメ『あの花』の電子書籍アプリ、無料提供”. 読売新聞 (読売新聞社). (2011年6月6日). オリジナル2011年6月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20110610191742/www.yomiuri.co.jp/net/news/bcn/20110606-OYT8T00858.htm 2011年6月29日閲覧。 
  13. ^ 『オトナアニメ』vol.21、60-61,73頁。
  14. ^ 『オトナアニメ』vol.21、60-61頁。
  15. ^ 日経エンタテインメント! アニメSpecial 声優バイブル』 日経BP2013年、41頁。ISBN 978-4-8222-7576-1
  16. ^ 超平和バスターズの“秘密基地“〜ノイタミナ「あの花」SHOP in 渋谷パルコ〜期間限定開催!”. ノイタミナショップ. 2015年6月17日閲覧。
  17. ^ 東京アニメセンターに「あの花」展が 東京アニメセンター公式サイトより。[リンク切れ]
  18. ^ “切ない“青春ファンタジー”アニメのBD1巻が初登場首位 テレビアニメ史上3位”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2011年7月6日). オリジナル2013年5月1日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/rqeeV 2011年7月14日閲覧。 
  19. ^ “あの花:劇場版アニメ化決定 13年夏公開”. 毎日jp. (2012年8月5日). http://mainichi.jp/mantan/news/20120805dyo00m200020000c.html 2012年8月5日閲覧。 
  20. ^ |title=文化庁メディア芸術プラザ 2012年3月25日閲覧[リンク切れ]
  21. ^ ノイタミナショップ内でのイベントで展示されていた表彰状より。
  22. ^ a b c d e f 「第四章 イラストレーション」『アニメ『あの花』公式キャラブック(無料版)』(電子書籍) ANOHANA PROJECT、NRMパブリッシング(原著2011年6月1日)、電子初版、42頁。2011年6月16日閲覧。
  23. ^ a b 『オトナアニメ』vol.21、50頁。
  24. ^ 小説版より。
  25. ^ secret base〜君がくれたもの〜初回限定版ブックレット。
  26. ^ a b 『オトナアニメ』vol.21、71頁。
  27. ^ 長井龍雪&田中将賀、『オトナアニメ』vol.21、70頁。
  28. ^ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。”. ドコモ・アニメストア. dアニメストア. 2014年3月21日閲覧。
  29. ^ 「あの花」テレビ放映に特別企画 副音声コメンタリーに豪華ゲストが続々とアニメ!アニメ! 2013年7月4日
  30. ^ 2014年記者発表資料(2013年度統計) (PDF)”. 日本映画製作者連盟 (2013年1月28日). 2013年1月28日閲覧。
  31. ^ 「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 劇場用パンフレット」座談会 発行:株式会社アニプレックス
  32. ^ 『劇場版 あの花』、スクリーンアベレージ1位の大ヒットスタート 』”. ORICON STYLE (2013年9月3日). 2015年6月28日閲覧。
  33. ^ 『劇場版 あの花』興収10億円突破! 深夜アニメでは『けいおん!』に次ぐ2位”. マイナビニュース (2013年10月28日). 2015年6月18日閲覧。
  34. ^ フジ製作「あの花」大ヒット、ファン以外も来場”. 映画.com. 2013年11月22日閲覧。
  35. ^ 「あの花」ドラマ版放送日決定、谷花音ら超平和バスターズの幼少期キャストも発表 映画ナタリー 2015年8月19日閲覧。
  36. ^ a b c d e f ドラマ版「あの花」9・21放送!幼少期シーンに谷花音ら”. スポーツ報知 (2015年8月19日). 2015年8月19日閲覧。
  37. ^ a b c d e f 実写版「あの花」に豪華キャスト集結 小泉今日子、吉田羊、リリーら”. Sponichi Annex (2015年9月1日). 2015年9月1日閲覧。
  38. ^ サイサイ、実写版『あの花』主題歌でZONE名曲カバー”. ORICON (2015年7月4日). 2015年7月6日閲覧。
  39. ^ ちばむ (2011年7月26日). “『あの花』、企画当初はドタバタのエロ要素が入っていた”. ダ・ヴィンチ電子部. メディアファクトリー. 2011年7月28日閲覧。
  40. ^ “『あの花』の最終回は、あの伝説的テレビが元ネタ!?”. ニコニコニュース. ダ・ヴィンチ (ニワンゴ). (2011年7月26日). http://news.nicovideo.jp/watch/nw91785 2011年7月28日閲覧。 
