八ツ橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
八ツ橋
Yatsuhashi 20160422.JPG
八ツ橋(井筒八ッ橋本舗製)
種類 和菓子
発祥地 日本の旗 日本
地域 不詳
考案者 不詳
誕生時期 一説には1689年(元禄2年)
主な材料 米粉・砂糖・ニッキ
派生料理 生八ツ橋
テンプレートを表示
生八ツ橋
Yatsuhashi nama.jpg
生八ツ橋(ニッキ風味)
種類 和菓子
発祥地 日本の旗 日本
地域 不詳
考案者 不詳
誕生時期 1960年
主な材料 米粉・砂糖・ニッキ
その他お好みで 小倉餡・抹茶 等
類似料理 生せんべい
テンプレートを表示

八ツ橋(やつはし、八橋八つ橋八ッ橋とも記す。焼き八ツ橋とも[1])は、京都を代表する和菓子の一つである。

名前の似た菓子として生八ツ橋(なまやつはし)があり、本項で併せて説明する。

概要[編集]

米粉・砂糖・ニッキ(肉桂、シナモン)を混ぜて蒸した生地を、薄く伸ばして焼き上げた堅焼き煎餅の一種。形はまたはを模しているとされ、長軸方向に凸になった湾曲した長方形をしている。

生地を焼かずに切っただけの「生八ツ橋」、さらに派生して生八ツ橋でつぶなどを包んだ商品も存在する。生八ツ橋の登場は1960年代と比較的新しく[2]、現代では特に餡入りのものは創意工夫が凝らされ、生地に抹茶やごま・餡に果物やチョコレートを用いるものも生み出され、八ツ橋よりも生八ツ橋の方が好まれる傾向にある[3][4]。餡入り生八ツ橋を単に「八ツ橋」と呼ぶことも増えており、区別のために焼いた八ツ橋を「焼き八ツ橋」とする造語も生まれている[1]

今日では八ツ橋・生八ツ橋ともに京都を代表する銘菓として認知されており[3]2006年(平成18年)の京都市による統計調査では京都観光土産として菓子類を購入する人は96%にのぼるが、そのうち八ツ橋の売上は全体の45.6%(生八ツ橋24.5%、八ツ橋21.1%)を占めている[4]。また、和菓子として消費者がそのまま食べるほか、前菜や酒のつまみ、料理の食材として使う飲食店も一部にある[5]

生八ツ橋は、古くは皮によって包まれていたが、現在は賞味期限を延ばすためにほとんどが真空パック詰めされている。そのため、真空パックを開封しなければ賞味期限はおおよそ9日から11日となっている。ただし、昔ながらの製法を特徴としているメーカーの商品の場合は、保存料酸化防止剤を使わず、真空パックもしない品質保持についても昔ながらであるために、賞味期限は季節にもよるが2日 - 4日と、他メーカーの製品と比較して極端に短い。

歴史・起源[編集]

八ツ橋の起源は不明な部分が多いが、主に以下の2つの説が挙げられる[3][6][7]

  1.  箏曲の開祖と称えられる八橋検校を偲び、の形を模した干菓子を「八ツ橋」と名付けたとする説
  2.  歌人として名高い在原業平を偲び、『伊勢物語』第九段「かきつばた」の舞台である「三河国八橋」にかけ、八枚橋の板の形を模した菓子を作ったとする説

京都の八ツ橋製造業者の団体京都八ツ橋商工業協同組合[3][8]に加盟する14社のうち、1.の説を支持するのが聖護院八ツ橋総本店井筒八ッ橋本舗など6社[6]、2.の説を支持するのが本家西尾八ッ橋・本家八ッ橋の2社である[9]。上記のいずれの説でも元禄年間に原型が作られ、現在に近い形になったのは享保年間としている点は共通している[2]

