ジブリパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジブリパーク
Ghibli Park
ジブリパークの位置(愛知県内)
ジブリパーク
分類 都市公園(広域公園)[1]
所在地
愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1
座標 北緯35度10分22秒 東経137度05分23秒 / 北緯35.17278度 東経137.08972度 / 35.17278; 137.08972座標: 北緯35度10分22秒 東経137度05分23秒 / 北緯35.17278度 東経137.08972度 / 35.17278; 137.08972
面積 約7.1ha[2]
開園 2022年令和4年)11月1日
運営者 株式会社ジブリパーク
バリアフリー バリアフリートイレ(オストメイト対応設備、介助用ベッド、おむつ替え台)・ベビールーム/授乳室・エレベーター・施設内で上映の映像作品への日本語字幕(1日数回)・スロープカー
アクセス 愛知高速交通東部丘陵線(リニモ) 愛・地球博記念公園駅
事務所所在地 愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1
公式サイト ジブリパーク
テンプレートを表示
ジブリパーク

ジブリパーク英語: Ghibli Park)は、愛知県長久手市愛・地球博記念公園内に2022年11月1日に開設された「スタジオジブリの世界を表現した公園」[3]である。

概要[編集]

園内には『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』『ハウルの動く城[4]など、スタジオジブリが制作した映画作品を題材にした展示・演示施設が広大な公園敷地内(総整備面積は7.1ヘクタールで、公園全体の3.7%となる予定である[5])に分散した形で設置されている[3]。2017年に計画が初めて発表され、上述の開設日には第一期として3エリアが開業。その後2023年度内までに2エリアのオープンを予定しており、合計5つのエリアが運用されている[6]。ジブリパーク専用の駐車場はないため、公園付近にあるリニモの「愛・地球博記念公園駅」が主なアクセス手段となる[7][3]

運営会社は、中日新聞社とスタジオジブリの共同出資により2019年11月1日に設立された株式会社ジブリパークである(後述)。

沿革[編集]

園内施設のひとつ「サツキとメイの家」

2005年3月から9月にかけて行われた愛・地球博の長久手会場には『となりのトトロ』に登場する「サツキとメイの家」を再現したパビリオンがすでに設置されていた[8]

2015年9月から11月にかけて、愛知県と公益財団法人都市緑化機構は、万博開催から10周年を記念して「第32回全国都市緑化フェア」を会場の跡地である愛・地球博記念公園長久手市)にて開催[9]。あわせてジブリ映画に関連した前述の建物がすでに存在したことから、特別企画として「ジブリの大博覧会」が開催された[10]

これをきっかけとして愛知県知事大村秀章はスタジオジブリに「ジブリの世界観を永続的に楽しめる施設を作りませんか」と提案[11]。自身の上京のたびに事務所へ足を運んだ大村の7、8回にわたる懸命な説得の末スタジオジブリ側もついに了承した[12]。なお、東海地域におけるスタジオジブリ展は2008年に第1回が開催されている[13]

2017年5月31日、大村は鈴木敏夫プロデューサーと面会し、愛・地球博記念公園の敷地内に「ジブリパーク(仮称)」を建設する構想について正式に合意した[14][15]。11月1日、建設部公園緑地課内に「ジブリパーク構想推進室」を設置[14]

2019年5月31日、愛知県とスタジオジブリ、中日新聞社は、県がジブリパークを整備し、スタジオジブリと中日新聞社が共同出資して設立する新会社が管理運営を担うことで基本合意した[16]。同年10月2日、愛知県はジブリパーク整備について、設計段階から建設会社の知見などを反映する「ECI方式」を導入し、鹿島建設中部支店と設計段階から協力する業務契約を結び[17]、11月1日、新会社「株式会社ジブリパーク」が設立された[18]

2020年2月4日、愛知県はジブリパークの概算事業費が約340億円に上ると発表した[17]。その後7月28日には本体工事の起工式が行われた[19]

2021年6月2日、「もののけの里エリア」「魔女の谷エリア」と周辺の公園緑地の工事について、愛知県が鹿島建設と仮契約したことが発表された。請負金額は約106億円[20]

2022年1月27日、ジブリパークに関するメディア向け発表会が開催された。その中で「青春の丘」「ジブリの大倉庫」「どんどこ森」の3エリアは2022年11月1日に先行開業し、「もののけの里」「魔女の谷」の2エリアは2023年秋頃に開業すると発表された[21][22][23]。県は波及効果を年間480億円と試算している[24]

