山下明彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やました あきひこ
山下 明彦
生年月日 (1966-02-06) 1966年2月6日(51歳)
出生地 日本の旗 岡山県倉敷市
職業 アニメーター
キャラクターデザイナー
ジャンル テレビアニメOVA
ゲーム映画
主な作品

テレビアニメ
機動戦士ガンダムΖΖ』(作画監督
ヤダモン』(作画監督)
魔法使いTai!』(作画監督)


OVA
ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日』(キャラクターデザイン絵コンテ・作画監督)


ゲーム
ワンダープロジェクトJ2 コルロの森のジョゼット』(キャラクターデザイン)


映画
猫の恩返し』(作画監督補
ハウルの動く城』(作画監督)
ゲド戦記』(作画演出)
崖の上のポニョ』(作画監督補)
ちゅうずもう』(絵コンテ・監督

山下 明彦(やました あきひこ、1966年2月6日 - )は、日本アニメーターキャラクターデザイナー

経歴[編集]

岡山県倉敷市出身。岡山県立倉敷南高等学校卒業後、アニメーターを目指して上京、ビーボォーに所属する。ビーボォー解散後はスタジオアトリエ戯雅に参加、その後プロジェクトチーム・ムーに参加、『ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日』の作画監督キャラクターデザインを担当。次にトライアングルスタッフに参加、『NieA_7』の舞台設計を担当。トライアングルスタッフの活動停止後は『ストレンジドーン』のキャラクターデザインを担当する。

その後スタジオジブリの『千と千尋の神隠し』に原画として参加し、千尋とハクの飛行シーンなど重要な場面を担当する[1]。以降、ジブリ作品を支える代表的なアニメーターとなり[2]、『ハウルの動く城』では筆頭作画監督に抜擢され、『ゲド戦記』では作画演出という形で監督の絵コンテの整理や、レイアウトチェックの確認を担当。『崖の上のポニョ』では、参加スタッフの中で最も多くの原画を手掛け、リサカーと水魚のカーチェイスのシーンなどを担当。制作途中からは作画監督の補佐を行った[3]三鷹の森ジブリ美術館上映の短編映画『ちゅうずもう』で初の監督を務める[4]。スタジオジブリの制作部門解体[5]に伴いフリーランスとなった以降は、妻の下笠美穂と共に『怪盗ジョーカー』等に参加している[6]

宮崎駿曰く、「近頃珍しく健全なアニメーター」であると言う[7]。代表作に『ワンダープロジェクトJ2 コルロの森のジョゼット』、『ジャイアントロボ THE ANIMATION』(いずれもキャラクターデザイン)など。

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

短編映画[編集]

WEBアニメ[編集]

ゲーム[編集]

補足[編集]

山下が作画監督を務める『借りぐらしのアリエッティ』の主人公は髪に赤い洗濯バサミをつけているが、これは1996年エニックス(現スクウェア・エニックス)が発売したゲームソフト『ワンダープロジェクトJ2』の主人公ジョゼットに酷似していると批判されることがある。しかしこれは、そもそもワンダープロジェクトJ2のキャラクターデザインも山下であることがあまり知られていないことを発端とする誤解である。

リアル系の作画で知られるビーボォーの出身である山下だが、決してリアル寄りの画風ではなかったと、山下と同時期にアトリエ戯雅に所属していた本田雄は語っている。その上で「リアル系ではないのに、リアルな画も描けるし、線が流暢なんです」と語り、2歳しか違わない山下の力量に当時強いショックを受けたと言う[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「ロマンアルバム 千と千尋の神隠し」徳間書店、2001年8月。
  2. ^ 「ロマンアルバム 思い出のマーニー」徳間書店、2014年9月、15p。
  3. ^ 「ロマンアルバム 崖の上のポニョ」徳間書店、2008年9月。
  4. ^ 菅野みゆき「ネズミが相撲、大奮闘――新作アニメ『ちゅうずもう』上映中――民話題材三鷹の森ジブリ美術館」『朝日新聞』44438号、多摩13版、朝日新聞東京本社2010年1月10日、33面。
  5. ^ ジブリ、「小休止」へ 製作部門解体「マーニー」以後は新作お預け?」産経新聞(2014年8月4日)
  6. ^ トラッシュスタジオ
  7. ^ 「ロマンアルバム ハウルの動く城」徳間書店、2004年12月、126p。
  8. ^ タイドライン・ブルー”. テレコム・アニメーションフィルム. 2016年6月3日閲覧。
  9. ^ 「月刊アニメスタイル 第2号」スタイル、2011年8月、66p。

外部リンク[編集]