毛虫のボロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
毛虫のボロ
監督 宮崎駿
脚本 宮崎駿
原作 宮崎駿
出演者 タモリ
音楽 久石譲
撮影 奥井敦
制作会社 スタジオジブリ
公開 2018年3月21日
上映時間 14分20秒
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

毛虫のボロ』(けむしのボロ)は、2018年3月21日公開の日本の短編アニメーション映画

概要[編集]

「土星座」が併設される三鷹市立アニメーション美術館

三鷹市立アニメーション美術館(通称:三鷹の森ジブリ美術館)に併設された映画館「土星座」で公開するための映画として、スタジオジブリにより制作された。原作・脚本・監督を宮崎駿が担当する。宮崎が監督した映画作品としては、2013年に公開された『風立ちぬ』以来の新作となる[1]。また、宮崎にとって、初めての3Dアニメーション作品となる予定であったが限定的な使用に留まり、ジブリ従来通りの手書きアニメーションである。作画監督は本田雄。原画は山下明彦

本作については宮崎が早くから構想を練っており[1]、いずれ制作したい作品として折に触れ語られていた。たとえば1997年に放送された『トップランナー』にて、宮崎は制作したい作品として『東京汚穢合戦』とともに『毛虫のボロ』を挙げ、その概要について語っていた[2]1990年代に映画化企画が真剣に検討されたが[2]、結局断念することになり[2]、代わりに採用された企画が『もののけ姫』である[2][3]

2018年1月9日に三鷹市立アニメーション美術館が、同年3月21日より館内限定で公開することを発表した[4][5]。上映時間は14分20秒である[1][4][5]

本作の制作過程はドキュメンタリー番組NHKスペシャル』で公開された[6]。なお、CGディレクターとして櫻木優平を起用する様子が番組で紹介されていたが、実際のCG作画監督は中村幸憲である。櫻木は他の作品に参加するという理由で降板。CGディレクターの役職も降ろされている。ジブリ美術館内で販売されている本作のパンフレットに記載されたクレジットには「CG作画」としては記録されているが本編のクレジットには櫻木の名前は見当たらない。

あらすじ[編集]

孵化したばかりの毛虫が外界に出て行く姿を描いている[4][5]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「宮崎駿監督の新作短編――3月21日から――『毛虫のボロ』三鷹・ジブリ美術館で」『東京新聞』26994号、12版、中日新聞東京本社2018年1月17日、28面。
  2. ^ a b c d 「アニメーション作家宮崎駿」『トップランナー日本放送協会1997年7月11日
  3. ^ 板倉君枝取材・文、大河内禎撮影「鈴木敏夫プロデューサーに聞く“現在進行形”の宮崎駿監督とスタジオジブリ」『鈴木敏夫プロデューサーに聞く“現在進行形”の宮崎駿監督とスタジオジブリ | nippon.com』ニッポンドットコム、2016年7月6日
  4. ^ a b c 新しい映画「毛虫のボロ」の上映が決定しました! - 三鷹市立アニメーション美術館(2018年1月1日)
  5. ^ a b c “ジブリ美術館 「毛虫のボロ」3月公開”. 毎日新聞. (2018年1月9日). https://mainichi.jp/articles/20180110/k00/00m/040/043000c 2018年1月11日閲覧。 
  6. ^ 「終わらない人宮崎駿」『NHKスペシャル日本放送協会2016年11月13日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]