北村英一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北村 英一(きたむら えいいち、1945年7月8日 - )は、元テレビ朝日の常務取締役・ディレクター・プロデューサー。クリエイティブハウストップキャット代表取締役。

人物[編集]

福岡県北九州市出身。福岡県立東筑高等学校青山学院大学卒業。

少年時代は画家に憧れ、中学・高校と美術部に所属。しかし、大学時代に自身の画家としての力量不足を感じ断念。

その後、絵画では難しいが映像なら自分の世界を表現できるのではと思い、映像業界を志望し、1968年に当時の日本教育テレビに入社。以降、バラエティ番組・情報番組を中心に様々な番組の制作を手掛けた。

2000年2月から2009年6月まで事業局を統括していた。

職歴[編集]

2000年以降

  • 2000年2月 - 営業本部事業局長
  • 2001年6月 - 役員待遇事業開発本部事業局長
  • 2003年2月 - 役員待遇事業局長
  • 2004年6月 - 取締役事業局長
  • 2005年6月 - 常務取締役事業局長
  • 2006年6月 - 常務取締役事業担当
  • 2009年6月 - テレビ朝日常務取締役退任

担当番組[編集]

ディレクター[編集]

プロデューサー[編集]

チーフプロデューサー[編集]

企画[編集]