wowaka

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
WOWAKAから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
wowaka
別名 現実逃避P
生誕 1987年11月4日
出身地 日本の旗 日本鹿児島県[1]
死没 (2019-04-05) 2019年4月5日(31歳没)
学歴 東京大学[2]
職業 ミュージシャン
作詞家
作曲家
編曲家
ボカロP
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 2009年 - 2019年
共同作業者 ヒトリエ
公式サイト
著名使用楽器
初音ミク
巡音ルカ
Fender Telecaster

wowaka(ヲワカ、1987年昭和62年〉11月4日 - 2019年平成31年〉4月5日[3])は、日本ミュージシャンボカロP

動画投稿サイトニコニコ動画初音ミクなどの音声合成ソフト(VOCALOID)をボーカルに用いたオリジナル曲を発表していた。2011年からはロックバンド「ヒトリエ」のボーカル・ギターとしても活動していた[4]

人物[編集]

鹿児島県出身。中学生の時にロックバンドに興味を持ちギターを始め、高校、大学でバンド活動を行う。東京大学在学中には、サークル「東大音感」の部長を務め[5]、バンドのオリジナル曲のために作曲をはじめる[6]。初音ミクなどのVOCALOIDを知ったのは2008年の12月ごろで、livetuneの「Last Night, Good Night」を聴き、曲の良さと、それを一人で作っているということに衝撃を受け、それまでのバンド活動とは別に2009年4月より初音ミクを使った音楽製作をはじめた[7][8]

2009年5月にニコニコ動画で初めて発表した曲「グレーゾーンにて。」の動画では、絵がかけないなりに曲のイメージを伝えようとした結果として、VOCALOIDのキャラクターの登場しない自作の画像を使用し、以後も作品に一貫性を持たせる意図からキャラクターを使用しないスタイルでの発表を続けた[6]。本人曰くナンバーガールスパルタローカルズから多大な影響を受けており、wowaka名義の曲に関しては母親が初音ミク、父親がナンバーガールなどの発言も残っている。ローリンガールなど、女の子の心を描いた難解な歌詞と、早口のメロディを特徴とする[7]。当初はVOCALOIDでしか出来ないことをやりたいという意識で曲を作っていたが、後にVOCALOIDのよさを生かすことを意識するようになったと言う[9]。VOCALOIDクリエイターとしても活動し、wowakaとも親交のあるミュージシャンの米津玄師は、バンドサウンド系のVOCALOIDクリエイター界隈にじん、ゆちゃPなどと並び「ボカロっぽさ」に影響を与えた存在と評しており、自身もwowakaの影響を受けた一人で敬意を感じていると語っていた[10]

wowakaの作品はニコニコ動画の中でも特に大きな人気を集め、自主制作CDのリリースなども行った後、2011年3月4日にインターネットを中心に活動する音楽家たちによる新レーベルとして設立された「BALLOOM(バルーム)」に参加し、同レーベルの第1弾として、2011年5月18日に初の全国流通のアルバム『アンハッピーリフレイン』をリリースした[11][12]。ニコニコ動画で発表した楽曲の代表作に『裏表ラバーズ』、『ワールズエンド・ダンスホール』、『ローリンガール』、『アンハッピーリフレイン』などが挙げられる[13][14][15]

2011年8月24日に発売された『魔法少女まどか☆マギカ』BD/DVD第5巻の第9話に、BD/DVD版のみのエンディングテーマ曲「and I'm home」の作詞作曲を担当。

2011年からはロックバンド「ヒトリエ」のボーカル・ギターとしての活動が主体になっていたが、2017年8月22日に約6年ぶりとなるVOCALOID楽曲「アンノウン・マザーグース」を発表。当楽曲はVOCALOID初音ミクの10周年を記念したコンピレーションアルバム『HATSUNE MIKU 10th Anniversary Album「Re:Start」』のために書き下ろした楽曲である[16]。なお、同年10月23日には「ヒトリエ」による当楽曲のセルフカバーバージョンを配信している[17]

1st フルAL「アンハッピーリフレイン」が米国「Rate Your Music」の『史上最高の日本の音楽アルバム』にて36位となった。

死去[編集]

2019年4月5日に急性心不全により死去。31歳没[3]。当時は同年3月から開始したヒトリエの全国ツアーの最中で、4月6日には京都、7日には岡山での公演を予定していたが、急遽中止となった[18]

