美人局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

美人局、奸囮[1](つつもたせ、英語: badger game)とは、男女が共謀して行う恐喝または詐欺行為の一種である[2]。「筒持たせ(つつもたせ)」とも言う。妻(女)が「かも」になる男性を誘って姦通し、性行為の最中または終わった途端に夫(男)が現れて、妻(女)と関係したことに因縁をつけ、金銭を脅し取ったり暴行を加えることを指す。夫婦関係にない男女が同等の行為を行った場合も類推してこの名称で呼ばれることがある。

語源[編集]

本来は、漢語の「美人局」と日本語の「つつもたせ」は、まったく別の言葉である。

「美人局(つつもたせ)」は、中国の時代以降の文献、『金瓶梅』や『紅楼夢』、『笑府』などにもよく登場する犯罪である。娼婦を自分の妾(めかけ)と偽って少年などを欺くことを指す(利用美貌女子設局詐財)。ここで、局とは罠の意。現在の中国語では「桃色敲詐」、「仙人跳」と言う。これを大和言葉(和語)で「つつもたせ」の当て字とした(熟字訓)。江戸時代に作られた『風流滑稽譚』にも、いくつか登場する。しかし、江戸時代の既婚女性はお歯黒をつけるのが原則だったため、実際にはこのような犯罪はほとんど起こらなかったものと思われる。

大和言葉(和語)としての「つつもたせ」は元々「筒持たせ」と書き、「詐欺」や「いんちき」の意味で用いられた言葉である。本来、仕掛けが施してあるサイコロを使った「いかさまとばく」を意味していた。筒はサイコロ博打で使う筒のことで、「細工した筒を使う」という意味からと考えられる[3]。そこから、「二束三文の安物を高く売りつける行為」を指すようになり、さらに「法外な料金で売春させること」を指すようになった。

なお、「つつもたせ」の「つつ」が暴力団員などの使う女性器の隠語であり、標的とする男性に華である女を「もたせ」る(持たせる)ことから、「つつもたせ」となったとする説があるが、これは俗説である。

歴史[編集]

姦通が文化的タブーとして扱われた歴史は古く、御成敗式目の第34条にすでに不倫についての罰則規定が見られる。

他人の妻を密懐する罪科の事 右、強奸、和奸を論ぜず、人の妻を懐抱するの輩、所領・半分を召せ被れ、出仕を罷め被る可し。所領・無んば、遠流に処す可き也。女の所領・同じく之を召せ被る可し。所領・無んば、又、之を配流せ被る可き也。

男女とも所領半分没収(なければ遠流)の上、男は公務罷免と、武家の家門にとって致命的な処罰が規定されている。したがって、武家社会においては美人局が恐ろしい罠(ハニートラップ)として知られていた。

パターン[編集]

現代における美人局の典型的なパターンは、出会い系サイトなどのSNSで知り合った女性から部屋に誘われ、衣服を脱ぎ性行為を行おうとしたときに、女の仲間の男が登場し脅すといったものである。この他、女と会う約束をして実際に行ってみると屈強な男がおり金品を巻き上げる、ラブホテルに入っていく所を写真に撮られ、後日家族や会社に曝露したり警察に通報するなどと脅迫する といったケースもある。

脚注[編集]

関連項目[編集]