6月、翌年末に終了予定の第2期工事で追加が予定されていた「魔女の谷」「もののけの里」エリア[25]に関して、建設に用いる木材の調達に時間を要するとして「魔女の谷」エリアのオープンが2024年3月に延期されることが発表された。また、併せて「もののけの里」の隣には、誰でも無料で遊べる「猫の恩返し」をモチーフにした遊び場が設置されることも公表された[26]。7月にはチケット販売に関するスケジュールが発表され、その中で「ゆっくりきて下さい。」というキャッチコピーが記載されたポスターも公開された[27]

10月、愛知県はジブリパーク開園に伴う交通アクセス向上のために「愛・地球博」開催時に用いられていた「リニモ」1編成広島県三原市三菱重工業株式会社の工場から買い戻し、再活用することを発表した[28]。また同月12日には国内外から100社以上の報道陣を迎えての内覧会が行われた[29]。10月31日に掲載された日本経済新聞で、鈴木敏夫は以下の通り語っている。

「お膳立てをやってくれた方はいっぱいいる。最初にこの公園にジブリを持って来てはどうかと言ったのは、当時中日新聞社の会長だった白井文吾さんだった。それが7年前でスタートした。それと前後して大村秀章知事が東京の僕の事務所に来た。数えたら8回も足を運ばれた。それに負けた。愛知県でジブリパークをやったら、忙しくなるに決まっている。それが嫌だからなんとか避けようとしたのだが[30]

11月1日、第1期エリアが開業した。当日の中日新聞東京新聞北陸中日新聞日刊県民福井は本来の1面を変更し、「ジブリパーク 11月1日より」の見出しで全面広告が展開された[31]

11月11日、スタジオジブリ監修の下、Apple Music独占で名古屋市営地下鉄東山線名古屋駅からジブリパークまでの行き帰りを楽しむプレイリスト『ジブリパーク:行き』と『ジブリパーク:帰り』が公開された[32]

テーマ別のエリア[編集]

ジブリの大倉庫となるかつての愛知万博のグローバルハウス、愛知万博前・後の温水プール(右半分の部分)
The Kusakabe's house in 2005
愛知万博のパビリオンとして建設された「サツキとメイの家」

愛・地球博の会場や当時用いられていた建物内に、以下の5つのテーマ別エリアが設けられている。各々のエリアごと、1つ(あるいは複数)のジブリ作品が題材となっている。

ジブリの大倉庫[編集]

2018年に閉館した温水プール内部に設置された[33]。全長6mの「空飛ぶ巨大な船」や、「天空の城ラピュタ」の廃墟となった庭園、子どもが中に入れる「ネコバス」、映像作品を上映する「オリヲン座」(上映用機材はスタジオジブリ社屋内の試写室と同程度のものを使用している[34])等が位置している。ロボット兵など、ジブリのキャラクターも展示される[35]。2022年11月1日オープン。

青春の丘[編集]

主に映画『耳をすませば』をモチーフにしており、同作に登場した骨董品店である「地球屋」が設置される。また、『猫の恩返し』の「猫の事務所」が猫サイズの建物として再現されている[36]。2022年11月1日オープン。

どんどこ森[編集]

2005年の万博ですでに建設されていた「サツキとメイの家」周辺のエリアとなる[37]。改修工事のため一時的に閉鎖されたが、他の園内施設とともに再オープンした。エリアの名前は、映画のワンシーンでサツキ、メイ、トトロが踊る「どんどこ踊り」に由来している[38]。また、裏山には木の遊具も設置され、「サツキとメイの家の裏手にある裏山の頂上には『どんどこ堂』が待っている」と公式サイトで紹介されている[39]。2022年11月1日オープン。

もののけの里[編集]

その名の通り映画『もののけ姫』を表現することになる。タタラ場やエミシの村など、映画の舞台をモチーフにしたものとなる。また、「もののけ姫」に登場する神秘的な生き物の模型も展示される。また、村の集落や昔ながらの炭焼き小屋、鉄のふいご作業ができるコーナーも設置される予定であり、2023年秋のオープンを予定している[40]

魔女の谷[編集]