  41. ^ 西武鉄道ニュースリリース 9月23日(金・祝)より西武秩父駅限定でアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の記念乗車券を発売します。 (PDF)”. 西武鉄道 (2011年9月8日). 2015年6月18日閲覧。
  42. ^ 西武鉄道ニュースリリース 10月8日(土)より池袋駅・所沢駅・西武秩父駅の3駅でアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の「龍勢まつり記念乗車券」を発売します。 (PDF)”. 西武鉄道 (2011年9月29日). 2015年6月18日閲覧。
  43. ^ ANOHANA X’mas Train運転記念入場券の発売について” (2011年11月23日). 2015年6月18日閲覧。
  44. ^ 東武鉄道・秩父鉄道合同企画 大人気アニメ「らき☆すた×あの花」記念乗車券 を発売します![リンク切れ]
  45. ^ SL&急行「あの花×芝桜」号運転時刻と記念入場券の発売について” (2012年4月12日). 2015年6月18日閲覧。
  46. ^ 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」劇場版公開記念乗車券の発売について” (2013年7月18日). 2015年6月18日閲覧。
  47. ^ SLパレオエクスプレス&お祭り列車-8月ヘッドマークのお知らせ” (2013年7月18日). 2015年6月18日閲覧。
  48. ^ “西武6000系に「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」ラッピング”. 鉄道ニュース (交友社). (2013年7月2日). http://railf.jp/news/2013/07/02/163000.html 2015年6月18日閲覧。 
  49. ^ a b 2月22日(土)から“ちちぶ巡礼バス”の運行に合わせてレトロバスにアニメ「あの花」をラッピング!その他「あの花秘密基地」展示、および「あの花バル」開催! (PDF)”. 西武グループ (2014年2月13日). 2015年6月18日閲覧。
  50. ^ 西武4000系に「あの花×秩父の四季」をテーマに「『あの花』ラッピング電車」を運行します! (PDF)”. 西武グループ (2014年3月25日). 2015年6月18日閲覧。
  51. ^ [めんまのハイレゾ音声収録、ウォークマンAに「あの花」×「ここさけ」コラボモデル http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150806_715316.html] - AV Watch 2015年8月6日
  52. ^ 2011年9月25日 あの花フェスあの花フェス”. 秩父市 (2011年9月25日). 2015年6月18日閲覧。
  53. ^ 今年も秩父で「あの花」龍勢を打ち上げ、茅野愛衣が口上を担当”. おた☆スケ (2014年10月8日). 2015年6月18日閲覧。
  54. ^ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。タイアップ|マビノギ[リンク切れ]
  55. ^ 超平和バスターズがみんなの願いを叶える!『あの花夏祭~超平和バスターズのお楽しみ会~』レポート”. MFS (2012年8月20日). 2015年6月18日閲覧。
  56. ^ 8/17(土)「劇場版 あの花 〜超平和ライオンズデー〜」開催決定!”. 埼玉西武ライオンズ (2013年6月20日). 2015年6月18日閲覧。
  57. ^ 来場者特典情報も大公開! 劇場版先行上映会イベント「あの花夏祭 inちちぶ」公式レポートが到着!”. アニメイトTV (2013年8月27日). 2015年6月18日閲覧。
  58. ^ 今年も逢える、あの日の夏に…。 アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」街なか回遊イベント 「『あの花』夏ラリー2014 in ちちぶ」劇場版公開から1年。作品の舞台“ちちぶ”での最後の夏祭り「あの花夏祭 in ちちぶ Final」を開催します! (PDF)”. 西武グループ (2014年8月7日). 2015年6月18日閲覧。
  59. ^ 8月31日「あの花夏祭 in ちちぶ Final」にWEBアニ玉祭通信取材班はいるぞーーーーー!”. WEBアニ玉祭通信 (2014年8月31日). 2015年5月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月8日閲覧。
  60. ^ 『あの花』チームで新作映画 秩父舞台に 2015年公開”. ORICON STYLE (2014年9月1日). 2015年6月18日閲覧。

以下の出典は『集英社BOOK NAVI』(集英社)内のページ。書誌情報の発売日の出典としている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ ノイタミナ 第2部(25:15 - 25:45)
前番組 番組名 次番組
あの日見た花の名前を
僕達はまだ知らない。
刀語
(ノイタミナ版、1時間枠)
あの日見た花の名前を
僕達はまだ知らない。
(スペシャルOA版)
サムライフラメンコ
(25:20 - 25:50)