ニコニコ動画に投稿された「裏表ラバーズ」などの動画のコメントには追悼のコメントが寄せられ、Twitterのトレンドを一時wowakaや関連するワードが席巻した[19]。彼の楽曲に影響された多くのボカロPも追悼のツイートを投稿している。

wowakaのTwitterアカウントは、4月1日の「令和きれいだー。」の投稿が最後で、この投稿には追悼や感謝の言葉がリプライで多数届いた。

米津玄師は自身のブログでwowakaについて「僕にとって彼はライバルであり、親友であり、どこか兄のようでもあった。でも亡くした。今は虚しいけど、それも時間が攫(さら)って行くんだろうなと思う」と綴っている[20]

作品[編集]

ヒトリエの作品についてはヒトリエの作品を参照。

アルバム[編集]

発売日 タイトル 収録曲
1st ミニAL 2009年11月15日 the monochrome disc
2nd ミニAL 2010年2月7日 World 0123456789
3rd ミニAL 2010年11月14日 SEVEN GIRLS' DISCORD
1st フルAL 2011年5月18日 アンハッピーリフレイン

楽曲提供・参加作品[編集]

CD[編集]

  • 『EXIT TUNES PRESENTS Supernova』(EXIT TUNES、2009年12月2日発売)
  • EXIT TUNES PRESENTS Vocalolegend feat.初音ミク』(EXIT TUNES、2010年1月20日発売)
    • VOCALOIDを用いた楽曲を収録したコンピレーション・アルバム。「裏表ラバーズ」を提供。
  • 『EXIT TUNES PRESENTS Supernova 2』(EXIT TUNES、2010年3月3日発売)
    • ネットで人気のミュージシャンの楽曲を収録したコンピレーション・アルバム。「ローリンガール」を提供。
  • 『LOiD-02 -postrock- LOiD's MiND』(LOiD、2010年3月17日発売)
    • VOCALOIDプロデューサーのインスト曲を集めたコンピレーション・アルバム。「delayed verb」を提供。同曲は『World 0123456789』収録のomake音源の別アレンジ版。
  • EXIT TUNES PRESENTS Vocalogenesis feat.初音ミク』(EXIT TUNES、2010年5月19日発売)
    • VOCALOIDを用いた楽曲を収録したコンピレーション・アルバム。「ローリンガール」を提供。
  • VOCAROCK collection feat. 初音ミク』(FARM RECORDS、2010年7月21日発売)
    • VOCALOIDを用いたロックを収録したコンピレーション・アルバム。「ワールズエンド・ダンスホール」を提供。
  • 『ニコニコ東方見聞録 原曲集』(BinaryMixx Records、2011年1月5日発売)
    • ニコニコミュージカルの公演「ニコニコ東方見聞録」へ提供した楽曲の原曲を収録したコンピレーション・アルバム。「ワールズエンド・ダンスホール」を収録。
  • Letters to U』(アニプレックス、2011年4月20日発売)
    • LiSAのミニアルバム。「覚醒屋」の作曲・編曲を担当。
  • 『「ニコニコ東方見聞録」歌ってみた 〜キャストボーカル集〜』(BinaryMixx Records、2011年4月27日発売)
    • ニコニコミュージカルの公演「ニコニコ東方見聞録」へ提供した楽曲を収録したコンピレーション・アルバム。ぽこた蛇足、野宮あゆみ、やまだん による「ワールズエンド・ダンスホール」を収録。
  • 『SUPER VOCALO BEAT』(ドワンゴ・ミュージックエンタテインメント、2011年6月1日発売)