映画『魔女の宅急便』や『ハウルの動く城』の荒地からインスピレーションを得ている。このエリアにはレストランや小さなアミューズメント施設があり、大きな乗り物やアトラクションのない公園をテーマにしている。また、キキの実家や、劇中でキキが働いていたパン屋「グーチョキパン店」も再現される予定となっている[41]。さらに、4~5階建ての実物大のハウルの動く城があり、映画で登場した帽子屋も登場する予定である。魔女の谷はパーク内で最も大きなエリアとなり、2024年3月のオープンを予定している[42]

チケット[編集]

園内には3つのエリアが存在するが、チケットは各エリアごと日時指定の完全予約制である[43]


2023年1月入場分までは下記の料金体系での抽選販売であった。

毎月27日(11月27日に愛知県政が施行されたことによる)は「愛知県民デー」として、愛知県民を対象にしたチケットの優先販売が行われる[44]

エリア 大人 子ども[45] 販売予定数
ジブリの大倉庫 2,000円(平日・平日休[46]
2,500円(休日)
1,000円(平日・平日休)
1,250円(休日)
3,500人(平日)
4,000人(休日・平日休)
青春の丘 1,000円 500円 780人(平日)
900人(休日・平日休)
どんどこ森 1,000円 500円 650人(平日)

750人(休日・平日休)

同年2月以降は以下の販売体系による先着販売(愛知県民デーは抽選方式を継続)に変更された[47]

エリア 大人 子ども 販売予定数
「ジブリの大倉庫」
「青春の丘」セット券
3,000円(平日・平日休)
3,500円(休日)
1,500円(平日・平日休)
1,750円(休日)
650人(平日)
770人(休日・平日休)
ジブリの大倉庫 2,000円(平日・平日休)
2,500円(休日)
1,000円(平日・平日休)
1,250円(休日)
2,850人(平日)
3,230人(休日・平日休)
どんどこ森 1,000円 500円 650人(平日)
750人(休日・平日休)

株式会社ジブリパーク[編集]

株式会社ジブリパーク
市場情報 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
460-0001
愛知県名古屋市中区三の丸一丁目6番1号
中日新聞社
設立 2019年11月1日
業種 サービス業
法人番号 8180001138707
事業内容 愛知県「愛・地球博記念公園」内公園施設「ジブリパーク」の管理運営、「ジブリパーク」関連グッズの製造・販売、「ジブリパーク」展示物等の企画・製作・請負、レストラン・カフェの運営。
代表者 大島宇一郎(中日新聞社代表取締役社長)
外部リンク ジブリパーク
テンプレートを表示

2019年11月1日、スタジオジブリと中日新聞社の共同出資による新会社「株式会社ジブリパーク」が設立された。ジブリパークの管理運営は同社が行い、同社はスタジオジブリに施設使用権など権利料を支払う。代表取締役社長には中日新聞社社長の大島宇一郎が就任した[18]。運営本部長兼開発準備室長は岡村徹也[48]

2022年3月31日、株式会社ジブリパークは、ジブリパークの理念に賛同し、「ジブリパーク」の名称を使ったPR活動に協力する「オフィシャルパートナー」を発表した[49]。園内には下記企業が協賛していることを示すロゴなどは設置されない[50]。企業の内訳は下記のとおり[51]

脚注[編集]

