天才バカボン (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
天才バカボン > 天才バカボン (アニメ) > 天才バカボン (曲)
天才バカボン
アイドル・フォーシングル
B面 バカボンのパパ(歌:敏トシ
リリース
規格 シングル
ジャンル J-POPコミックソング
アニメソング
レーベル テイチクレコード
(17cmEP)
東芝レコード / 東芝EMI
(CDシングル)
作詞・作曲 東京ムービー企画部(作詞)
渡辺岳夫(作曲)
アイドル・フォー シングル 年表
お尻の歌だもんね
(1971年)
天才バカボン
(1971年)
女みれん町
(1974年)
テンプレートを表示

天才バカボン」(てんさいバカボン)は、日本音楽グループアイドル・フォーの3枚目のシングル。「KU-618」「KU-6511」「TOCT-9546」「TOCT-8516」「TMS-303」「KIVE-39」。オリジナル盤は1971年10月10日にテイチクレコード(現・テイチクエンタテインメント)から発売された。

テレビサイズやフルサイズ、合いの手の有無などでバージョンが異なる。

なお本項では、アニメ放送前の1967年7月20日キングレコードから発売されたLPレコード「少年マガジン マンガ大行進」に収録した楽曲についても述べる。

収録曲[編集]

  1. 天才バカボン
    作詞:東京ムービー企画部 / 作曲:渡辺岳夫 / 編曲:松山祐士 / 歌:アイドル・フォー
    テレビアニメ『天才バカボン』オープニングテーマ曲
  2. バカボンのパパ
    作詞:東京ムービー企画部 / 作曲:渡辺岳夫 / 編曲:松山祐士 / 歌:敏トシ

朝日ソノラマ版[編集]

1971年10月20日発売。「AM-28」。収録曲は、「天才バカボン」「バカボンのパパ」の2曲だが、ドラマ「バカボンのロボット研究」が収録された。

チームしゃちほこのカバー[編集]

天才バカボン
チームしゃちほこシングル
初出アルバム『おわりとはじまり
B面 いけいけハリウッド
Twilight
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
レーベル unBORDE / ワーナーミュージック・ジャパン
チャート最高順位
チームしゃちほこ シングル 年表
シャンプーハット
(2014年)
天才バカボン
(2015年)
【限定】
怪獣トットト/じりじり夏活委員会 feat. しまじろう
(2015年)

Chérie!
(2016年)
テンプレートを表示

天才バカボン」(てんさいバカボン)は、日本女性アイドルグループチームしゃちほこの8枚目のシングル2015年5月13日ワーナーミュージック・ジャパンから発売された[3][4]

概要[編集]

DVDが付いた初回限定名古屋盤とCDのみの全国盤(通常盤)の2形態で発売[4][5]。初回限定名古屋盤は、CDケースを開いた内側の絵柄がランダムに異なる。 表題曲はアイドル・フォーが歌うテレビアニメ『天才バカボン』のオープニングテーマをカバーしたもので、映画『天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬〜』オープニングテーマ曲として起用された。 グループ自身初となるアリーナ公演「幕張HOLLYWOOD」のチケットにはバンドル[注 1]が付属する。

CD(初回限定名古屋盤・全国盤)[編集]

  1. 天才バカボン
    作詞:東京ムービー企画部 / 作曲:渡辺岳夫 / 編曲:CMJK
    映画『天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬〜』オープニングテーマ曲
    アイドル・フォーのカバー
  2. いけいけハリウッド
    作詞・作曲・編曲:浅野尚志(SUPA LOVE)
    ラグーナテンボスCMソング
  3. Twilight
    作詞:松本由宇 / 作曲・編曲:あおい吉勇
    『LORD of VERMILION ARENA』タイアップソング
  4. 天才バカボン(Off Vocal Ver.
  5. いけいけハリウッド(Off Vocal Ver.)
  6. Twilight(Off Vocal Ver.)

初回限定名古屋盤DVD[編集]

「僕らのカラオケワンダーランド」@渋谷公会堂(2014.12.14)
2014年12月14日に渋谷公会堂で開催された『チームしゃちほこ ホールツアー2014〜僕らのカラオケワンダーランド〜』の最終公演の模様を収録。なお、公演の模様は当日ニコニコ生放送でも配信された。
収録内容
  1. シャンプーハット
  2. エンジョイ人生(acoustic ver.)
  3. アイドンケア

しゃちヴォン盤[編集]

シングル発売と同日の2015年5月13日にUSBメモリ「天才バカボン チームしゃちほこ×映画『天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬〜』コラボUSB略してしゃちヴォン盤」がワーナーミュージックダイレクト限定で発売された。全6形態での発売で、USBメモリには各メンバーがバカボンのキャラクター風にデザインされている。表題曲に加えて、ジャケット写真撮影のメイキング映像、各メンバーによるラジオドラマ[注 2]が収録されている。

ラジオドラマ
  • 秋本帆華「クライマックス」
  • 咲良菜緒「気遣い女王」
  • 安藤ゆず「いちご」
  • 大黒柚姫「自分会議」
  • 坂本遥奈「なんでも相談して」
  • 伊藤千由李「正直な占い師」

その他のカバー[編集]

YOU THE ROCK★
ロックアレンジバージョン。キリンビバレッジアミノサプリ」のCMソング
クレモンティーヌ
ボサノヴァ調アレンジバージョン。サントリーオールフリー」のCMソング『アニメンティーヌ 〜ボッサ・ドゥ・アニメ〜』(2010年7月21日発売)収録。
タモリ
オリジナルにほぼ忠実なアレンジ。日本テレビ系列スペシャルドラマ『天才バカボン』の劇中主題歌[6]

1967年版[編集]

  1. 天才バカボン
    作詞:赤塚不二夫 / 作曲:いずみたく / 歌:石川進

週刊少年マガジン」に連載開始間もない1967年7月20日発売のLP「少年マガジン マンガ大行進」に、同じく「少年マガジン」に当時連載中の作品『巨人の星』・『墓場の鬼太郎』・『パットマンX』・『でっかい奴』・『ハリスの旋風』・『丸出だめ夫』・『幻魔大戦』・『サイレントワールド』、そして読者ページ『パンパカ学園』のイメージソング[注 3]と共に収録された(テレビ化された作品はテレビ版とは別の曲)。全部で3番まであり、1番はバカボン、2番はパパ、3番はハジメを歌った。なお2番の歌詞に「産まれた時からバカボンで」とあるが、当時はパパの「産まれた時は天才」という設定が無いため、この様な歌詞になった。作曲のいずみたくは、後年同じ赤塚作品『もーれつア太郎』も手掛ける。

1998年にバップから発売されたCD「赤塚不二夫ソングブック」に、本曲が収録されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 表題曲のみ収録
  2. ^ 各形態に1人のメンバーのラジオドラマを収録
  3. ^ 因みに『墓場の鬼太郎』のイメージソングとして作られたのが、後にアニメ版の主題歌となる「ゲゲゲの鬼太郎

出典[編集]

外部リンク[編集]