    • VOCALOID曲をユーロビートにリミックスしたアルバム。「ワールズエンド・ダンスホール」を提供。歌い手は湯毛
  • VOCALOID BEST from ニコニコ動画 (あか)』(ソニー・ミュージックダイレクト、2011年6月22日発売)
    • ニコニコ動画でVOCALOIDを用いて発表された曲を集めたベストアルバム。「ワールズエンド・ダンスホール」を提供。
  • 『V.I.P Append(Marasy plays Vocaloid Instrumental on Piano)』(ドワンゴ・ミュージックエンタテインメント、2011年7月27日発売)
    • marasyのピアノソロアルバム。「ワールズエンド・ダンスホール」を提供。
  • 「antinotice」 /「花弁」(トイズファクトリー、2011年8月17日発売)
    • 秋赤音のシングル。「antinotice」の作詞・作曲を担当。
  • 初音ミク-Project DIVA- extend Complete Collection』(ソニー・ミュージックダイレクト、2011年11月9日発売)
    • ゲームソフト『初音ミク -Project DIVA- extend』の公式コンピレーションアルバム。ゲームに提供した「裏表ラバーズ」、「ローリンガール」を収録。
  • 『かえしうた』(dmARTS、2011年11月30日発売)
    • おさむらいさんによるVOCALOID楽曲のアコースティックギターによるソロアレンジカバーを収録したアルバム。「ワールズエンド・ダンスホール」を提供。
  • 『初音ミク DANCE REMIX Vol.1』(ビクターエンタテインメント、2011年12月7日発売)
    • VOCALOID関連楽曲のダンスリミックスアルバム。「ワールズエンド・ダンスホール」を提供。
  • LOVER"S"MiLE』(アニプレックス、2012年2月22日発売)
    • LiSAのファースト・アルバム。「EGOiSTiC SHOOTER」の作曲・編曲を担当。
  • 『TwinTail・TwinGuiter』(Royal Records、2012年5月9日発売)
    • 海賊王×[TEST]によるアレンジカバーアルバム。「ローリンガール」を提供。
  • 初音ミク 5thバースデー ベスト〜impacts〜』(ドワンゴ・ミュージックエンタテインメント、2012年8月1日発売)
    • 初音ミク発売5周年を記念したベストアルバム。「裏表ラバーズ」を提供。
  • 有形世界リコンストラクション』(ポニーキャニオン、2012年10月17日発売)
  • 『V-box』(dmARTS、2012年10月31日発売)
    • まらしぃのピアノアルバム。「アンハッピーリフレイン」を提供。
  • 『初音ミク -Project DIVA- F Complete Collection』(ソニー・ミュージックダイレクト、2013年3月6日発売)
    • ゲームソフト『初音ミク -Project DIVA- F』の公式コンピレーションアルバム。ゲームに提供した「アンハッピーリフレイン」、「ワールズエンド・ダンスホール」を収録。
  • LANDSPACE』(アニプレックス、2013年10月30日発売)
    • LiSAの2枚目のアルバム。「ヒトリワラッテ」の作詞・作曲・編曲を担当。
  • 『HATSUNE MIKU 10th Anniversary Album「Re:Start」』(ドワンゴ、2017年8月30日発売)
    • 初音ミク発売10周年を記念したコンピレーション・アルバム&ベストアルバム。「アンノウン・マザーグース」を提供。
  • 愛が地球救うんさ!だってでんぱ組.incはファミリーでしょ」(トイズファクトリー、2020年4月15日発売)※3年前のレコーディング。