  1. ^ 愛知県尾張建設事務所 公園事業のページ - 愛知県”. 愛知県. 2016年10月9日閲覧。
  2. ^ ジブリパーク整備の概要”. 愛知県. 2022年10月24日閲覧。
  3. ^ a b c ジブリパークとは|ジブリパーク”. ghibli-park.jp. 2022年9月24日閲覧。
  4. ^ Allan, David G. (2022年2月9日). “Ghibli Park, a new anime theme park destination in Japan, to open in November” (英語). CNN. https://edition.cnn.com/travel/article/studio-ghibli-park-japan-open-november-miyazaki/index.html 2022年3月13日閲覧。 
  5. ^ ジブリパーク、11月1日オープン。事業費340億円だが経済効果はいかに(bizSPA!フレッシュ)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年10月21日閲覧。
  6. ^ Greuner, Tabea (2022年1月27日). “The world's first Ghibli Park has announced an official opening date”. Time Out Tokyo. https://www.timeout.com/tokyo/news/what-we-know-so-far-about-the-worlds-first-ghibli-park-opening-in-2022-061120 2022年3月13日閲覧。 
  7. ^ McGee (2022年5月4日). “A visit to the Studio Ghibli theme park for a secret look at the new areas” (英語). SoraNews24 -Japan News-. 2022年5月5日閲覧。
  8. ^ サツキとメイの家 | EXPO 2005 AICHI,JAPAN”. www.expo2005.or.jp. 2022年10月22日閲覧。
  9. ^ 第32回全国都市緑化あいちフェア ~花と緑の夢あいち2015~【開催概要】”. 公益財団法人都市緑化機構. 2022年2月2日閲覧。
  10. ^ ジブリの大博覧会が愛知で開催、スタジオジブリの30年を振り返る -「思い出のマーニー×種田陽平展」も”. ファッションプレス. 2022年2月2日閲覧。
  11. ^ 2月1日「ジブリパーク」の公式サイトオープン!鈴木Pや宮崎監督語る最新情報を一挙大公開”. ナゴヤドット (2022年2月2日). 2022年2月2日閲覧。
  12. ^ ジブリパーク新情報発表、鈴木敏夫が愛知県との協業理由を「大村知事に口説かれた」”. 映画ナタリー (2019年5月31日). 2022年2月2日閲覧。
  13. ^ Studio Ghibli Reveals First Look at Anime Theme Park” (英語). CBR (2022年1月27日). 2022年3月13日閲覧。
  14. ^ a b 「ジブリパーク構想推進室」の設置及び開設式について”. 愛知県 (2017年10月31日). 2022年1月31日閲覧。
  15. ^ ジブリパーク整備構想の概要について - 愛知県”. www.pref.aichi.jp. 2022年9月24日閲覧。
  16. ^ “ジブリパークの整備や運営 ジブリと愛知県、本社が合意”. 中日新聞. (2019年6月1日). https://www.chunichi.co.jp/article/80910 2022年1月31日閲覧。 
  17. ^ a b 小野沢健一 (2020年2月4日). “ジブリパークの事業費340億円 来場、年180万人見込む”. 日本経済新聞. https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55242800U0A200C2L91000/ 2020年5月22日閲覧。 
  18. ^ a b “ジブリの世界、心待ち 愛知・長久手に22年秋開業、運営会社設立”. 中日新聞. (2019年11月2日). https://www.chunichi.co.jp/article/80831 2022年1月31日閲覧。 
  19. ^ “愛知県/ジブリパーク先行3エリア(愛知県長久手市)が起工/22年秋開業へ”. 日刊建設工業新聞. (2020年7月29日). https://www.decn.co.jp/?p=115241 2022年2月2日閲覧。 
  20. ^ ジブリパークの工事、鹿島と契約 106億円で2エリア”. 日本経済新聞 (2021年6月2日). 2022年10月24日閲覧。
  21. ^ 「ジブリパーク」に関するメディア向け発表会を開催しました!”. 愛知県 (2021年1月31日). 2022年2月2日閲覧。
  22. ^ “「もののけの里」「魔女の谷」整備へ ジブリパーク・第2期”. 中日新聞. (2022年2月2日). https://www.chunichi.co.jp/article/410794 2022年2月2日閲覧。 
  23. ^ Matthews, Lyndsey (2021年4月12日). “An Early Look at Japan’s Upcoming Studio Ghibli Theme Park” (英語). AFAR. https://www.afar.com/magazine/a-studio-ghibli-theme-park-is-opening-in-japan-in-2022 2022年3月13日閲覧。 
