フジテレビの深夜アニメ枠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フジテレビの深夜アニメ枠では、フジテレビで深夜帯(おおむね23時台以降)に放送される深夜アニメ全般について扱う。

金曜未明(木曜深夜)に放送中の『ノイタミナ』枠、木曜未明(水曜深夜)の『+Ultra』枠、およびかつて木曜未明(水曜深夜)に放送されていた『NOISE』枠の作品に関しては各記事を参照のこと。

概要[編集]

フジテレビは、1963年に日本初の深夜アニメ『仙人部落』を皮切りに、1987年の『レモンエンジェル』など、いわゆるフロート番組(番組内番組)を含め不定期に深夜アニメを放送してきた[1]

2001年4 - 7月期の『パチスロ貴族 銀』の放送を機に、木曜未明(水曜深夜)を中心とした番組枠で深夜アニメの放送が定着。2002年頃には深夜アニメ市場の急拡大の影響を受け[2]、同年10月期になると番組数が4本に急増、翌2003年4月期には4本中3本が集中していた木曜未明(水曜深夜)の番組枠に『あにめ缶』というレーベル名称を設けた[3]

その一方で、同年12月1日地上デジタル放送のチャンネル開局に伴う放送設備のメンテナンスによる深夜帯の放送休止が頻発したことなどが災いし、休止の翌週以降に2話以上の連続放送を繰り返し行なったり、放送回数が不足した結果、一部のエピソードを放送できずに打ち切りとしたりするなどの番組編成のトラブルが度々発生した[2]。例として、2002年1月期の『Kanon(第1作)』は同月末からの放送開始となった関係で、全13話中9話が連続放送(2話連続が3回、3話連続が1回)となった。また、『クロノクルセイド』は全24話(毎週1話ずつ放送すれば約6ヶ月間で放送終了)という話数に対し、2003年11月25日から2004年6月9日まで、放送に29週間(7ヶ月強)かかった(途中、改編期を挟んだ都合で放送枠の移動あり)。同作を含む火曜未明(月曜深夜)の番組枠においては、2003年1月から2004年6月までの6クール(1年半)の間に5クール(1年3ヶ月)分の作品しか放送できなかった[注 1]

『あにめ缶』レーベルは約1年で消滅し、2004年9月の『GIRLSブラボー first season』と『サムライチャンプルー』の放送終了をもって、フジテレビの深夜アニメ枠自体も一時消滅した[注 2]

2005年4月には新たな深夜アニメ枠として、金曜未明(木曜深夜)に『ノイタミナ』枠を創設し、当初は女性向けの作品を中心にラインナップするなどしてイメージを一新させたほか、それまでの関東ローカル主体の放送から系列局にもネット局を順次拡大している。また、同年10月には『ノイタミナ』とは別に日曜未明(土曜深夜)にも番組枠が設けられ『DO!深夜アニメ劇場』枠として、2008年10月には古巣の木曜未明(水曜深夜)に移動した上で『NOISE』枠として、2009年9月までの計4年間にわたり2本体制の深夜アニメ枠が展開された。半年間の『ノイタミナ』枠のみの体制を経て、2010年4月から2015年3月までの5年間は『ノイタミナ』枠自体が2本体制に拡大されたが、2015年4月以降は久々に1本体制に戻った。

2018年10月には、フジテレビ系のBS局であるBSフジも製作に参加する『+Ultra』枠が創設。『NOISE』枠の最終作品である『青い花』が終了した2009年9月以来、9年ぶりに古巣の木曜未明(水曜深夜)の深夜アニメ枠が復活した。2022年現在は一部の例外を除いて、『ノイタミナ』と『+Ultra』の2レーベル・2本体制で作品を継続して放送している。2022年10月には2004年9月以来、実に18年ぶりに火曜未明(月曜深夜)2時台の深夜アニメが復活する。

BSフジでも、『ノイタミナ』などの各枠を含む一部の作品(製作に参加している『+Ultra』枠については全作品)が放送されているほか、フジテレビ系の専門チャンネルであるフジテレビワンツーネクストの各チャンネル(主にフジテレビ721→フジテレビTWO)や、アニマックス[注 3]およびAT-Xテレビ東京系)などのアニメ専門チャンネルでも遅れて放送されることがある。

番組一覧[編集]

特記無き限りは30分番組。

放送予定[編集]

放送終了[編集]

番組の変遷[編集]

フロート番組(番組内番組)やミニ番組は除く。『ノイタミナ』枠と『+Ultra』枠の番組については、各記事を参照のこと。

放送日が2日以上にわたる場合は、月曜未明(日曜深夜)を基準として放送が早い作品を1作目とする。

1998年から2004年まで
1作目 2作目 3作目 4作目
1998年4月 DTエイトロン
<日曜未明(土曜深夜)・第1部>
※4 - 11月
頭文字D(First Stage)
<日曜未明(土曜深夜)・第2部>
   
1998年7月
1998年10月
≪この期間は休止≫
1999年10月 頭文字D(Second Stage)
<金曜未明(木曜深夜)>
※10月 - 2000年1月
     