その他[編集]

  • 『ミクうた、おかわり』(セガ、2010年3月25日発売)
  • 魔法少女まどか☆マギカ』BD/DVD第5巻(アニプレックス、2011年8月24日発売)
    • テレビアニメの映像ソフト。テレビ放送版ではエンディングテーマ曲が用いられなかった第9話での、BD/DVD版のみのエンディングテーマ曲「and I'm home」の作詞作曲を担当[21]。第9話の劇中で死亡した登場人物のキャラクターソングという体裁となっている。
  • 『初音ミク -Project DIVA- extend』(セガ、2011年11月10日発売)
    • ゲーム内でプレイできる楽曲として「裏表ラバーズ」、「ローリンガール」を提供。
  • 『初音ミク -Project DIVA- f』(セガ、2012年8月30日発売)
    • ゲーム内でプレイできる楽曲として「アンハッピーリフレイン」、「ワールズエンド・ダンスホール」を提供。
  • 『初音ミク -Project DIVA- F』(セガ、2013年3月7日発売)
    • ゲーム内でプレイできる楽曲として「アンハッピーリフレイン」、「ワールズエンド・ダンスホール」を提供。
  • プロジェクトセカイ
    • ゲーム内でプレイできる楽曲として「裏表ラバーズ」、「ワールズエンド・ダンスホール」、「ローリンガール」、「アンノウン・マザーグース」を提供。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ヒトリエ「イマジナリー・モノフィクション」インタビュー”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ. 2019年4月8日閲覧。
  2. ^ 第1回講義録! 東大で注目の講義「ボーカロイド音楽論」全文掲載 - 東大新聞オンライン
  3. ^ a b インフォメーション | ヒトリエ | ソニーミュージック オフィシャルサイト
  4. ^ ボーカロイド“現実逃避P”からバンド活動へ 「ヒトリエ」wowakaの辿ってきた道”. クランクイン (2015年8月19日). 2015年8月19日閲覧。
  5. ^ 「この学生サークルが面白い! vol.16 東大音感」音楽主義より。
  6. ^ a b 『ボカロ神Pと超絶クリエイターたち〜才能が出逢う場所』ヤマハミュージックメディア、2011年、22-24頁。ISBN 978-4636867572 
  7. ^ a b 「ボカロPインタビュー」『Gekkayo』第426号、ゲッカヨ、2011年7月、 26頁。
  8. ^ “バンドとニコ動、2つの顔を持つ「裏表ラバーズ」作者の素性”. ascii.jp (アスキー・メディアワークス). (2010年2月13日). http://ascii.jp/elem/000/000/497/497898/ 2011年5月27日閲覧。 
  9. ^ 『VOCALOIDをたのしもう6』ヤマハミュージックメディア、2011年、40頁。ISBN 978-4-636-86584-4 
  10. ^ “米津玄師、wowakaさん訃報をRT 過去には「影響受けた人間の一人」とツイート”. デイリースポーツ online. (2019年4月8日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/04/08/0012223521.shtml 2019年4月8日閲覧。 
  11. ^ “ネットの音楽クリエーターたちが新レーベルを設立”. 日経トレンディネット (日経BP). (2011年3月5日). http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/news/20110304/1034794/?ttr&rt=nocnt 2011年5月27日閲覧。 
  12. ^ “「毎回外さないようにしているのは焦燥感や、もやもやした気持ち」ニコ動ヒットメーカーwowakaが描く思春期の感情”. webDICE (アップリンク). (2011年5月20日). http://www.webdice.jp/dice/detail/3062/ 2011年5月27日閲覧。 
  13. ^ 岡田有花 (2019年4月8日). ““現実逃避P”wowakaさん急死 ニコ動に追悼と「ありがとう」 「裏表ラバーズ」など曲名もトレンドに”. ITmedia NEWS. https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1904/08/news104.html 2020年5月26日閲覧。 
  14. ^ 柴那典 (2019年4月20日). “ヒトリエ wowakaが音楽シーンにもたらした“発明” ロックをアップデートしてきた足跡を辿る”. リアルサウンド: p. 1. https://realsound.jp/2019/04/post-350651.html 2020年5月26日閲覧。 
  15. ^ 橋川良寛 (2019年4月28日). “「超ボカニコ2019」に見た“wowakaが残したもの” DJ’TEKINA//SOMETHING「『またどうせ見れるから』って言わないで」”. リアルサウンド テック: p. 1. https://realsound.jp/tech/2019/04/post-355387.html 2020年5月26日閲覧。 
  16. ^ “【知りたい】wowakaの6年ぶりボカロ曲“アンノウン・マザーグース”までを貫く世界観とは?”. rockinon.com. (2017年8月30日). https://rockinon.com/news/detail/166353 2019年4月8日閲覧。 
  17. ^ “ヒトリエ、wowakaボカロ楽曲「アンノウン・マザーグース」セルフカバー配信&サブスクリプション開始”. Musicman-net. (2017年10月23日). https://www.musicman-net.com/artist/69960 2019年4月8日閲覧。 
  18. ^ ヒトリエ TOUR 2019” (日本語). ヒトリエ | Sony Music. 2021年2月20日閲覧。
  19. ^ “現実逃避P”wowakaさん急死 ニコ動に追悼と「ありがとう」 「裏表ラバーズ」など曲名もトレンドに”. 2020年8月29日閲覧。
  20. ^ 野暮” (日本語). 米津玄師 公式ブログ. 2021年2月20日閲覧。
  21. ^ 丹羽一臣 (2011年7月23日). “「まど☆マギ」さやか&杏子の公式キャラソン 作曲はニコ動で活躍のボカロP”. ニコニコニュース (ニワンゴ). https://news.nicovideo.jp/watch/nw90829 2011年8月24日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公式サイト[編集]

公式SNS[編集]