元々の発売時期も判然としないが、1879年(明治10年)に京都に鉄道が通ると西尾松太郎が京都駅で土産物として販売を開始し[3][6]1915年(大正4年)の大正天皇即位の祝賀行事で京都を訪れた人々が買い求めたことで全国的に有名になったとされる[6][10]。その間に西尾松太郎から事業を引き継いだ息子の西尾為治が、1900年(明治33年)のパリ万国博覧会に八ツ橋を出品して銀賞を受賞している[6]。この頃の出版物には1926年(大正15年)に京都府内務部が発行した京都名物紹介本『京の華』があり、その中で八ツ橋の起源について「西尾為治の祖先が1689年(元禄2年)に三河の僧侶から製法を教わって、聖護院の森で販売を始めた」との記述があるが、それ以上の詳しいことは書かれておらず真偽についても不明である[6]

1960年代には「生八ツ橋」が考案され[2]、次いで美十が生八ツ橋で餡を包む商品を考案したとされる[10]

発祥を巡る騒動[編集]

前述したとおり、八ツ橋の普及には西尾松太郎・為治親子とその祖先が関わっている[6]。しかし八ツ橋に関する文献の多くは戦後発行であり聖護院八ツ橋総本店・井筒八ッ橋本舗からの聞き取りに頼る部分が多く、戦前に発行された京都名物紹介本『京の華』についても為治本人から聞き取った内容を掲載しているだけの可能性があり、詳細についてはいずれも正確性・中立性が保証されていない[6]。ゆえに前述した起源についての2つの節を含め、業界各社で発祥などを巡って対立するケースも存在する[6]

西尾為治を巡っては、聖護院八ツ橋総本店と本家西尾八ッ橋などの間で確執が存在している[6]。両社はともに創業について『京の華』の記述に近い「1689年(元禄2年)に聖護院の森で菓子を発売した」という点で共通しており、これは両社の設立経緯が関係している[6]。聖護院八ツ橋総本店は西尾為治が個人で営んでいた和菓子店・玄鶴堂を1926年(大正15年)に法人化して誕生しているが、経営危機から4年後息子の西尾為一とともに聖護院八ツ橋総本店を去っている[6]1947年(昭和22年)に西尾為一が個人で八ツ橋の製造販売を再開し1952年(昭和27年)に「本家八ッ橋聖護院西尾」として法人化しているが、『聖護院』を名乗り『創業二百六十余年』『本家八ッ橋』といった文言を宣伝に用いたことで聖護院八ツ橋総本店から提訴される[6]1959年(昭和34年)に西尾側が「聖護院」などを使用しないことで和解が成立し、社名からも「聖護院」を削除して今の社名となった[6]。いわば「西尾為治の継承者は聖護院八ツ橋総本店」が認められた形であったが、1969年(昭和44年)に京都府が『100年以上続く老舗業者』を表彰した際に「最古の八ツ橋業者」として表彰されたのは本家西尾八ッ橋であった[6]。これを不満に思った聖護院八ツ橋総本店は、表彰されるべきは我社である旨を記した「聖護院文書」と題した冊子を同業他社に配布するに至った[6]

西尾為治をルーツとする業者は他に、西尾松太郎の次男・西尾為忠が構えた「八ッ橋西尾為忠商店」、三男・西村源太郎が構えた「本家八ッ橋」が存在している[6]。このうち少なくとも本家八ッ橋は本家西尾八ッ橋と同じ創業地・創業年を掲げているが、本家西尾八ッ橋は「為治の祖先」としている1689年(元禄2年)の創業者については「西村彦左衛門」の名前を挙げている[6]。なお、「西村」姓は西尾松太郎の旧姓である[6]

このように西尾為治をルーツに持つ聖護院八ツ橋総本店などは、八ツ橋の起源として「1689年(元禄2年)に聖護院の森の黒谷(金戒光明寺参道茶店にて供された」と公表して宣伝に用いるケースも存在する[2]。しかし起源については前述のように不明な点が多く、1.の説を支持する業者のうち聖護院以外の5社で構成する京銘菓八ツ橋工業協同組合は聖護院八ツ橋総本店に対して「その時代に八ツ橋が存在したという文献はなく、根拠もなしに聖護院が創作したように誤解を与える表現」だとして是正を求め、2017年(平成29年)5月に民事調停を申し立てた[2][6]。聖護院側は「法で定められた民事調停の対象ではない」と主張し、調停は不成立に終わった[2][6]2018年(平成30年)6月には井筒八ッ橋本舗が単独で、聖護院八ツ橋総本店に記載差し止め等を求めて京都地方裁判所に提訴[6][11]。京都地裁は2020年(令和2年)6月10日に「表示は創業年と解釈されると推測される」「全てが誤りという確証はない」として井筒側の請求を棄却[12][13]、判決を不服とした井筒側は6月23日に大阪高等裁判所に控訴した[14]

