森田宏幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
もりた ひろゆき
森田 宏幸
本名 森田 宏幸(もりた ひろゆき)
生年月日 (1964-06-26) 1964年6月26日(52歳)
出生地 日本の旗 福岡県
職業 アニメーターアニメーション監督
ジャンル 映画テレビアニメ
公式サイト 森田宏幸のブログ
主な作品
GOLDEN BOY さすらいのお勉強野郎
絵コンテ演出
猫の恩返し』(監督
ぼくらの』(監督・絵コンテ・演出・原画

森田 宏幸(もりた ひろゆき、1964年6月26日 - )は、日本アニメーターアニメーション監督ポリゴン・ピクチュアズ所属。

略歴[編集]

福岡県出身。福岡県立筑紫高等学校卒業。高校時代に製作した自主制作漫画映画『ガラスわり少年』で、当時アニメ雑誌の作品コンテストなどで賞を取った経歴をもつ。この時のメンバーに、漫画家のとだ勝之がいる。

福岡大学工学部機械工学科卒業後、アニメーション制作会社シャフトに入社、アニメーターとしての初作品は『陽あたり良好!』。その後、フリーとなって、『AKIRA』『魔女の宅急便』などで動画、さらに『老人Z』『走れメロス』『MEMORIES』『パーフェクトブルー』など多数の作品で原画を担当し、OVAGOLDEN BOY』では演出も行った。

基本を大切にするアニメーターであり、『パーフェクトブルー』ではアイドルの振り付けを自ら踊ったりもしている。

スタジオジブリ作品では他に『となりの山田くん』、三鷹の森ジブリ美術館の短編『コロの大さんぽ』に参加。これがきっかけで『猫の恩返し』の監督に抜擢される。

2007年ぼくらの』で初のテレビシリーズの監督をつとめる。

2011年2月27日、総会理事選挙にて一般社団法人日本アニメーター・演出協会理事に選任[1]。約4年間理事をつとめた後、2015年6月に退任。

現在はデジタルアニメーション制作会社ポリゴン・ピクチュアズに所属し、デジタル作画をテーマにしたフォーラム・ACTF(エーシーティーエフ)の運営にも携わっている[2]

アニメ版『ぼくらの』ブログ問題[編集]

アニメ版『ぼくらの』を制作時に、森田は自分のブログにおいて進捗状況の報告や、放映された回についての質疑応答などを行っており、視聴者から批判、応援、質問等さまざまなコメントが寄せられていた。

その中で森田は、「私自身が原作を嫌いで、アニメーション化にあたり、ある意味原作に悪意を持った改変を加えていることを認めます」といった発言を行った[3]。それに対し視聴者から、アニメ版『ぼくらの』に対する作品批判にとどまらず、森田自身に対する批判も数多く投稿された。

その後、同ブログにおいて、「原作そのものが『嫌い』という言葉が誤解を招いたので訂正します。原作自体は多くの謎がちりばめられているよい原作だととらえていますし、アニメーション化のやりがいのある原作だと思っています。そこを単純に謎が多いから、苦労が伴うからということで原作をつい『嫌い』と書いてしまいました。仕事の質に対する批判に安易に個人的な『嫌い』『悪意』のせいにして書いたことが間違っていました。『なぜ子供たちが死ぬのか』という最大の謎を自分たちなりの解釈をすることから逃げることはありません」と釈明がなされた。

『IKKI』誌上の原作者とのインタビューでは「(『嫌い』発言は)なかば言わされてしまった」と語り、それに対して原作者の鬼頭莫宏は「そうでしょうね(笑)」「逆に、いいものを見せてもらったなと(笑)」と返答した。

作品リスト[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]