ブルーロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ブルーロック』は、金城宗幸(原作)、ノ村優介(作画)による日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』(講談社)にて2018年35号より連載中。

あらすじ[編集]

2018年W杯、日本代表ははベスト16で敗退した。 これを受け日本フットボール連合はW杯優勝のため、300人の高校生フォワード (サッカー)│FWを集めた育成寮青い監獄(ブルーロック)を設立。 まだ無名の高校2年生・潔世一たちは、コーチ絵心甚八からのミッションをクリアしながら他299人を蹴落として、エースストライカーを目指していく。

登場人物[編集]

元・チームZ(伍号棟)[編集]

主人公の潔が所属するチーム。伍号棟で最弱のチームだと言われている。
一次選考の最終成績は、2勝1敗1分けの勝ち点7と得失点差-2で2位。
潔 世一(いさぎ よいち)
誕生日: 4月1日
本作の主人公。武器は空間認識能力を利用したダイレクトシュート。
後に、二次選考1stステージにおいて、ポジショニングとインパクト技術を、2対2の2ndステージで適応能力という武器を手にする。
蜂楽 廻(ばちら めぐる)
誕生日: 8月8日
武器はドリブル。
潔の中に"怪物"が眠っていることを見抜き、彼に強い興味を持つ。
千切 豹馬(ちぎり ひょうま)
誕生日: 12月23日
武器はトップスピード。チームWの鰐間兄弟とは同じ高校。
青い監獄に来る前は、名門校の超高校級選手として知られていたが、大怪我をしたことで自分が自分じゃなくなることを恐れており、サッカーの諦めようとしていた。
チームW戦の終盤までは自分の力を出せずにいたが、潔の諦めない姿勢に感化されて動き出す。
復活後は、チームWとの最後の攻防で鰐間兄弟を一蹴して同点ゴールを挙げ、チームの危機を救う。その後、潔に自分が世界一のストライカーになることを宣言した。
二次選考では潔を倒すべく、國神と共に凪に置いていかれた玲王を誘ってチームを組んだ。
久遠 渉(くおん わたる)
誕生日: 11月16日
武器はジャンプ力。主に作戦の立案をしている。
青い監獄に来る前は、全国制覇を本気で目指す自分と高校の部活気分でサッカーを行うチームメイトとの温度差に苦しんでいた。
チームY戦後に、チームVが自分達が死闘の末に勝利したチームYに完勝していた事から、チームZの一次選考突破を不可能と考えてチームWと自身のハットトリックの見返りに、チームZの情報を渡すという取引を行う。
八百長は終盤まで上手くいっていたが、千切の復活によって目論見が崩されてしまう。
チームV戦では終盤まで試合に参加しなかったが、國神と通算ゴールが並んだ後に覚醒するチームZの熱にあてられ、脱落覚悟で凪にレッドカードを取られるブロックを仕掛け、決勝点を取られる寸前だったチームを助けた。
その後、雷市達とも和解した。
國神 錬介(くにがみ れんすけ)
誕生日: 3月11日
武器は左足のミドルシュート。
正々堂々を好む性格で、サッカーでヒーローになるべく、ワールドカップ優勝を目指している。
チームX戦では試合終了間際に、潔からのパスを貰ってゴールを挙げた。
チームV戦において、回転がないシュートを編み出した。
二次選考では潔打倒のために千切と組んだ後、玲王をチームに誘った。
雷市 陣吾(らいち じんご)
誕生日: 10月11日
武器は華麗なシュートテクニックとスタミナ。
口が悪く、我が強い性格。
チームV戦では、スタミナを活かしたマークで玲王の弱点を突いて封じ込め、チームVの攻撃力低下に大いに貢献した。
我牙丸 吟(ががまる ぎん)
誕生日: 1月2日
武器はバネ。
チームY戦ではバネを活かして同点ゴールを奪った。
伊右衛門 送人(いえもん おくひと)
誕生日: 11月19日
武器はオールラウンドなところ。面倒見が良く、チームZのまとめ役。
一次選考では、全試合に渡ってチームZのGKを務めた。
成早 朝日(なるはや あさひ)
誕生日: 3月20日
武器は裏への飛び出し。
貧しい家の生まれで、日本代表になって家族を助けるべく青い監獄に参加した。
二次選考では馬狼・西岡とチームを組んだ。
2ndステージの潔との試合では、自身の武器を活かして潔を幾度も抜き去って、潔達を苦戦させるも、潔の適応能力によって自身の武器がコピーされたことによってゴールを決められて敗北する。
引き抜きで馬狼が選ばれれた後、潔に「死ぬまで勝ち続けろ」と激励して脱落した。
五十嵐 栗夢(いがらし ぐりむ)
誕生日: 11月16日
武器は諦めない心。周囲からは「イガグリ」と呼ばれている。
今村 遊大(いまむら ゆうだい)
誕生日: 7月15日
武器はスピードとテクニック。

元・チームX(伍号棟)[編集]

