李博士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
李 博士(イ・パクサ)
出生名 イ・ヨンソク(이용석)
別名 신바람、新風
生誕 (1954-10-05) 1954年10月5日(63歳)
出身地 大韓民国の旗 韓国京畿道南楊州市磨石
ジャンル ポンチャックテクノ
職業 歌手
活動期間 1989年 -
レーベル Universal D
李 博士
各種表記
ハングル 이박사
漢字 李博士
発音: イ・パクサ
ローマ字 I Pak-sa
各種表記(本名)
ハングル 이용석
発音: イ・ヨンソク
英語表記: Lee Yong-Seok
テンプレートを表示

李 博士(イ・パクサ、이박사、1954年10月5日[1] - )は、韓国歌手京畿道南楊州市磨石出身。ポンチャックテクノの第一人者として知られる。日本でのキャッチフレーズは「ポンチャックの帝王」。1990年代半ばに短期間ではあるが、ポンチャックブームを引き起こした。芸名の由来は、バスガイド時代にレパートリーが多岐に渡ったことからファンに付けられたあだ名「シンパラム李博士(신바람 이박사)」より[1]

来歴・人物[編集]

京畿道でパンソリを教える両親のもとに生まれる。ディープ・パープルなどのロック、ハードロックに影響を受けたが、生活のために歌謡スタイルへと音楽性を移行させる[2]。様々な職業[3]を経て、1978年から観光バスのガイドを11年務める。独特の歌唱が話題となり、営業歌手に転身。 1989年、歌声を聴いた音楽関係者の発案でカセットテープアルバムを製作。以後20余本のテープが非正規販売でありながら、累計100万本以上を売り上げた[4]。しかし、韓国内においてポンチャックは中高年向けのダンスミュージック、あるいはドライバーの眠気覚ましとして軽んじられ、音楽的な評価が得られないまま低迷期を迎える。

根本敬湯浅学船橋英雄の3人が結成した幻の名盤解放同盟が、書籍『ディープ・コリア』などで李博士を含むポンチャックを紹介する。

1996年3月、キューンミュージックと韓国ソニーが共同で企画し、シングル「李博士のポンチャクディスコ パート1&2」で日本デビュー。4月、アルバム「李博士のポンチャク大百科」をリリース。江原道アリランの替え歌で金鳥「コックローチS」のCMに出演[5]電気グルーヴの武道館公演の前座を務める。5月、電気グルーヴとのコラボアルバム「ひらけ!ポンチャック」発売。フジテレビ「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」にダイアナ・ロスに次ぐ2人目の海外ゲストとして出演[6]。9月、シングル「李博士の2002年宇宙の旅」リリース。12月、アルバム「李博士のポンチャックで身長が5cm伸びた」リリース。

1997年10月、明和電機とのコラボアルバム「オレは宇宙のファンタジー」発売。

2000年、日本における人気を受け、逆輸入される形で韓国ファーストアルバム「SPACE FANTASY」を発売。

2001年、自伝『한번 만나볼까요?』を出版し、ベストセラーとなる。儒教社会が色濃い韓国で低学歴は低評価の対象だが、「家が貧乏すぎて中学校に行く金がなかった」と告白をしたことで、逆に「苦労して実力で生きてきた人」と評価された。離婚しても引っ越す金がなく、前妻と後妻が一時同居していたという記述もある。

その後、足の怪我や詐欺被害、後妻との離婚などもあり目立った活動は見られなかった[7][8]

2012年8月、レゲエバンドWindy Cityと「Monkey Magic[9]」のカバー「우주몽키(Space Monkey)」をコラボし、仁川ペンタポート・ロック・フェスティバルにもゲスト参加。10月、PSYの「江南スタイル」ブームの余波を受け、日本で配信限定シングル「イ・パクサ~リアル・ポンチャッカー」をリリース[10]

2013年3月、光州MBCのインディーズライブ番組「文化コンサート乱場」で、Windy Cityと共演。

2014年3月、俳優兼歌手のイム・チャンジョンの曲「임박사와 함께 춤을(Shall We Dance With Dr. Lim)」に参加。アドリブ録音の中から曲にふさわしい部分が採用され[11]、11月発表のMVにも出演した。イムは李について、「国籍不明の特異な音楽にするため直接お願いした」「天性のノリが驚異的」「とても謙虚な方」と語った[12][13]。4月、プロアマ参加のオーディション番組「トロットX」に出演。以前、李に対し否定的な言動をしたトロット界の重鎮テ・ジナらの前で歌唱し話題となる。