主な製造業者[編集]

以下に主な八ツ橋を製造する業者と創業年、各社で独自の名称を付けている餡入り生八ツ橋の名称を挙げる[15]。なお法人名と別に屋号が存在する場合は、法人名に続けて( )書きで表記する。

聖護院八ツ橋総本店(玄鶴堂)
1689年(元禄2年)創業、1926年(大正15年)法人化。餡入り生八ツ橋の名称は「聖(ひじり)」。
本家西尾八ッ橋
1689年(元禄2年)創業、1948年(昭和23年)法人化。餡入り生八ツ橋の名称は「あんなま」。
井筒八ッ橋本舗
1805年(文化2年)創業、1960年(昭和35年)法人化。餡入り生八ツ橋の名称は「夕子」。
美十(おたべ)
1957年(昭和32年)創業、1969年(昭和44年)法人化。餡入り生八ツ橋の名称は「おたべ」。

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 八つ橋と焼き八つ橋の違いは? 生八つ橋を焼くと焼き八つ橋になる!?”. おみやげ情報館. 2020年10月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e f なぜ老舗同士がトラブル? ~ 京菓子「八ツ橋」騒動”. Yahoo! Japan (2018年6月6日). 2020年10月22日閲覧。
  3. ^ a b c d e 事典 和菓子の世界 155頁
  4. ^ a b 平成18年京都市観光調査年表 (PDF) - 京都市 産業観光局(オリジナルはリンク切れのため2011年11月10日時点のアーカイブスを参照)
  5. ^ え、これ全部…?原材料:八つ橋/意外に合う!?SNSで話題/アボガドママ?〕巻きやコーラまで登場『日経MJ』2019年6月12日(トレンド面)。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 「八ッ橋」訴訟、なぜ業界各社は沈黙するのか”. 東洋経済ONLINE (2018年7月7日). 2020年10月22日閲覧。
  7. ^ 華麗なる八ッ橋”. コトログ京都 和菓子. 2020年10月23日閲覧。
  8. ^ 「京都八ツ橋商工業協同組合」の店舗一覧”. 京都府菓子工業組合. 2020年10月23日閲覧。
  9. ^ 京都「八ツ橋」の老舗同士が裁判…同じ“1689年創業”の老舗が語る“根拠””. FNNプライムオンライン (2018年6月5日). 2020年10月23日閲覧。
  10. ^ a b 八つ橋の特徴・歴史・味”. 和菓子の季節.com. 2020年10月26日閲覧。
  11. ^ “井筒八ッ橋の請求棄却 聖護院八ッ橋を訴えた訴訟で”. 京都新聞. (2020年6月10日). https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/273072 2020年6月11日閲覧。 
  12. ^ 京都・老舗「八ッ橋」店 裁判、原告敗訴「創業年に誤認ない」 ”. TBS NEWS (2020年6月10日). 2020年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月22日閲覧。
  13. ^ 「八ツ橋」表示めぐり「井筒」敗訴 「1689年創業」不当と損賠請求―京都地裁 ”. 時事ドットコム (2020年6月10日). 2020年10月22日閲覧。
  14. ^ “聖護院を訴えた「八ッ橋」創業年訴訟、請求棄却の井筒が控訴 ”. 京都新聞. (2020年6月23日). https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/288735 2020年10月22日閲覧。 
  15. ^ “京都八つ橋の乱勃発!老舗「井筒八ッ橋本舗」がライバルを提訴「1689年創業はウソ」”. スポーツ報知. (2018年6月5日). https://hochi.news/articles/20180604-OHT1T50189.html 2020年10月23日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]