エースの馬狼を絶対的な支柱としたチーム。
一次選考の最終成績は、1勝3敗の勝ち点3と得失点差-3で5位。
馬狼 照英(ばろう しょうえい)
武器は高精度ミドルシュートとフィジカルを利用した突進力。
自身を王様と称する程の自信家な性格。
チームZ戦では、バラバラだったチームZを終始圧倒した。終盤に國神によって1点を返されるも、5-1で勝利した。
その後チームXは敗退するも、自身は一次選考トップタイの10ゴールを挙げて一次選考通過となった。
二次選考では成早・西岡とチームを組む。
2ndステージでは、凪と互角の戦いを繰り広げるも、潔が成早からコピーした死角移動によって抜かされて、ゴールを奪われ敗北した。
その後潔達に引き抜かれたことで3rdステージに進出した。

元・チームY(伍号棟)[編集]

不気味なほど組織的なチーム。
大川が中心だと思われていたが、実際は裏で二子がチームを操っていた。
一次選考の最終成績は、1勝2敗1分けの勝ち点4と得失点差-8で4位。
二子 一揮(にこ いっき)
武器は空間認識能力。
大川の影に隠れてチームYを裏から支配していた。
チームVに8-0で大敗し、後が無くなったチームZ戦で、前半は試合を優位に進めるも後半の最後の攻撃でシュートに見せかけた大川へのパスを潔に見破られて奪われ、潔にゴールを決められて敗北。その際に潔に「ストライカー失格」と言われた。
その後は自ら積極的にゴールを狙うようになり、得点王となって一次選考を通過した。その後、潔に自分が潔を潰すことを宣言した。
大川 響鬼(おおかわ ひびき)
武器はずば抜けたシュートテクニック。
熊本県大会得点王の実績を持つ。
チームZ戦では1点を挙げるも、チームYの得点王にはなれずに一次選考でチームY敗退に伴い失格となった。

元・チームW(伍号棟)[編集]

エースコンビの鰐間兄弟を主軸としたチーム。
一次選考の最終成績は、1勝1敗2分けの勝ち点5と得失点差-1で3位
鰐間 淳壱(わにま じゅんいち)
チームWのエースコンビ。計助は双子の弟。千切豹馬とは同じ高校だった。
武器は計助との以心伝心連携(アイコンタクト)。
計助が兄の言葉を代弁するも、実際は喋ることが出来る。
チームWは敗退するが、自身は得点王として一次選考を通過する。
鰐間 計助(わにま けいすけ)
チームWのエースコンビ。淳壱は双子の兄。千切豹馬とは同じ高校だった。
兄とのコンビネーションプレイを得意とする。
チームZ戦では久遠が八百長の見返りにチームの情報を渡したこともあり、チームZを窮地に追い詰めるが、覚醒した千切には全く太刀打ち出来ずにゴールを許し、同点終了となってしまう。
その後のチームY戦で二子が同点ゴールを決めたことによる引き分けを許したことと、チームZが最終戦に勝利したことでチームWが敗退し、失格となった。

元・チームV(伍号棟)[編集]

凪・玲王・斬鉄の主力ストライカーによる凄まじい攻撃力が持ち味のチーム。
伍号棟最強のチームと呼ばれている。
一次選考の最終成績は、3勝1敗の勝ち点9と得失点差+14で1位。
凪誠士郎(なぎ せいしろう)
伍号棟のトッププレイヤーで玲王とは同じ高校。サッカー歴は半年。
サッカーに興味が薄く、めんどくさがり屋な性格。
武器は桁外れのトラップ力。
チームZ戦では自身の武器を存分に発揮して、チームZを絶望させる。その後自主性の無さを利用されて攻撃を封じられるが、同点に追いつかれた後に覚醒し、チームの流れを引き戻す。
最後の攻防で潔を止めようとするも、自分の得点パターンを確立した潔のシュートを防ぐことが出来ずに敗北する。
二次選考では、潔・蜂楽とチームを組んだ。
御影 玲王(みかげ れお)
チームVのリーダー格で凪とは同じ高校。凪同様サッカー歴は半年。
全ての能力が高レベルで纏まっている。
チームZ戦では凪との連携でチームZを圧倒するも、雷市の高いスタミナを活かしたディフェンスによって思い通りのプレイが出来なかった。
二次選考では潔よりも早く1stステージを突破した。
凪が3rdステージに向かった後、凪を取り戻すために國神・千切と手を組んだ。
剣城 斬鉄(つるぎ ざんてつ) 
チームVの主力ストライカー。あまり頭はよくなく、玲王と凪からは「バカ斬鉄」と呼ばれている。
武器は爆発的な加速力。
チームZ戦では自身の加速力を活かして千切相手に優位に立つも、必勝パターンを見つけた千切によって打ち破られた。

そのほかの参加者[編集]

