生島ヒロシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いくしま ひろし
生島 ヒロシ
プロフィール
本名 生島 博
出身地 日本の旗 日本 宮城県気仙沼市
生年月日 1950年12月24日(63歳)
最終学歴 カリフォルニア州立大学ロングビーチ校ジャーナリズム科
所属事務所 生島企画室
職歴 TBSアナウンサー
活動期間 1976年 -
ジャンル 情報・バラエティ
配偶者 あり
家族 生島隆(次弟)
生島淳(末弟)
生島翔(次男)
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
現在 生島ヒロシのおはよう定食&おはよう一直線
過去 そこが知りたい
アッコにおまかせ!
ミュージックステーション
風まかせ 新・諸国漫遊記
スーパーサッカー』など
その他 ファイナンシャルプランナー
東北福祉大学客員教授

生島 ヒロシ(いくしま ひろし、本名:生島 博(読みは同じ)、1950年12月24日 - )は、日本フリーアナウンサー(元TBSアナウンサー)、タレントファイナンシャルプランナー東北福祉大学客員教授で、株式会社生島企画室。出身は宮城県気仙沼市

略歴[編集]

宮城県気仙沼高等学校卒業後、法政大学経営学部に入学するが、20歳の1971年大学紛争を機に単身渡米。本人はテレビで「私はお金が無くて、行きたい大学に行けなかったのですが、」と発言している。

武道家東孝は高校の同級生[1]マジシャンマギー審司は高校の後輩、俳優村上弘明は高校と大学の後輩にあたる。また、お笑い芸人ヒロシの芸名は生島にちなんで名づけられた。

アメリカへ留学中は、日本人らしく植木屋や庭木の剪定などのアルバイトで生計を立てる。山崎清司という空手家の元で空手をならっており、ベニー・ユキーデと試合を行う予定もあった。しかし、これは師範の山崎にキャンセルされた。彼曰く、ユキーデが弱い日本人に勝利して自身の経歴に箔をつけようとしていたことに気付いたからだという。師範からは黒帯を授与されたが、生島本人は後の空手雑誌での山崎との対談で、「名誉初段みたいなものです」と謙遜した[2] 。アメリカ留学中は、同じように修行中の後の映画スター、ショー・コスギとも出会っており将来について意気投合していた[1]

1975年カリフォルニア州立大学ロングビーチ校ジャーナリズム科卒業。1976年TBSにアナウンサーとして入社。同期には鈴木順1989年にTBSを退社・独立し、株式会社生島企画室を設立した(役職は最高経営責任者)。3兄弟の長男であり、「企画室」社長の生島隆、スポーツジャーナリストの生島淳は共に実弟。他に実家に住む一般人の妹、妹と結婚した義弟がいたが東日本大震災で失っている。また2人の息子がおり、長男は生島企画室に所属してタレント活動をしていた。次男の生島翔はダンサーとしてアメリカを拠点に活動している。

古巣のTBSラジオでは、1998年から平日の早朝に『生島ヒロシのおはよう定食』と『生島ヒロシのおはよう一直線』を担当。TBSラジオ内では生島による再春館製薬所痛散湯CMが放送される。

2004年10月23日新潟市で行った講演会を終えて帰京するため、17時19分新潟発東京行き上越新幹線Maxとき332号」のグリーン車2階席にマネージャーと乗車していた際に、56分に発生した新潟県中越地震の直撃を受け、浦佐駅越後湯沢駅間で約6時間も新幹線の中に閉じ込められていた。また、同じ列車に嶌信彦も同乗していた。この経験から、防災士の資格を取得している。

2011年3月11日の東日本大震災発生時は、ラジオを終えてから宮城県仙台市仙台国際ホテル4階に出向き、講演を行っている最中だった。その後、生島は道路も各所で被害を受けた中、仙台から約15時間もかけて帰京した。さらに、実家には妹夫婦が住んでいたが津波に流され、妹だけが5月に遺体で見つかった。義弟は未だ行方不明。なお、妹夫婦は2月に85歳で亡くなった母の納骨式を行うために遺骨と位牌を携えて12日に上京する予定だったが、その遺骨と位牌も津波の被害に遭い流失した[3][4]

ファイナンシャル・プランナー福祉住環境コーディネーターの資格を持ち、自身の番組のスポンサーでもある日興コーディアル証券のCMに出演したり、ヘルスケアアドバイザーとしてコジマのストアサポーターに就任。義母の介護体験から『おばあちゃま、壊れちゃったの?』を出版(のちにドラマ化)するなど福祉への造詣も深く、健康や福祉、金融や人生をテーマにした講演を精力的に行っている。

主な資格[編集]

主な役職(元職も含む)[編集]

代表的な著書[編集]

  • 『口下手な人のためのスピーチ術』2012年発売
  • 『知識ゼロからのビジネススピーチ入門』 2011年発売
  • 『生島ヒロシの幸せを呼ぶ健康のヒケツ』2010年発売
  • 『さすが!と言われるお祝いお礼のスピーチ実例集』2009年発売
  • 『おとなの英会話フレーズ571』(学研ムック)2009年発売
  • 『人に好かれる「話し方」決定版』(マガジンハウス)2008年発売
  • 『資格力 ◎人生に役立つ有望資格ガイド』(東京書籍)2008年発売
  • 『<ちょいメタ>のほうが長生き?』(春秋社)2008年発売
  • 『さすが!と言われる 1分スピーチ・あいさつ実例集』(日本文芸社)2008年発売
  • 『500問答えて億万長者 お金力クイズ』(幻冬舎)
  • 『生島ヒロシのこれで元気に!「手間なし」健康法』(日本経済新聞社)
  • 『50歳からお金の心配がなくなる本』(幻冬舎)
  • 『生島ヒロシの坂道、寄り道、まわり道』(東京書籍)
  • 『生島ヒロシの50歳からの健康上手』(日本経済新聞社)
  • 『さすが!と言われる 司会・進行実例集』(日本文芸社)
  • 『みんなの介護入門』(幻冬舎)
  • おばあちゃま、壊れちゃったの?』(三笠書房※のちにテレビ朝日にてドラマ化)

TBSアナウンサー時代の出演番組[編集]

フリー転向後の出演番組[編集]

テレビ[編集]

情報番組
バラエティなど

映画[編集]

CM[編集]

ラジオ[編集]

CS放送・ケーブルテレビなど[編集]

  • 日経CNBC
    • 三原・生島のマーケットトーク(土曜 21:00~21:30/1999年~2007年9月)
    • 三原・生島のマーケット塾(土曜 21:00~21:30/2007年10月5日~2008年3月)
    • 生島ヒロシのマネーサロン(木曜 21:00~21:30/2008年4月~2009年3月)

CD[編集]

  1. 東京ふれ愛めぐり逢い(コロムビア、1998年4月21日発売。松原のぶえとのデュエット)
    作詞:津城ひかる、作曲・編曲:若草恵
  2. もしもしお父さんです(ウイングジャパン、2010年9月8日発売。)
    作詞:里村龍一、作曲:森山慎也、編曲:矢田部正
  3. 花は咲くフライングドッグ、2012年5月23日発売。花は咲くプロジェクト
    作詞:岩井俊二、作曲・編曲:菅野よう子

脚注[編集]

外部リンク[編集]