岸本卓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

岸本 卓(きしもと たく、1975年5月 - )は、日本脚本家兵庫県出身。

経歴・人物[編集]

1975年5月に神戸市に生まれ、小学生1~4年生時代は香港日本人学校で暮らす。将来の夢は『帝都物語』の影響から風水師であった。愛媛大学法文学部(夜間主コース)卒業[要出典]千葉大学大学院修士課程修了[1]2002年の4月にアルバイトとして講談社、その後もアルバイトとして『サイゾー』編集部で編集者としての生活を送った後、スタジオジブリの批判記事を書いて面識を持った鈴木敏夫から(岸本が渡米するという話をした際に)誘いを受け、2005年2月、ジブリに入社[2]。鈴木からは「ナヨ」という愛称を付けられた[2]

借りぐらしのアリエッティ』の脚本に立候補したが、宮崎駿に駄目出しされて採用には至らなかった[2]

ホーホケキョ となりの山田くん』に続く高畑勲の新作映画の担当者に任じられる[3]。鈴木敏夫によると、『アリエッティ』の脚本が不採用となった後、高畑に接近したという[2]。題材が当初の『竹取物語』から山本周五郎の『柳橋物語』、赤坂憲雄の『子守り唄の誕生』と変転し、再び『竹取物語』に戻るという曲折の中で、高畑の話を聞きながら企画の具体化に務めるも、2008年8月に自ら降板した(その後もう一人の担当者だった西村義明が専任となり、2013年に『かぐや姫の物語』として完成する)[3]

その後、シナリオ作家協会主催のシナリオ講座に通い、2009年11月にジブリを退社。以降はアニメ脚本を手がけるようになる。代表作は『うさぎドロップ』で、シリーズ構成も務める。

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

  • マギ シンドバッドの冒険(2014年-2015年、脚本)
  • ハイキュー!!「リエーフ見参!」(2014年、脚本)
  • ジョーカー・ゲーム「黒猫ヨルの冒険」(2016年、脚本)

Webアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 岸本卓氏講演『うさぎドロップ』と『銀の匙』で現代社会を読み解く Archived 2016年9月17日, at the Wayback Machine.江戸川大学
  2. ^ a b c d “鈴木敏夫が語るモンスターストライク The Movie はじまりの場所へ”. 映画ナタリー. (2016年12月). https://natalie.mu/eiga/pp/monstmovie03 2018年8月8日閲覧。 
  3. ^ a b 「スタジオジブリ物語 『かぐや姫の物語』」『ジブリの教科書19 かぐや姫の物語』文藝春秋<文春ジブリ文庫>、pp.13 - 38

関連項目[編集]

外部リンク[編集]