糸師 凛(いとし りん)
青い監獄の現トップランカー。潔とは別の棟のトッププレーヤーだった模様。糸師冴は兄。
日本代表となって、兄である冴を超えるために青い監獄に参加した。
2つのシュートを空中でピンポイントで命中させるほどの実力の持ち主。サッカーを命を懸けた殺し合いだと思っている。
潔との試合で、潔達のチームを完膚なきまでに叩き潰して勝利した。その後の引き抜きで蜂楽を引き抜いて4thステージに進出する。
蟻生 十兵衛(ありゅう じゅうべえ)
潔とは別の棟出身の選手。美意識が強く、ナルシストな性格。
武器は高いジャンプ力と日本人離れした四股による長いリーチ。
潔との試合では潔がキープしているボールをそのままシュートして点を取った。
時光 青志(ときみつ あおし)
潔とは別の棟出身の選手。ネガティブな性格。
武器はケタ違いの俊敏反応(クイックネス)と筋肉の弾丸と称される程のフィジカル。
潔との試合では蜂楽のドリブルを止めて、潔のファウル覚悟のブロックを破ってゴールを奪った。
西岡 初(にしおか はじめ)
潔とは別の棟の出身で「青森のメッシ」と言われる選手。
二次選考では馬狼・成早とチームを組み敗北するも、勝った相手が馬狼の自分勝手な振る舞いを忌避したため、相手に引き抜かれて4thステージに進出した。
石狩(いしかり)
潔とは別の棟の出身で高校No.1高身長の選手。
二次選考では潔よりも早く1stステージをクリアした。


その他[編集]

絵心 甚八(えご じんぱち)
日本をW杯優勝させるために雇われたコーチ。
集めた優秀な18歳以下のストライカー300人の中から、世界一のストライカーを創ろうと画策する。
日本サッカーの組織力は世界一ではあるが、それは二流だと思っている。日本サッカーに足りないのはエゴだと豪語した。
吉良 涼介(きら りょうすけ)
松風黒王高校のエースストライカーで、U18に飛び級召集されるほどの実力者だったが、入寮テストにて蜂楽と潔に敗れて失格。
帝襟アンリ(ていえり あんり)
日本フットボール連合新入職員。日本代表のW杯優勝が夢で、その救世主として絵心甚八を指名した。おっぱいがかなり大きい。
不乱蔦 宏俊(ふらつた ひろとし)
日本フットボール連合会長。サッカーはビジネスだと思っている。
糸師 冴(いとし さえ)
MFとして世界中のクラブチームが注目している若手有望選手。
自分についてこれるようなFWがいない現在の日本サッカーに失望している。
「青い監獄プロジェクト」に参加している糸師凛は弟。

選考[編集]

絵心甚八による、集めた300人の中から1人を選抜するための選考。

入寮テスト「オニごっこ」
300人を25チーム12人に分け、PAエリアと同じ広さの部屋の中で行われた。制限時間は136秒で、最後にボールを当てられた者が失格となった。
失格の1人を除いた11人で「チーム」となり、次の選考に進んでいく。
一次選考「総当たりグループリーグマッチ」
25チームが5チームずつに分かれて総当たりを行い、上位2チームをが勝ち残り、残り3チームは失格・強制退場となるもの。
ただし、復活枠として敗れた3チームのうち最多得点王のみ勝ち上がることができる。
二次選考「奪敵決戦(ライバルリー・バトル)」
5つのステージから構成されている。
1stステージ
人口知能ホログラムGK [BLUE LOCK MANシステム」を導入しており、1人でホログラムのゴールキーパーに対し、90分間で100ゴールすることがクリアの条件となる。ゴール数が増えるほどレベルがあがり、「Lv.1」「Lv.2」「Lv.MAX」まで段階がある。
クリアしたも者のみ2ndステージに進むことができる。
2ndステージ~5thステージ
3人1組を作り、初めは3rdステージからのスタートとなる。
各チームのゴールキーパーにはBLUE LOCK MANを採用し、5点先取したチームの勝利とする。勝利したチームは相手チームから1人を指名して新たに4人のチームを作り、同じルールで4thステージも勝利し、5人組を作ったチームが二次選考クリアとなる。
ただし負けたチームは下のステージに戻る必要があり、2ndステージで敗れて相手チームに選ばれなかった場合、失格となる。

用語[編集]

青い監獄(ブルーロック)
W杯優勝を見据えた、世界一のストライカーを育成するための施設。
壱号棟~伍号棟の5つの棟から構成されている。「B」~「Z」の全25チームが参加。: B~Fが壱号棟、G~Kが弐号棟、L~Pが参号棟、Q~Uが肆号棟、V~Zチームが伍号棟に分かれて生活しているとされていた。1チームは11人。
選ばれた300人はここで共同生活を行い、トップトレーニングをこなす(自宅には帰れない)。
青い監獄プロジェクト(ブルーロックプロジェクト)
W杯優勝を見据えた、世界一のストライカーを育成することを目標に掲げたプロジェクト。
選ばれた300人のうち1人のみを選抜するものであり、脱落した残り299人は日本代表に入る権利を失う。
1人1人にランキングがつけられており、トレーニングや試合の結果で日々アップダウンする。ランキング上位5名は、無条件で半年後のU-20W杯のFW登録選手となるとされた。
日本フットボール連合
会長を不乱蔦宏俊(ふらつたひろとし)におく組織。略称はJFU。詳細は不明。


書誌情報[編集]