2017年秋、DJ兼プロデューサーである250のアルバム「뽕을 찾아서」に参加し、Teaser映像にも出演[14]

ディスコグラフィ[編集]

日本[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

  • ポンチャック大百科(1996/4/1)
  • ひらけ!ポンチャック(1996/5/2) - 李博士vs電気グルーヴ名義。石野卓球砂原良徳によるリミックスも収録。
  • 李博士の2002年宇宙の旅(1996/9/1)※2002/5/22に再発売
  • 李博士のポンチャックで身長が5cm伸びた!(1996/12/12)
  • オレは宇宙のファンタジー(1997/10/1) - 明和電機とのユニット「アリラン明電」名義。

DVD[編集]

  • 李博士の八十日間世界一周ポンチャック(2004/12/22)

韓国[編集]

  • シンパラム・李博士1集(1989 TGR Reissue-HSR)(日本盤:新風・アッパーポンチャック(sound speas-P-vine))
  • シンパラム・李博士2集(1989 TGR Reissue-HSR)
  • シンパラム・李博士3集(1989 TGR Reissue-HSR)(日本盤:続新風・ハイパーな俺(sound speas-P-vine))
  • ユヘンガポンチャック(19)
  • クッコリ(19)
  • アッサ・チョア1集(1990 oasis)
  • アッサ・チョア2集(1990 oasis)
  • アッサ・チョア3集(1990 oasis)(日本盤:アッサチョア(sound speas))
  • 歌う李博士(1)(1990 oasis)
  • ソウルカムパギ(1993)
  • DISCO モッテロ・マムデロ
  • E-PAK-SA SPACE FANTASY(2000)
  • 2pak4 Winter Tech-pon(2000)
  • シンパラム~E-PAK-SA(2000)
  • エスノレ・テクノ(2000)
  • PON-CHAK REVOLUTION(2001)
  • Pak-Sa Emotion & Revolution(2001)
  • インターネットテクノ(2002)
  • epaksa.oo3(2003)
  • epaksaキャロル2003(2003)
  • Highway Rap Dancing(2006)
  • Ya Ya Ya (2009)
  • Ya Ya Ya 3(2011)
  • 레알 뽕짝커(2012)

書籍[編集]

  • 「좋아좋아 신바람 이박사 한 번 만나 볼까요」돋을 새김 (2000年)自伝エッセイ

脚注[編集]

  1. ^ a b 이박사는 이박사다…숨겨진 한류의 레전드dcnews-ade 2012-10-11
  2. ^ NHK BS2『新・真夜中の王国』#12 ポンチャックで行こう!
  3. ^ アイスクリーム販売、理髪店、中華料理店の配達、靴磨き、デザイナー、アパレル経営、民謡指導など
  4. ^ 8년만에 모습 드러낸 “이박사, 그동안 어떻게 지내셨습니까?”레이디경향 2008年10月号
  5. ^ 金鳥カラーの赤色主体の奇抜な柄の衣装が用意されていたが、李の提案で金色スーツに変更された。
  6. ^ 元祖K-POP?ポンチャックの帝王・李博士が新作リリース音楽ナタリー 2012年10月24日
  7. ^ 트로트 투어 트로트 왕! 신바람 이박사 귀환tournews21 2014.10.20
  8. ^ 実は詐欺に遭って生活苦だったポンチャック界の帝王「イ・パクサ(李博士)」が10年ぶりに音楽番組に出演! 波瀾万丈すぎる人生を乗り越え再起を誓うrocketnews24 2014年4月30日
  9. ^ 原曲はゴダイゴ
  10. ^ ユニバーサルミュージック
  11. ^ 임창정, “가수? 배우? 나는 그냥 대중예술하는 광대” (인터뷰)tenasia 2014/03/25
  12. ^ "임창정 팬클럽, 그렇게 해체하라고 했건만..."ohmynews 14.3.27
  13. ^ 임창정 "토이와 경쟁 걱정하는 팬들, 예뻐 죽겠다"ohmynews 14.11.26
  14. ^ 이박사 깜짝 근황…BANA소속 DJ ‘250' 신곡 티저 출연sports.donga 2017-11-3

参考サイト[編集]