生せんべい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般的な生せんべい。茶色のものは黒糖、白色のものは上白糖を使用している。
抹茶味付のミニサイズ。
外装

生せんべい(なま-)とは、名前にせんべいとあるものの、半生菓子に組する和菓子の一種である。もちっとした食感に、ほのかに甘味がある。そのまま焼かずに食べる。

地元、愛知県でも広く名前が知られていなく、シルシルミシル等で紹介されたのを期に知名度が上がり人気が出てきている[要出典]

由来[編集]

1560年(永禄3年)の桶狭間の戦いの時に、徳川家康が母親(伝通院)のいる知多半島へ逃れる途中、百姓の庭先に干してあるせんべいを生のままで献上させたことが、生せんべいの始まりと伝わる[1]

作り方[編集]

米粉を水で練り、蒸して団子状にしたものに、砂糖蜂蜜を加えてさらに練る。これを薄く延ばし、切って乾燥させ、3枚1組にまとめる[2]。 上白糖を用いた白色、黒砂糖を用いた茶色のほか、昨今では抹茶味も加わっている。

その他[編集]

  • 普通のせんべいと異なり、食べても音がせず、食べ屑が出ないことから、観劇などに向いているとされる。
  • 厚い一枚の生地のように見えるが、実は3層重なっており端から薄くめくり食べる事もできるが、本来は重ね合わせることで空気が入り食感やうまみが増すためであり、めくる方法は正式ではない[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 生せんべいの物語
  2. ^ 生せんべいとは 総本家田中屋 2013年12月8日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]