  24. ^ “愛知のジブリパーク、経済効果年480億円 愛好家を集客”. 日本経済新聞. (2022年1月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFD271GP0X20C22A1000000/ 2022年1月31日閲覧。 
  25. ^ Bell, Crystal (2022年2月1日). “Studio Ghibli theme park is all vibes, no rides. Just as Hayao Miyazaki intended” (英語). Mashable. https://mashable.com/article/studio-ghibli-theme-park-japan-november 2022年3月13日閲覧。 
  26. ^ Baseel (2022年6月1日). “Opening delay for Ghibli theme park has very Ghibli reason, but free no-ticket area is good news” (英語). SoraNews24 -Japan News-. 2022年6月1日閲覧。
  27. ^ https://twitter.com/jp_ghibli/status/1549758704580702211” (日本語). Twitter. 2022年11月5日閲覧。
  28. ^ 【知事会見】ジブリパーク開園に伴い、リニモを1編成追加します! - 愛知県”. www.pref.aichi.jp. 2022年10月3日閲覧。
  29. ^ ジブリパーク内覧会に国内外メディア100社参加 トトロ、ラピュタ、耳をすませば・・・世界観に関心(中日スポーツ)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年10月12日閲覧。
  30. ^ ジブリパーク「人を褒めない宮崎駿監督が褒めた」” (日本語). 日本経済新聞 (2022年10月31日). 2022年10月31日閲覧。
  31. ^ 「ネコ電車」に朝刊が包まれた! ジブリパーク開園に合わせ中日新聞&東京新聞が特別紙面:中日新聞Web” (日本語). 中日新聞Web. 2022年11月1日閲覧。
  32. ^ ジブリパークの行き帰りにぴったりのプレイリスト、Apple Musicで独占公開” (日本語). ORICON NEWS. 2022年11月21日閲覧。
  33. ^ ジブリパークのメインエリア「ジブリの大倉庫」の展示やショップ・カフェの情報をお知らせします! - 愛知県”. www.pref.aichi.jp. 2022年10月8日閲覧。
  34. ^ ジブリパークの「映像展示室オリヲン座」では、試写室・ダビングステージのクォリティを体験できる! この “夢の空間” の実現に尽力した面々に、こだわりのポイントを聞いた(前) - Stereo Sound ONLINE” (日本語). online.stereosound.co.jp. 2022年11月23日閲覧。
  35. ^ ジブリパークのメインエリア「ジブリの大倉庫」の展示やショップ・カフェの情報をお知らせします! - 愛知県”. www.pref.aichi.jp. 2022年9月24日閲覧。
  36. ^ 「ジブリパーク」に関するメディア向け発表会を開催しました! - 愛知県”. www.pref.aichi.jp. 2022年10月12日閲覧。
  37. ^ Satsuki and Mei's House : EXPO 2005 AICHI, JAPAN”. www.expo2005.or.jp. 2022年3月13日閲覧。
  38. ^ ジブリパークの設計図(4) どんどこ森 トトロの世界、山の中を歩いて:中日新聞Web” (日本語). 中日新聞Web. 2022年10月12日閲覧。
  39. ^ ジブリパークとは|ジブリパーク”. ghibli-park.jp. 2022年10月12日閲覧。
  40. ^ ジブリパークの設計図(6)もののけの里 「タタラ場」を体験型施設に:中日新聞Web” (日本語). 中日新聞Web. 2022年10月12日閲覧。
  41. ^ ジブリパークの初出し情報 「グーチョキパン店」でパンが買える? アンティーク店「地球屋」も再現”. メ~テレニュース. 2022年10月12日閲覧。
  42. ^ ジブリパーク「魔女の谷」開業予定に遅れ 24年3月オープンへ:中日新聞Web” (日本語). 中日新聞Web. 2022年10月12日閲覧。
  43. ^ ジブリパークが開園 あいにくの雨のなか事前予約のチケット購入者が続続と来場”. 中日スポーツ. 2022年11月1日閲覧。
  44. ^ 「ジブリパーク」の11月分チケットを8月10日から販売開始します! 11月は愛知県政150周年を祝して「県民デー」を特別に3日間設けます! - 愛知県”. www.pref.aichi.jp. 2022年10月24日閲覧。
  45. ^ 4歳~小学生
  46. ^ 夏休みなど学校の長期休暇期間の平日
  47. ^ ジブリパークのチケット販売が先着順のみになります。また、「青春の丘」と「ジブリの大倉庫」が一度に観覧できるようになります! - 愛知県”. www.pref.aichi.jp. 2022年10月24日閲覧。
  48. ^ ナゴヤ2030”. 桜山社. 2022年10月24日閲覧。
  49. ^ ジブリパーク「オフィシャルパートナー」を発表”. 中日新聞 (2022年4月1日). 2022年10月24日閲覧。
  50. ^ ジブリパークにパートナー22団体、園内にロゴ見当たらず”. nikkei.com. 2022年10月16日閲覧。
  51. ^ ジブリパーク オフィシャルパートナー|ジブリパーク”. ghibli-park.jp. 2022年10月15日閲覧。
[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]