≪この期間は休止≫
2001年4月 パチスロ貴族 銀
<木曜未明(水曜深夜)>
     
2001年7月
2001年10月 HELLSING
<木曜未明(水曜深夜)>
※10月 - 2002年1月
     
2002年1月 Kanon(第1作)
<木曜未明(水曜深夜)>
     
2002年4月 ラーゼフォン
<水曜未明(火曜深夜)>
※第10話以降
藍より青し
<木曜未明(水曜深夜)>
   
2002年7月
2002年10月 超重神グラヴィオン
<火曜未明(月曜深夜)>
キディ・グレイド
<水曜未明(火曜深夜)>
灰羽連盟
<木曜未明(水曜深夜)・第1部>
ハングリーハート WILD STRIKER
<木曜未明(水曜深夜)・第2部>
2003年1月 WOLF'S RAIN
<火曜未明(月曜深夜)>
※1 - 7月
L/R -Licensed by Royal-
<木曜未明(水曜深夜)・第1部>
2003年4月 ハングリーハート WILD STRIKER
<木曜未明(水曜深夜)・第1部>
※ - 2004年2月
GAD GUARD
<木曜未明(水曜深夜)・第2部>
TEXHNOLYZE
<木曜未明(水曜深夜)・第3部>
2003年7月 フルメタル・パニック? ふもっふ
<火曜未明(月曜深夜)>
※8 - 11月
2003年10月[注 9] R.O.D -THE TV-
<木曜未明(水曜深夜)・第2部>
GUNSLINGER GIRL
<木曜未明(水曜深夜)・第3部>
2004年1月[注 9] クロノクルセイド
<火曜未明(月曜深夜)>
※2003年11月 - 2004年6月
2004年4月 GANTZ 〜the first stage〜
<火曜未明(月曜深夜)>
サムライチャンプルー
<木曜未明(水曜深夜)>
※5月 -
 
2004年7月 GIRLSブラボー first season
<火曜未明(月曜深夜)>
サムライチャンプルー
<木曜未明(水曜深夜)>
   
≪深夜アニメ枠中断(2004年10月から2005年9月まで)≫
2005年から2009年まで
作品名
ここから『DO!深夜アニメ劇場』レーベルとして日曜未明(土曜深夜)に放送
2005年10月 蟲師
2006年1月
≪この期間は休止≫
2006年10月 バーテンダー
2007年1月 月面兎兵器ミーナ
2007年4月 スカルマン THE SKULL MAN
≪この期間は休止≫
2007年10月 しおんの王
2008年1月
2008年4月 二十面相の娘
2008年7月
ここまで『DO!深夜アニメ劇場』レーベル、
ここから『NOISE』レーベルとして木曜未明(水曜深夜)に放送
2008年10月 ミチコとハッチン
2009年1月
2009年4月 リストランテ・パラディーゾ
2009年7月 青い花
『NOISE』レーベル廃止

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ WOLF'S RAIN』(2クール)→『フルメタル・パニック? ふもっふ』(1クール)→『クロノクルセイド』(2クール)。同様のトラブルは、毎日放送(MBSテレビ)の『アニメシャワー』枠でもほぼ同時期に発生していた。詳細は同記事を参照のこと。
  2. ^ この時期と前後して、深夜アニメの放送に消極的だったテレビ朝日で一時的に深夜アニメ枠が拡大する現象が発生していた(2007年3月まで)。
  3. ^ 同局のスカパー!向けのかつて(2011年9月まで)の衛星基幹放送事業者であったサテライト・サービスはフジテレビ系の企業であり、運営会社(アニマックスブロードキャスト・ジャパン)の代表取締役社長に就いていた滝山正夫はフジテレビ子会社のフジエイト→フジクリエイティブコーポレーション(FCC)の出身であるなど、経営・番組編成の両面でフジテレビとのつながりが多い。『ハングリーハート WILD STRIKER』ではフジテレビと共同で製作に参加したほか、『GAD GUARD』や『サムライチャンプルー』のように、フジテレビにおいて全ての話数を放送しきれなかった作品の放映権を取得し、全話完全放送を行なった事例もある。
  4. ^ フジテレビからの!』として放送。
  5. ^ 『深夜秘宝館』内にて放送。
  6. ^ フジバラナイト FRI』後半枠として放送。
  7. ^ オールナイトフジ』内にて放送。
  8. ^ それぞれTOKYO MX群馬テレビとちぎテレビにて放送されたため。
  9. ^ a b このほか、『ギルガメッシュ』が日曜未明(早朝)の4:13から4:43に放送された。

出典[編集]

  1. ^ “藤津亮太のテレビとアニメの時代 第22回 深夜アニメ前史”. 藤津亮太 (アニメ!アニメ!). (2011年2月1日). http://www.animeanime.biz/archives/7239 2022年7月23日閲覧。 
  2. ^ a b “藤津亮太のテレビとアニメの時代 第24回 00年代 テレビアニメ放映過去最高へ”. 藤津亮太 (アニメ!アニメ!). (2011年5月5日). https://www.animeanime.biz/archives/8445 2022年7月23日閲覧。 
  3. ^ a b フジテレビ週間番組表”. 2003年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月6日閲覧。
  4. ^ 「鬼滅の刃」フジで地上波GP帯初放送 10月2週” (2020年9月7日). 2020年10月11日閲覧。
  5. ^ 朝日新聞 2020年10月17日テレビ欄より。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

2000年代前半の番組編成のトラブルに関するデータと考察が掲載されている。